血液透析で使われる抗凝固剤の一覧をまとめました

今回は、血液透析で使用される抗凝固剤について説明します。抗凝固剤は、血液透析を安全に行うためにとても大切な薬なので、それぞれの抗凝固剤の特徴をしっかり知っておいてください。

抗凝固剤を理解するには、面倒ですが血液の凝固の機序を理解する必要があります。時間がありましたら、先にこちらの記事を確認ください。→血液凝固の機序とは?

へパリン

へパリンとは

へパリンは、牛や豚の腸より摘出される。分子量は、10000~20000です。血中のATⅢ(アンチトロンビンⅢ)と結合して、Xa因子、Ⅱa因子(トロンビン)に作用して血液の凝固を防ぎます。半減期は、約1時間です。

ATⅢと結合しないと効果が発揮できないというのがみそです。

ヘパリンの使用方法

透析開始時に1000単位ワンショット、透析中は時間当たり600~1000単位を持続投与。
または、APTT(ACT)、賦活全血凝固時間(KCT)、セライト賦活全血凝固時間が、投与前の2倍になるようにする。

へパリンの長所

  • 安い
  • 中和剤がある
  • 安定した抗凝固作用
  • 即効性あり、半減期が比較的短い

へパリンの短所

  • 出血しやすくなる
  • 脂質代謝障害
  • 血小板活性化
  • 骨脱灰作用
  • AT-Ⅲの欠乏の人には効果ない

低分子へパリン

低分子へパリンとは

低分子へパリンとは、へパリンを低分子したもので、平均分子量5000程度です。

へパリンと同様に血中のATⅢ(アンチトロンビンⅢ)と結合して、Xa因子、Ⅱa因子(トロンビン)に作用して血液の凝固を防ぎますが、その作用はXa因子の作用がほとんどで、Ⅱa因子の作用は弱い。半減期はへパリンの約2倍の2~4時間です。

低分子へパリンの長所

  • ヘパリンより抗凝固作用が弱い
  • 血小板、脂質代謝の影響が少ない

低分子へパリンの短所

  • ヘパリンに比べて高い(約2倍)
  • 半減期が長い

低分子ヘパリンの使用方法

開始時10~15単位/kgワンショット、その後持続的に7.5単位/kg、透析開始時にワンショトの方法もある。

メシル酸ナファモスタット(フサン)

メシル酸ナファモスタットとは

メシル酸ナファモスタットは、正式名称で商品名としては、フサンやその類似品のナオタミン、コアヒビターが有名です。
メシル酸ナファモスタットは、分子量540程度の物質で、トロンビン、活性型凝固因子、カリクレイン、プラスミン、補体、トリプシンなどのタンパク分解酵素を幅いろい範囲で阻害することにより血液の凝固を防ぎます。

半減期が5~8分と短いことから、体外循環中には血液凝固を防止して、体内ではすぐに不活性化することにより、出血病変を持つ患者の出血を増悪させずに血液透析を行うことができます。価格も高価なため、重症な出血病変を持つ患者にのみ保険適応されます。

メシル酸ナファモスタットの長所

  • 半減期が短く出血性病変をもつ患者の透析に使える

メシル酸ナファモスタットの短所

  • 値段が高い(ヘパリンの10倍程度)
  • 長期使用の安全性が確認されていない
  • まれにアナフィラキシー様症状を起こす患者がいる

メシル酸ナファモスタットの使用方法

5%ブドウ糖液に溶かして、時間当たり20~40mgを投与する。
※メシル酸ナファモスタットは、生食で溶解すると白く混濁する為生食で溶解できない。

アルガトロバン

アルガトロバンとは

ヘパリンは、ATⅢ(アンチトロンビンⅢ)と結合することにより、Xa因子(トロンビン)の作用を阻害して、血液が凝固するのを防いでいます。

それに対して、アルガトロバンは、直接にXa因子(トロンビン)の作用を阻害して、血液が凝固するのを防ぎます。その為、アルガトロバンは、ATⅢ欠乏症(ATⅢを生まれつきもっていない人)にも、抗凝固作用がある。ちなみに半減期は30分程。
保険適応は、ATⅢ欠乏症または、ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)Ⅱ型のみです。

アルガトロバンの使用方法

開始時ワンショットとして、1管(アルガトロバン水和物として10mg)を投与、その後、1時間当たり、2.5管(アルガトロバン水和物として25mg)を投与する。

抗凝固剤のまとめ

抗凝固剤のそれぞれの特徴が理解できたでしょうか?基本的には、血液透析の抗凝固剤にはヘパリンが使われることが多いですが、さまざまな合併症がある場合は他の抗凝固剤を使うこともあります。

〔関連記事〕