BV(ブラッドボリューム)計の見方と使い方を説明します

BV計

ブラッドボリュームとは

ブラッドボリューム(BV)とは、日本語で血液量のことです。血液透析中に患者の血液量の変化を経時的に観察することで、除水による循環血液量の低下で血圧低下を起こさないかを予想することができます。

ブラッドボリュームの測定は、従来はクリットラインモニタといった専用の装置を使用していましたが、近年では透析装置にブラッドボリュームを測定できる機能が付いており容易に測定することができるようになりました。

ブラッドボリュームは、血液濃度の変化を見て、循環血液量の測定をしています。血液が濃くなっていれば、血液量が減っている、血液の濃さが変わっていなければ血液量は、変わっていないと判断しています。

ブラッドボリューム計の説明をする前に、体内の水分の分布と、プラズマリフィリングについて理解しておく必要があります。

 

プラズマリフィリングとは

人間の体の約60%が水分でできています。そして、その水分は、『血液(血漿)、細胞間液、細胞内液』の3つに分けられます。そして、それぞれの水分の分布は、血液が8%、細胞間液12%、細胞内液40%となります。

血液透析での除水では、この中の血液(血漿)から水分を直接抜くことになります。血液は、体重の8%なので、体重60kgの人の血液は、4.8L程度です。この人が透析で除水を3Lしたとすると、除水後の血液の量は、4.8-3=1.8Lとなり、血液の半分以上がなくなってしまいます。

血液が半分以上もなくなると通常は血圧低下を起こしショックを起こします。しかし、実際には、3L除水しても、血液が1.8Lになることはありません。

なぜなら除水により、血管内の血液量が低下すると細胞間液が血管内に移動します。そして、細胞間液が少なくなると、細胞内液が細胞間液に移動する為です。このような、細胞と血管内の水分の移動をプラズマリフィリングと言います。

プラズマリフィりんぐ_01

数Lも除水しても、ショックを起こさない理由は、プラズマリフィリングにより細胞や組織間液から水分が血管内に移動してくるためです。ただし、体重増加が多すぎて急激な除水を行うと、除水速度にプラズマリフィリングが追いつかなくなり、血管内の血漿量が低下して、血圧低下を起こすことがあります。

透析装置のブラッドボリューム計の見方

ブラッドボリューム系の波形は、横軸が時間縦軸が血液量の変化率を表しています。

ブラッドボリュームの波形を確認すると時間の経過とともに、グラフが下に下げっていきます。透析経過とともに、除水により血液の量が少なくなる為、下がっていくのが自然です。

BV計

急激な出血では、循環血液量が20%低下するとショックを起こすと言われていますが、透析による除水の場合は、血液の低下が30%を超えるとショックを起こすと言われています。したがって、透析中にクリットラインモニタの波形を観察して、30%を超えそうであれば、血圧低下によるショックを起こすかもしれない。と予測することができます。

上図のように、透析中の循環血液量は、一定の速度で低下していきます。透析終了時にはどこまで低下するかは、予測することができます。

-30%を超えそうであれば、透析時間を延長して、除水速度を下げたり、10%NaCLを注射したりなどして、循環血液量の低下を防がなければなりません。

DWの予測

ブラッドボリュームの低下率から、現在のDWが適正であるか判定することができます。

というのは、透析中の除水速度が同じでも、体に余分に水分が溜まった状態(溢水)では、プラズマリフィリングが亢進されて、循環血液量が低下しにくくなります。
逆に、DWを基準より下げすぎたりして、脱水傾向であると、透析の除水とともに著しく、循環血液量が低下します。

上記のことにより、「最大BVの低下率、透析前体重、透析時間、除水速度」これらの4つから、現在のDWが適正であるかを、計算で求めることができます。

計算方法は、[最大BV低下率(%)÷透析時間(hr)]÷[除水速度(ml/h)÷透析前体重(kg)]で求められます。[最大BV低下率(%)÷透析時間(hr)]は、時間当たりのBV低下率、[除水速度(ml/h)÷透析前体重(kg)]は、体重1kg辺りの時間除水量を表します。

簡単に言いますと、除水速度のわりに、ブラッドボリュームが下がりすぎていないか?除水速度のわりに、ブラッドボリュームが下がらなすぎか?を求める式です。

これを計算した結果が

計算結果の見方
0.2以下 溢水
0.2~0.26 水分過剰
0.26~0.42 適正
0.42以上 脱水

と判定します。

まとめ

近年では、透析装置にブラッドボリューム計が装着された為、JMS社のクリットラインモニタは販売中止となりました。透析中にBVを観察するのは、重要である為、透析装置にデフォルトで装着されたわけです。

私たちスタッフは、BV計を有効に使って、血圧低下を防いだり、適正なDWを設定できるように努めなければなりません。

1 個のコメント

  • はじめましていつも読ませていただいております。
    教えていただきことがあり、今回コメントさせて頂きます。
    DWの予測の項目にてDWが適正であるかを、計算で求められてますが、この計算式・計算結果の判定はとある文献から引用されたものなのでしょうか。文献から引用されているものならその文献を教えていただきたいと思います。
    よろしくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>