臨床工学技士の情報誌『クリニカルエンジニアリング』のバックナンバーと内容の概要を紹介します!

公開日: : 最終更新日:2016/11/27 未分類, 臨床工学技士, 血液透析, 透析治療に役立つ知識

クリニカルエンジニアリングとは?

クリニカルエンジニアリングは、臨床工学技士関連の唯一の情報誌です。臨床工学技士の業務にかかわる幅広い情報が公開されています。月刊誌なので新しい情報を素早く配信されます。

気になる項目もしくは、自分の業務に関連のあるものが見つかればぜひ読んでみてください。ちなみに私は年間購読しています。

 

2016年度のバックナンバー

2016年度に発売されているクリニカルエンジニアリングのバックナンバーを新しい順に紹介します。

12月号

特集1「生体情報モニタアラームとの正しい付き合い方」

・不適切なアラームを減らす方法などが紹介されています。

特集2「続・透析関連モニター患者の状態を正しく評価するために」

・レーザー血流系、インピーダンス心拍出量計を用いた住管関連モニタについて

Clinical E.2016年12月号Vol.27No.12 (クリニカルエンジニアリング)

11月号

特集1「補助人工心臓装着患者の予後を支えるチーム医療」

・補助人工心臓装着患者に対しての役割を、医師、臨床工学技士、看護師、理学療法士それぞれの立場で紹介されています。

特集2「透析関連モニター患者の状態を正しく評価するために」

生体電気インピーダンス分析法を用いた体水分量モニタリング、紫外光を用いた透析液排液モニタについて紹介されています。

Clinical E.2016年11月号Vol.27No.11

10月号

特集「適正透析の実際」

・「生命予後に影響を及ぼす因子、諸外国における適正透析のガイドライン、透析処方の実際、中・大分子溶質の除去(合併症対策)、ドライウェイトの設定法、不定愁訴の訂正、透析時間とスケジュールによる影響、栄養指導」など主に6項目について維持血液透析について詳しく紹介されています。

Clinical E.2016年10月号Vol.27No.10 (クリニカルエンジニアリング)

9月号

特集1「補助循環の最近の進歩」

・「重症呼吸不全に対するECMO、経皮的住管補助デバイス、体外式補助人工心臓の進歩、植込型補助人工心臓の進歩、植込み型左心補助人工心臓、人工心臓の近未来:小型化から完全植込型へ」

特集2「いまさら聞けない薬剤投与の濃度計算」

9月号は、心臓カテーテルで働く医師・コメディカルに役立つ情報がまとめられています。

Clinical E. 2016年9月号 Vol.27No.9

8月号

特集1「オンラインHDFの最前線」

・HDFフィルタの性能、オンラインHDFの有効性、条件設定方法など、実際にオンラインHDFの条件設定をする場合に役立つ知識が紹介されています。

特集2「続・透析患者の穿刺 こうすれば失敗しない」

・穿刺の失敗する穿刺者側の要因についてと、失敗しない為に超音波診断装置を用いた穿刺方法について紹介してます。

Clinical E. 2016年8月号 Vol.27No.8

7月号

特集1「臨床工学技士の夜間・休日診療への対応」

医師・看護師の立場からの臨床工学技士の必要性を紹介されています。また、近年では、CEの夜勤や当直の実施を導入する病院も増えてきました。その業務変化なども紹介されいます。

特集2「養成施設卒業研究紙上コンペ2016」
臨床工学技士養成校の卒業研究9本が紹介されています。
Clinical E. 2016年7月号 Vol.27No.7

