臨床工学技士の転職先の種類(病院・クリニック・メーカー・治験コーディネーター)

転職

転職先を考える

ボーナスの時期が近づいてきました。『ボーナスを貰ったら仕事を辞めよう。ボーナスが出たら他の病院に転職しよう。』と考えている技士さんも少なくないのではないでしょうか?

今回は、臨床工学技士が転職する場合の勤務先について紹介します。病院以外にも、求人があるので良かったら参考にしてみてください。

 

転職先の種類

総合病院

臨床工学技士の資格を生かした幅広い業務を行うことができるのが総合病院です。透析・心カテ・呼吸器・OP室・内視鏡室・ME機器管理など幅広く活躍することができます。

総合病院で働く長所は、「幅広い業務を行えること、福利厚生がしっかりしている、経営が安定しやすい」などだと思います。

逆に、総合病院勤務で働く短所は、残業が多かったり、オンコールなどの当番などで拘束時間が多いことです。心筋梗塞、腎不全など深夜に患者さんが救急搬送されると、深夜でも呼び出されて睡眠時間が削られます。

研修なども充実していますが、やる気がない人にとって、勤務時間外に強制参加させられることは大きなストレスとなるかもしれません。

クリニック・医院

臨床工学技士の募集があるクリニックは、透析クリニックもしくは、心カテをしている循環器クリニックの2つが中心となります。透析クリニックは、全国どこにでもあるので、転職するのにそれほど苦労しないと思います。透析クリニックで働く長所としては、ルーチン業務が多く、オンコールがないため仕事と私生活のメリハリをつけやすいところです。

クリニックの短所は、ルーチン業務の繰り返しが多い為、仕事がマンネリしやすいということ、狭い職場なので人間関係のストレスがたまりやすいところです。

クリニックでマンネリしない為には、学術大会に積極的に参加したり、発表したりして日々研究することや、学会の活動などに積極的に参加して刺激を受けることだと思います。

医療機器メーカー

ニプロ、日機装置、フクダ電子、JMSなど、透析機器を扱う医療機器メーカーを中心に臨床工学技士を採用している会社が複数あります。医療メーカーに就職する場合は、営業などの一般職もしくは、機械のメンテナンスを行う技術職のどちらかの採用になると思いますが、臨床工学技士の場合は技術職として採用される場合が多いようです。

卸売業

医療メーカの商品を病院に運んだり、在庫を確保したりして流通を円滑にしているのが医療機器の卸企業の会社です。時には、医療機器のメンテナンスや商品の説明などをする場合もあります。ただ、卸売業者の仕事はこちらから見ていると、とても大変そうです・・・

治験コーディネーター

最近、ネット上でもよく見る臨床工学技士の求人で『治験コーディネーター』という仕事があります。

治験コーディネーターとは、新薬などの治験を行うときの患者と病院間での調整を行う仕事です。治験準備、治験に参加する患者の説明・ケア、治験を行う病院への支援が大まかな業務内容となります。

病院勤務と異なり、土日祝日が休みで休日数が多いのが長所だと思います。また、初任給こそは病院勤務より安いですが昇給額がいいようです。

技士の学校の先生

臨床工学技士の専門学校の講師の求人をよく見かけます。応募条件は、病院での勤務歴が5年以上などそれほど敷居は高くなさそうです。ただ、技士の学校が乱立したせいで近年では、学生が集まらないと嘆いている学校をよく聞きます。

少子化の影響もあり、今後はますます生徒が集まらなくなると考えられるので学校関係の仕事は先細りではないかと思います。

まとめ

臨床工学技士の資格を生かして転職する場合は、転職先がある程度限られてきます。どのような仕事を選ぶかは、自分の適性と自分の求めるライフスタイルを考えて選ぶと長続きするのではないかと思います。

それぞれの業務内容について詳しく知りたい場合は、ジョブスルーなどの臨床工学技士専用の転職紹介会社を利用すると専門の担当者に相談したり、転職先を調べてくれて便利です。よかったら活用してみてください。