透析中の血圧低下時の対処方法を説明します

透析中に注意して観察しなければならない項目に血圧があります。血液透析では、透析間に増えた水分を除水します。除水により血液中から水分が除去されて一時的に血管内の血液量が少なくなりますが、その少なくなった血液を補うために、プラズマリフィリングといって、血管の周りの組織間液が血管内に移動します。プラズマリフィリングによって、透析で除水されても血液量を一定に保って血圧が低下するのを体は防いでいます。

ただし、透析での除水量が多い場合は、プラズマリフィリングが除水速度に追いつかず、血液量が低下して急激な血圧低下を起こすことがあります。今回は、透析中に血圧が低下したときに、看護師、臨床工学技士ができる処置の方法について紹介します。