医療系のおすすめマンガを紹介します

今回は、透析とか臨床工学技士の勉強とは全く関係ありません。個人的に、医療系マンガで面白いと思うマンガを紹介します。

1位 ブラックジャック

ブラックジャックは、マンガの神様と言われている手塚治虫の書いたマンガです。手塚治虫は、大阪大学の医学部を卒業して漫画家になった異色のマンガ家です。医者になるか漫画家になるか学生時代に悩んでいたそうですが、医学よりマンガのほうが好きだから、漫画家になったそうです。

ブラックジャックでは、無免許医のブラックジャックが主人公のマンガです。天才外科医ですが、手術には法外な料金を請求します。ただ、そんなブラックジャックですが人間的な魅力にあふれています。

上手く説明できませんが、読んでみればブラックジャックの人間的な魅力が分かります。また、一度読んでも飽きません。何度も読み解しても考えさせられることがたくさんあります。

他にも手塚治虫のお勧めのマンガは、火の鳥 があります。これも、人間の生と死がテーマのマンガですが、本当に傑作です。深すぎます。

2位 とくになし

医療マンガを、ランキングで紹介しようと思いましたが、ブラックジャック以外に良かった医療系の本は個人的にありません。
ブラックジャックによろしく、医竜、ゴットハンドテルなど、チョイ読みしましたが、そこまでお勧めはできません。