敗血症にも保険適応されたセプザイリスのAN69ST膜の特徴とは!?タンパク吸着特性は?

はじめに

2014年7月に、バクスターから、新しいCHDFの膜(持続緩徐式血液濾過器)であるセプザイリスが発売されました。その特徴は、AN69膜STという、サイトカインの吸着特性の高い膜素材が使われていることです。通常、CHDFは、腎不全、肝不全が保険適応の範囲ですが、セプザイリスでは、高いサイトカインの吸着特性があることから、敗血症にも保険適応が認められました。