BV(ブラッドボリューム)計の見方と使い方を説明します

公開日: : 血液透析

ブラッドボリュームとは

ブラッドボリューム(BV)とは、日本語で血液量のことです。血液透析中に患者の血液量の変化を経時的に観察することで、除水による循環血液量の低下で血圧低下を起こさないかを予想することができます。

ブラッドボリュームの測定は、従来はクリットラインモニタといった専用の装置を使用していましたが、近年では透析装置にブラッドボリュームを測定できる機能が付いており容易に測定することができるようになりました。

ブラッドボリュームは、血液濃度の変化を見て、循環血液量の測定をしています。血液が濃くなっていれば、血液量が減っている、血液の濃さが変わっていなければ血液量は、変わっていないと判断しています。

ブラッドボリューム計の説明をする前に、体内の水分の分布と、プラズマリフィリングについて理解しておく必要があります。

 

プラズマリフィリングとは

人間の体の約60%が水分でできています。そして、その水分は、『血液(血漿)、細胞間液、細胞内液』の3つに分けられます。そして、それぞれの水分の分布は、血液が8%、細胞間液12%、細胞内液40%となります。

血液透析での除水では、この中の血液(血漿)から水分を直接抜くことになります。血液は、体重の8%なので、体重60kgの人の血液は、4.8L程度です。この人が透析で除水を3Lしたとすると、除水後の血液の量は、4.8-3=1.8Lとなり、血液の半分以上がなくなってしまいます。

血液が半分以上もなくなると通常は血圧低下を起こしショックを起こします。しかし、実際には、3L除水しても、血液が1.8Lになることはありません。

なぜなら除水により、血管内の血液量が低下すると細胞間液が血管内に移動します。そして、細胞間液が少なくなると、細胞内液が細胞間液に移動する為です。このような、細胞と血管内の水分の移動をプラズマリフィリングと言います。

プラズマリフィりんぐ_01

数Lも除水しても、ショックを起こさない理由は、プラズマリフィリングにより細胞や組織間液から水分が血管内に移動してくるためです。ただし、体重増加が多すぎて急激な除水を行うと、除水速度にプラズマリフィリングが追いつかなくなり、血管内の血漿量が低下して、血圧低下を起こすことがあります。

透析装置のブラッドボリューム計の見方

ブラッドボリューム系の波形は、横軸が時間縦軸が血液量の変化率を表しています。

ブラッドボリュームの波形を確認すると時間の経過とともに、グラフが下に下げっていきます。透析経過とともに、除水により血液の量が少なくなる為、下がっていくのが自然です。

BV計

急激な出血では、循環血液量が20%低下するとショックを起こすと言われていますが、透析による除水の場合は、血液の低下が30%を超えるとショックを起こすと言われています。したがって、透析中にクリットラインモニタの波形を観察して、30%を超えそうであれば、血圧低下によるショックを起こすかもしれない。と予測することができます。

上図のように、透析中の循環血液量は、一定の速度で低下していきます。透析終了時にはどこまで低下するかは、予測することができます。

-30%を超えそうであれば、透析時間を延長して、除水速度を下げたり、10%NaCLを注射したりなどして、循環血液量の低下を防がなければなりません。

DWの予測

ブラッドボリュームの低下率から、現在のDWが適正であるか判定することができます。

というのは、透析中の除水速度が同じでも、体に余分に水分が溜まった状態(溢水)では、プラズマリフィリングが亢進されて、循環血液量が低下しにくくなります。
逆に、DWを基準より下げすぎたりして、脱水傾向であると、透析の除水とともに著しく、循環血液量が低下します。

上記のことにより、「最大BVの低下率、透析前体重、透析時間、除水速度」これらの4つから、現在のDWが適正であるかを、計算で求めることができます。

計算方法は、[最大BV低下率(%)÷透析時間(hr)]÷[除水速度(ml/h)÷透析前体重(kg)]で求められます。[最大BV低下率(%)÷透析時間(hr)]は、時間当たりのBV低下率、[除水速度(ml/h)÷透析前体重(kg)]は、体重1kg辺りの時間除水量を表します。

