CHDFの具体的な条件設定例を紹介します

公開日: : 最終更新日:2015/05/28 CHDF(CRRT), 血液浄化療法

CHDFの処方設定の一例について、CRRTポケットマニュアルに良い資料があったので紹介します。

ヘモフィルタ 血流(ml/min) 透析液流量(ml/h) 補液量(ml/h) 濾液量(ml/h) 除水(ml/h) 抗凝固剤
症例1
維持透析患者が心不全・呼吸不全を呈してcrttを必要とした場合
ps膜1.0㎡ 80 600 200 900 100 ナファモスタット
30mg/hr
症例2
カリウムなど小分子量物質の早急な除去が必要な場合
ps膜1.0㎡ 80 2000 200 2300 100 ナファモスタット
30mg/hr
症例3
重症敗血症に対してサイトカイ除去を積極的に行う場合
ps膜1.3㎡ 200 200 1900 2200 100 ナファモスタット
30mg/hr
症例4
重症敗血症に対してサイトカイン除去を積極的に行う場合
pmma膜1.0㎡又は
an69st膜1.0㎡
80 700 200 1000 100 ナファモスタット
30mg/hr
症例5
全身状態不良であり、頻回な膜凝固を繰り返す場合
ps膜1.0㎡ 100 750 50 900 100 ナファモスタット40mg/hr+ヘパリン100単位/hr

<出典 野入英世、花房規男 編著CRRTポケットマニュアル(医歯薬出版株式会社)P19より改変>

上記のような条件になっています。症例1~症例5までの設定についてそれぞれ詳しく説明しますね。

SPONSORED LINK

症例1(心不全の場合)

症例1では、維持透析患者が心不全・呼吸不全を呈してCHDFを施行する場合の条件です。基本的に、2日に1回4時間HDをするのと、同じ透析量(kt/v)を得るには、CHDFの条件で透析液流量(QD)と補液流量(QS)の合計を900ml/h程度にする必要があります。
一般的には、QD600ml/h、QS200ml/hが設定されます。診療報酬で認められる補液の量も1日15L~20Lまでとされているので、QDとQSの和の800ml/hがぎりぎり収まるからです。

症例2(高Kの場合)

症例2は、高カリウム血症による不整脈などの発生などにより、早急にCHDF施行が必要な場合の設定です。このような場合は、CHDFでなく通常のHDが可能なら通常のHDをするのが普通ですが、HDが施行できない循環動態の場合はこのような設定をします。CHDFでの小分子量物質のクリアランスは、QDとQSの和になります。QDの量を2000ml/hと高く設定することにより、小分子量分子のクリアランスを高めて小分子物質の除去を多く行います。補液量を多くすると、膜の劣化が早くなるので補液量は200ml/hと少なめに設定しています。

症例3(敗血症の場合)

症例3は、腸穿孔などにより血液中にエンドトキシンや細菌が混入して敗血症を起こした場合の条件設定です。補液量を2000ml/hと大量にすることで、限外濾過による中分子物質の除去量を増やしてサイトカインの除去を促進しています。ただし、補液量を増やすと血液の濃縮の恐れがあるため、血液流量を200ml/minと多めに取っています。また、限外濾過の量を増やすと膜の劣化が早くなる為、膜の大きさを1.3㎡と大きめのものを使用しています。最近では1.8㎡のCRRT用の濾過器も発売されています。

症例4(敗血症の場合)

症例4も、症例3と同様に敗血症を起こした場合の条件設定です。この場合は、サイトカインの吸着特性のある膜素材である、PMMA膜を使用しています。膜そのものがサイトカインを吸着するので、QDとQSは控えめに設定しています。PMMA膜は1.8㎡まで販売されています。

症例5(凝固亢進時の場合)

症例5は、全身状態が不良で血液の凝固能が亢進していて膜がすぐに詰まってしまう場合の条件設定です。
この場合は、血流を上げることにより、血流が早くなりまた、血液の濃縮も少なくなり血液を固まりにくくしています。また、補液を少なくして、限外濾過の量を少なくし、膜の負担を少なくしています。そして、抗凝固剤にヘパリンを追加しています。

まとめ

上記のように、除去する対象を目的に各設定を調整する必要があります。ただし、日本での補液の量の保険で補えるのは、1日当たり15L~20Lとされています。よって、透析液量と補液量を合わせて800ml/hまでしか設定できません。これを超える分は病院の自己負担となってしまいます。

SPONSORED LINK


関連記事

本

血液浄化療法(アフェレシス)のおすすめ書籍・本を紹介します

血液浄化療法のお勧めの書籍・本を紹介します。 血液浄化療法とは、CHDF、血漿交換、血液吸着などで

記事を読む

ACH-∑

CHDF中の看護とトラブル対応について

ICU(集中治療室)で行われるCHDFのプライミングや開始は臨床工学技士が行うことが多いですが。臨床

記事を読む

no image

敗血症治療に使われる血液吸着器のトレミキシン(PMX)とは?

今回は、敗血症の治療による血液吸着で使用されるPMXについて紹介します。PMXは急性血液浄化の治療で

記事を読む

ACH-∑

CHDFの条件設定方法(血液・透析液・補液流量の設定)

CHDFでは、血液流量(QB)、透析液流量(QD)、補液流量(QP)、濾液流量(QF)と

記事を読む

no image

二重濾過血漿交換療法(DFPP)の基礎知識を紹介します

DFPPとは DFPPとは、double filtration plasmapheresisの略称

記事を読む

no image

CRTTでのPMMA膜とAN69ST膜のサイトカイン吸着の性能差は?

セプザイリス100とCH1.8Wの吸着量を比較してみた 強引な比較ですが Clinical En

記事を読む

no image

敗血症にも保険適応されたセプザイリスのAN69ST膜の特徴とは!?タンパク吸着特性は?

はじめに 2014年7月に、バクスターから、新しいCHDFの膜(持続緩徐式血液濾過器)であるセプザ

記事を読む

ACH-∑

CHDFの圧力や回路、ポンプの見方について看護師や新人ME向けに説明します

CHDFの回路の説明 今回は、ICUの看護師さんや、新人ME向けにCHDFの回路や各圧力について簡

記事を読む

no image

CHDFの施行が困難になる合併症『DIC(播種性血管内凝固症候群)』とは?

DICの基礎 DICとは DIC(disseminated intravascular coag

記事を読む

リポソーバ

LDL吸着療法について

LDL吸着療法とは LDL吸着療法は、LDLを吸着除去することによる閉塞性動脈疾患の治療を目的

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

SPONSORED LINK
ジョブスルー
面接
新卒の臨床工学技士の就職・転職の苦労について

はじめに 年を越して、就活をしている臨床工学技士の学生の多くが就職先

さわやか
コメディカル専門の求人紹介会社『ジョブスルー』とは?

ジョブスルーの代表である土屋さんに、ジョブスルーの特徴と、企業理念につ

パソコン
透析業務をするCE・看護師に役立つサイト5選!

透析及び医療機器管理をしているNs・CEに役立つサイトをまとめたので紹

患者さん
透析患者の飲水・食事指導について(EASEプログラムを活用しよう)

食事管理ができない患者指導に 透析患者さんは、透析間の食事や飲水量な

電卓
ポケットを軽くしよう!薄い電卓のススメ

はじめに 最近、ミニマリズムにはまっています。ミニマリズムっていうの

no image
腎友会とは?全腎協の活動と歴史を紹介します!

腎友会とは?活動と歴史を紹介します。 はじめに 透析をしている方は

→もっと見る

  • 広告募集
PAGE TOP ↑