呼吸療法認定士の学習に最適!『呼吸療法 合格チャレンジ100日ドリル』のレビュー

DSC_0094

はじめに

呼吸器ケアの増刊号で『呼吸療法 合格チャレンジ100日ドリル』が発売されました。

本のタイトルでは、わかりにくいですがこの本は、3学会合同呼吸療法認定士の認定試験の対策問題集です。

私自身は、2015年度の呼吸療法認定士を受験して無事合格しました。その時は、「日総研の2015呼吸療法認定士確かめドリル」を過去問の練習として利用しました。あれは、あれで使い勝手はまずまずだったと思います。

今回、メディカ出版の呼吸器ケアからも対策テキストが発売されました。
呼吸器の学習の復習を兼ねて、入手してみましたので使い勝手について、簡単に紹介したいと思います。

 

100日ドリルのレビュー

本書は、過去問を参考にした、選択問題の試験形式で問題が出題されます。問題数は、全200問です。分野ごとの19章に分かれており、章の最後にまとめて回答と解説が記載されています。

問題数や問題の内容については、メディカ出版の100日ドリルも日総研の確かめドリルもどちらも頻出問題を搭載して変わりないと思います。

100日ドリルのよいところは、全ページカラーで見やすい点です。また、図やイラストが多いのが学習をスムーズに進めるうえで非常に有効であると思います。

例えば、呼吸筋に関する問題があったとします。この場合に、解説にイラストで、呼吸筋のイラストが描いていて、それぞれの呼吸筋の場所と名前を書いてくれています。

呼吸療法合格チャレンジP28-29引用

呼吸療法合格チャレンジP28-29引用

解剖の教科書を取り出すことなく、これ一冊で呼吸療法の試験対策の基礎は身につくと思います。他の参考書を使わないで完結できると調べる手間が少なくなり効率よく勉強をすることができます。

社会人では、学生のように勉強時間を確保することはなかなか難しいのでいかに効率よく勉強するかが合格の鍵となります。

その他には、

・100日スケジュールシート

呼吸療法合格チャレンジより

呼吸療法合格チャレンジより

・逆引きインデックス

呼吸療法合格チャレンジP220-221より

呼吸療法合格チャレンジP220-221より

・略語集

・3学会合同呼吸療法認定士 受講・受験カレンダー

 

など、メディカ出版ならではの、細かな気配りがあります。

とりあえず、過去問練習、もしくは呼吸療法認定士の学習の開始にはこの一冊から始めるといいと思います。

購入はメディカ出版もしくは、Amazonから可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>