簡単に言いますと、除水速度のわりに、ブラッドボリュームが下がりすぎていないか?除水速度のわりに、ブラッドボリュームが下がらなすぎか?を求める式です。

これを計算した結果が

計算結果の見方
0.2以下 溢水
0.2~0.26 水分過剰
0.26~0.42 適正
0.42以上 脱水

と判定します。

まとめ

近年では、透析装置にブラッドボリューム計が装着された為、JMS社のクリットラインモニタは販売中止となりました。透析中にBVを観察するのは、重要である為、透析装置にデフォルトで装着されたわけです。

私たちスタッフは、BV計を有効に使って、血圧低下を防いだり、適正なDWを設定できるように努めなければなりません。

SPONSORED LINK


関連記事

no image

血液透析では、なぜ抗凝固剤が必要?血液凝固の機序とは!?

今回は、なぜ血液凝固がおこるかを内因系凝固と外因系凝固に分けて説明します。ちょっと難しいですがこれを

記事を読む

no image

血液透析中の重大事故や死亡事故から学ぶ安全対策

日本では血液透析が1967年に保険適用されて、いままで多くの患者が血液透析を行うようになりました。そ

記事を読む

なやみ

透析導入のショックから立ち直るまでの透析患者心理について

慢性腎臓病の患者の場合は、残った腎機能をできるだけ長く維持して、透析導入を避ける為に、食事制

記事を読む

no image

平成26年度『血液透析の診療報酬(保険点数)』をまとめました

人工腎臓の診療報酬まとめ 今回は、人工腎臓(血液透析)の診療報酬の金額について説明します。

記事を読む

食事2

透析患者の蛋白質摂取量とリンの管理方法について

今回は、透析患者の食事で必要な蛋白質の摂取方法についてまとめました。『蛋白質は、どのような働きがある

記事を読む

no image

透析百科が閉鎖するらしい。今のうちに、サイトを保存しよう!

透析百科サイトが2015年の7月14日に閉鎖するとのことです。透析百科は、透析業務に役立つ知識を学会

記事を読む

no image

ニプロ社製ヘモダイアフィルタの除去率・アルブミン漏出量の一覧

ニプロ社製のヘモダイアフィルタでのオンラインHDFの各施設での、β2MG,α1MGの除去率及び、アル

記事を読む

電話

『透析患者・腎臓病患者』専用の無料電話相談というものがあります

全腎協では、透析患者や腎臓病患者、またはその家族に対して無料電話相談サービスを実施しています

記事を読む

薬

透析患者の禁忌薬一覧を紹介します!

透析患者の禁忌薬とは 薬は、腎臓から排泄されるもの、肝臓で分解されて排泄されるもの、両方から排

記事を読む

看護師会話

シャントPTA(VAIVT)の基礎知識

シャントPTAの基礎 シャントPTAとは PTAとは、percutaneous translum

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

SPONSORED LINK
ジョブスルー
面接
新卒の臨床工学技士の就職・転職の苦労について

はじめに 年を越して、就活をしている臨床工学技士の学生の多くが就職先

さわやか
コメディカル専門の求人紹介会社『ジョブスルー』とは?

ジョブスルーの代表である土屋さんに、ジョブスルーの特徴と、企業理念につ

ds
任天堂DSで医療の勉強できるソフトを紹介します!

DSで医療の学習 透析室で働く看護師・技士は透析の知識以外にも、幅広

風呂
ヒートショックに注意!予防法を紹介します。

ヒートショックに注意! 12月~1月は、ヒートショックの頻度が最も多

パソコン
透析業務をするCE・看護師に役立つサイト5選!

透析及び医療機器管理をしているNs・CEに役立つサイトをまとめたので紹

患者さん
透析患者の飲水・食事指導について(EASEプログラムを活用しよう)

食事管理ができない患者指導に 透析患者さんは、透析間の食事や飲水量な

→もっと見る

  • 広告募集
PAGE TOP ↑