呼吸療法認定士の申し込みと勉強方法について紹介します。

本

呼吸療法認定士について

三学会合同呼吸療法認定士とは

日本胸部外科学会、日本呼吸器学会、日本麻酔科学会の3つの学会より作られた、認定資格です。講習会に参加することにより、試験の受講資格を得ることができます。試験に合格して、申請することにより、呼吸療法認定士として登録されます。

資格は、更新制度があり5年毎に更新する必要があります。更新は、指定の学会や講習会に参加して一定以上のポイントを取得する必要があります。更新制度を設けることにより、資格を取ったら終わりでなく、資格取得後も学習を続けることを促しています。

講習会の受講資格

①以下の資格を取得して経験年数を満たしていること。

準看護師:経験3年以上
看護師:経験2年以上
理学療法士:経験2年以上
作業療法士:経験2年以上
臨床工学技士:経験2年以上

②講習会の受講申し込み時から過去5年以内に、認定委員会が認める学会や講習会などに出席し、12.5点以上の点数を取得している者

検定試験の受験資格は、講習会を受講した年度を含めて3年間になります。

講習会申し込み時の注意

三学会合同呼吸療法認定氏は参加希望者がとても多いです。講習会の申し込みは、4月ごろから開始されます。事前に、講習会の申込書をインターネットでダウンロードして、講習会の申し込み日になったら、即申し込まなければなりません。

申込者が殺到するため、講習会の申し込み開始日の開始時間直後に、郵便局で発送しなくてはなりません。

申し込みは、郵便局での特定記録郵便で発送する必要があります。特定記録郵便では、郵便局に書類を渡した時間が記録されます。

この時間の先着順で、講習会の参加者が絞られます。講習会の申し込み開始時間は、8:00からですが、朝一で郵便局にならんで、開店と同時に、特定記録郵便で発送してもらわなければなりません。8:10分とかに申し込みすると、定員オーバーで講習会に参加できません。それほど、講習会の参加希望者が多く、競争率が高いわけです。

私は、郵便局開店の30分前から並んで、開店と同時に、発送してもらうことにより無事、講習会に参加することができました。

日程の目安

【講習会の申込書のダウンロード開始日】

3月~4月
JAAMEのホームページより、申込書類をダウンロードします。ダウンロードは、期限内でしかできないのでダウンロード忘れの内容にしましょう。

【講習会の申し込みの開始日】
4月
講習会の申し込み受付期間は、1週間程ありますが、初日の受け付け開始から10分程度で、定員オーバーになるので注意!!

【講習会日】

講習会は、ABCDと4つのグループに分かれて、別々の日に行われます。8月~9月の間に東京で開催されます。

【試験日】
11月の中旬から下旬の日曜日に開催されます。

料金

【講習会】
20000円
【試験】
10000円

試験の合格率

この試験の受験者は、看護師、理学療法士が多いようです。合格率は、年度により異なりますが60~65%の範囲です。しっかり勉強していれば、それほど難しい試験ではありませんん。

試験の目的・受験のメリット

この試験は、学会認定の試験であり国家資格でないため、この資格を取得することでなにか新たな医療行為ができるようになるということはありません。

ただ、いままで臨床でDrの言われるがままに、呼吸器の設定をしたり、患者の看護をしていたのが、Drの指示の意味を理解することができるようになります。

呼吸疾患の患者のバイタルが変化した場合など、どういった状態なのか?なにかしたほうがいいのか?それとも、このまま様子見でいいのか?など、患者の状態をわかるようになります。

深夜に、患者のバイタルが変わったりして、Drに連絡したほうがいいのか?それとも様子見でいいのか?迷ったりすることは多くあると思います。勉強しているとそのような状態でも、冷静に対処できます。勉強していないと感覚や経験に頼ったりして、判断ミスをしてしまう可能性が多くあります。

後輩に指導する場合も、感覚的に後輩に指導していたことなどが、理論的に説明できるようになり、説得力が増します。また、有名で広く知られた資格であるので転職時などにも評価されると思います。

