臨床工学技士連盟に加入する必要性を考えよう

握手

皆さんは日本臨床学技士連盟に加盟しているでしょうか?

また、日本臨床工学技士会と何が違うか分かりますか?

日本臨床工学技士連盟は、技士の地位向上の為の政治活動を行うために発足された団体です。なぜ、日本臨床工学技士会があるのに、新しく連盟を立ち上げたかと言うと、日本臨床工学技士会は、公益社団法人であり、公益社団法人は政治的な活動を行うことができない為です。

臨床工学技士の地位向上のために、政治活動が必要なのは言うまでもありません。臨床工学技士の業務内容や業務範囲の法律は、厚生労働省で管理されており、政治家が決定している為です。

臨床工学技士の地位向上の為に、一番手っ取り早いのは、臨床工学技士が政治家に立候補して政治家になり、臨床工学技士に有利な診療報酬をたくさん作ることです。

しかし、臨床工学技士の全国的な人数は少ない為、政治家に立候補しても当選は難しいのが現状です。

医師や看護師は、人数が多い為、同職種者が応援してくれるため、政治家を何人も輩出できています。それにより、医師、看護師に有利な診療報酬はたくさん作られていますし、実際に医師・看護師の病院での地位・立場は高く、優遇されています。

このように、医療職種は、臨床工学技士に限らず、医師・看護師・検査技師・放射線技士・理学療法士なども、連盟を立ち上げて政治活動を行っています。

臨床工学技士連盟の2015年の目標は、以下の3つらしいです。

1.連盟の会員数を増やして、組織の安定した基盤を作る
2.厚労省や政党内に臨床工学技士の資質向上について検討する委員会の設置をする。
3.国公立大学に臨床工学技士の養成校を設置する。
<臨工連盟新聞より引用>

現在臨床工学技士連盟の会員数は、2015年3月31の時点で522名しかいません。笑ってしまうほど少ないです。臨床工学技士は、3万人程度いるので、前臨床工学技士の1~2%しか加入していないことになります。

連盟の活動は、会員の年会費からが主になる為、現在は資金不足で満足な活動ができていないようです。その為、連盟からの便りも郵便でなく、メールで届きます。

入会するメリットについては連盟の会長のブログで記載されています。
いさぎよく、直ぐにメリットはないと答えられています。

ただ、今現在でも大臣と会って、臨床工学技士についての要望を伝えたり、臨床工学技士について情報を提供したりの活動を行っています。

国公立大学に臨床工学技士の養成交がないのも、臨床工学技士の認知度が低い原因であると思います。近年は、定員割れを起こすようなレベルの低い養成校が増加して、質の低い臨床工学技士が増えているのは、目にとって分かります。

他の医療職種と比較して、養成校の入学レベルが低いのは確かです。国公立大学に養成校を設置することにより、充実した教育を受けた臨床工学技士が養成されると思います。また、大学・大学院を設置することで、臨床工学技士の研究者や大学教授などの道も開けるかもしれません。

今回は、話が全然まとまっていませんが、臨床工学技士連盟の年会費は3000円と安いので、将来の臨床工学技士の地位向上の為に、興味がありましたら入会してみてください。

臨床工学技士連盟のHPはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>