6月号

特集1「高気圧酸素治療」

・高気圧酸素治療に対する安全とトラブル対応について詳しく紹介されています。

特集2「知っておこう!気管チューブのカフ圧管理」

・人工呼吸器での気管チューブのカフ圧管理について紹介されています。

6月号は、高気圧酸素治療についてページを割いて特集されています。

Clinical E. 2016年6月号 Vol.27No.6

5月号

特集1「臨床工学技士から学ぶペースメーカの基礎知識」

・ペースメーカ・ICDの埋め込み時や、ペースメーカ外来時の臨床工学技士の役割を特集しています。

特集2「透析患者の穿刺こうすれば失敗しない①患者側の要因」

Clinical E. 2016年5月号 Vol.27No.5

4月号

特集1「呼吸にかかわる気管の解剖と生理」

・呼吸にかかわる解剖生理と、加温加湿器・人工鼻・パルスオキシメータ・カプノメータなどの機会について紹介しています。

特集2「これで完璧!喚起モードの基本」

Clinical E. 2016年4月号 Vol.27No.4

3月号

特集1「事故対策」

・透析医療事故の特徴・防止策について紹介しています。

特集2「災害対策」

・災害時の透析室の安全対策を紹介しています。

Clinical E. 2016年3月号 Vol.27No.3

2月号

特集「臨床現場での実践力をぐっとアップさせるシュミレーション教育の手法」

Clinical E. 2016年2月号 Vol.27No.2

1月号

特集「内視鏡手術をサポートする臨床工学技士の役割」

・内視鏡外科手術関連機器の保守点検・事故対策・新人教育について紹介しています。

Clinical E. 2016年1月号 Vol.27No.1

まとめ

以上でバックナンバーの紹介は終わりです。今後も、新しいものが追加されたら順次追加していきます。

SPONSORED LINK


関連記事

試験管

アルブミン漏出量評価の排液採取法(部分貯留・全量貯留)について

排液採取の種類 全量貯留法 全量貯留法とは、名前の通り透析中の排液を全て採取する方法です。透

記事を読む

薬

透析患者の禁忌薬一覧を紹介します!

透析患者の禁忌薬とは 薬は、腎臓から排泄されるもの、肝臓で分解されて排泄されるもの、両方から排

記事を読む

no image

臨床工学技士の透析室の仕事は?①(臨床業務編)

臨床工学技士の約7~8割は、透析業務にかかわっていると言われています。自分は、就職して透析室で勤務す

記事を読む

工具

透析業務で全ての機械のトラブルを適切に対処できますか?

透析業務のトラブルについて 透析室のトラブルでは、大きく分けて患者側のトラブルと機械側のトラブルに

記事を読む

水

透析での計画除水の方法と有効性について

透析中の合併症のうち、血圧低下はもっとも頻度が高く、スタッフを悩ませます。多量の除水により、急激

記事を読む

注射

透析室での針刺し事故の予防と対処法について

透析室での針刺し事故 血液透析の現場では、日常的に穿刺や採血が行なわれるため、針刺し事故により

記事を読む

部屋

在宅血液透析(HHD)の現状と問題点

HHDの現状 HHDとは HHDは、home hemodialyisisの略称で、在宅血液透

記事を読む

no image

透析のシャントとは②(バスキュラーアクセスの種類)

透析でのシャントの種類 今回は、透析患者さんの命綱であるシャントの種類について説明します。一般的に

記事を読む

針2

採血での針刺し事故を予防するための器具

採血での針刺事故防止のために 前回は、針刺し防止機構のついた穿刺針安全針で針刺し事故予防につい

記事を読む

パソコン

臨床工学技士はどの程度パソコンが使えないといけないのか!?

臨床工学技士は、業務上パソコンを使うことが多くあります。臨床工学技士の学生さんの為に、就職するまでに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

SPONSORED LINK
ジョブスルー
面接
新卒の臨床工学技士の就職・転職の苦労について

はじめに 年を越して、就活をしている臨床工学技士の学生の多くが就職先

さわやか
コメディカル専門の求人紹介会社『ジョブスルー』とは?

ジョブスルーの代表である土屋さんに、ジョブスルーの特徴と、企業理念につ

ds
任天堂DSで医療の勉強できるソフトを紹介します!

DSで医療の学習 透析室で働く看護師・技士は透析の知識以外にも、幅広

風呂
ヒートショックに注意!予防法を紹介します。

ヒートショックに注意! 12月~1月は、ヒートショックの頻度が最も多

パソコン
透析業務をするCE・看護師に役立つサイト5選!

透析及び医療機器管理をしているNs・CEに役立つサイトをまとめたので紹

患者さん
透析患者の飲水・食事指導について(EASEプログラムを活用しよう)

食事管理ができない患者指導に 透析患者さんは、透析間の食事や飲水量な

→もっと見る

  • 広告募集
PAGE TOP ↑