勉強方法

呼吸療法認定士の試験は、毎年11月中旬に行われます。来年の受験を考えている場合は、今から1年間の勉強時間を得ることができます。確実に合格するには、絶対に早めに試験勉強を始めるべきです!働きながら勉強をするとなると学生のようにまとまった時間をとることが難しく、隙間時間に学習をすることになるからです。

勉強法の流れとしては、基本的な呼吸療法のテキストで体系的に基礎知識を学び、その後、過去問で重要事項を確実に暗記する。過去問をマスターできたら、講習会のテキストを読んで重要事項の周辺知識を補足して覚える。といった流れになります。

呼吸療法認定士の試験は、丸覚えだけで回答できる問題が少なく、考えて答えを導き出さなければならない問題が多いため時間をかけてしっかり勉強しましょう。試験直前だけの過去問学習で合格するのは、難しいと思います。

以下に、もう少し詳しく学習の流れを紹介します。

①基礎知識を学ぶ

試験勉強の始めは、呼吸療法について大まかな全体像を把握することが必要です。初めから、分厚いテキストで学習を始めると挫折するのでページ数が少なめで優しく説明されている参考書がおススメです。

呼吸のしくみとその管理』が呼吸療法の基礎知識を学習するうえで大変おススメです。ページ数は、140ページほどと少ないですが、カラーページで図・イラスト・写真が多く、わかりにくい呼吸生理学もイメージしながら理解することができます。

認定講習会テキストと内容も似ている(この本に載っている内容は、講習会テキストにほぼ含まれている)ため、講習会を受験する前の予習勉強としても役立つと思います。

②過去問の学習

基本を学んだあとは、過去問の問題集を繰り返しときましょう。過去問集はいろいろ発売されていますが、どれも内容が似通っているので1冊購入するだけで大丈夫です。

おススメの問題集はメディカ出版の呼吸療法“合格チャレンジ”100日ドリルです。他の問題集と比較して、図とイラストが多く解説が充実しています。

過去問を解きながら重要事項を確実に覚えていきます。

過去問に搭載されている解説もしっかり読んで頭に入れましょう。過去問は繰り返し解きます。2、3回しましょう。答えの丸覚えでなく、なぜそうなるのかを考えると応用力がつきます。(他人に説明できるくらいまで理解しましょう)

過去問集の解説でわかりずらいところは、認定講習会のテキストで調べるとテキストの内容も覚えられて一石二鳥です。

③状況把握問題の対策

呼吸療法認定士の試験では、状況把握問題といった、応用問題が20問ほど出題されます。これは、呼吸疾患の患者のバイタル、症状などが文章に記載され、どのように対応すればいいかを選択する問題です。

呼吸病棟で勤務する看護師でも、難しいのですが、臨床業務の少ない、理学療法士、臨床工学技士にとって、このような問題がかなり難解です。これらの問題攻略には、DSのさくさく人工呼吸ケアトレーニングDS が役立ちます。呼吸アセスメントについての問題が豊富です。

DSを持っていない場合は、アマゾン(任天堂DS)で1万程度で販売されています。他にも、医療用の学習ソフトが販売されているのでこの機会に持っておいてもいいかもしれません。

④認定会講習会テキスト

上記の学習が一通り終わったら、認定会の講習会テキストを読みましょう。講習会のテキストは、500ページほどあるため中々全部を読むのは厳しいと思いますが、上記の学習で重要事項が頭に入っていればスラスラ読めると思います。

ちなみに講習会テキストは、講習会に申し込みをしている場合、8月上旬~8月中旬ころに郵送されてきます。もう少し早くテキストが欲しい場合は、ヤフオク(呼吸療法認定士)で検索するとたまに出品されていることがあります。

最後に

呼吸療法認定士の試験のためには、講習会の参加費、交通費など多くのお金を投資したと思います。落ちると来年も、受験する必要があり、交通費や宿泊費などの出費がさらに増えます。必ず一発で合格するという強い気持ちをもって早めに学習を始めましょう。