病院の人間関係に役立つ4つのタイプ別コミュニケーション方法で人間関係改善

くま
職場でのストレス原因の第一は、人間関係です。特に、上司と上手くコミュニケーションをとれるかが、これから楽しく仕事を行えるか嫌になるかの分枝点になります。上司とうまくいかないと、大切な仕事も任されないし、出世・人事評価・昇給にもつながります。

今回は、コミュニケーション術について学ぶ為に、ナビトレ ナース必修対人力を磨く22の方法―みなっち先生の人間関係すっきりセラピー という書籍を購入しました。看護師に限らず臨床工学技士、他のコメディカル、事務員にも使えるコミュニケーションが搭載されていたので紹介します。

特に、4つのタイプ別コミュニケーション方法が役立ちましたので簡単に説明しますね。

まずは、自分が苦手としている人のタイプを分類しましょう。以下の4タイプに分類できます。

4つのタイプの分類

①学者タイプ

[倫理的で正確さを重視]
個人的で内向的なタイプ

専門家/研究家/データ重視/分析的/倫理的/慎重な行動/正確性と合理性を追求/完璧主義/批判的/変化を嫌う/個人で仕事をするのを好む

②職人タイプ

[仕事が生きがいタイプ]
個人的で外交的なタイプ

行動的/一匹狼/決断力がある/起業化/結果主義/自信家/鈍感/支持されるのを嫌う/責任感が強い/言い仕事にこだわる

40~50代の臨床工学技士の技師長には良くいるタイプだと思います。言葉が足りなかったり、きつい言葉を言う方が多いですね。

③善人タイプ

[周囲と仲良くしたい]
協調的で内向的なタイプ

聞き上手/気配り上手/感情に敏感/忍耐強い/対立を避ける/温厚/安定/良い人になりたがる/忠実/先延ばしする/協調性がある/八方美人/優柔不断/

④幹事タイプ

[楽しくみなでやりたい]
協調的で外交的なタイプ
話好き/社交的/行動的/アイディアマン/感情的/飽きっぽい/

タイプが分かったらそのタイプの苦手なことを確認しましょう。

タイプ別の苦手なこと

①学者タイプ

・倫理を否定される
・非現実的
・曖昧な話
・不正確な話
・なれなれしい人
・欠点/失敗を隠される
・無秩序
・努力しない人

②職人タイプ

・答えを押しつけられたり、誘導される
・世間話
・無責任な態度
・非効率的なこと
・優柔不断なやり取り
・自信のない態度をとられる
・長い話/仕事を止められる

③善人タイプ

・鈍感さ/短気/急な感情の変化
・不安を無視される
・決断を迫られる
・考えや気持ちを共有できない
・事務的な関わり

④幹事タイプ

・堅苦しい用件のみの会話
・同じことが繰り返される作業
・複雑で面倒な決断
・コミュニケーションの機会がない

それぞれのタイプの苦手なことを避ける必要があります。最後にタイプ別の具体的なコミュニケーションについてです。

タイプ別のコミュニケーション方法

①学者タイプ

優先順位を考えて話す(本題から話す)
礼儀をわきまえて振る舞う
理屈が通る内容を話す

②職人タイプ

・単刀直入に用件から話す
・相手に主導権を渡す
・選択肢を示して相手に選択してもらう
・自信のない態度をとらない
・責任感を持って関わる
・優柔不断なやりとりをしない

③善人タイプ

・相手の考えや気持ちを思いやる
・不安を共有し、解決策を考える
・思いやりのある態度で接する

④幹事タイプ

・最近の出来事やおもしろい話をしてもらう
・優先度の高い仕事から取り組んでもらう
・スピーディーに楽しく仕事をする
・笑顔を絶やさない

[対人力を磨く22の方法より改変して引用]

まとめ

自分の苦手な人について、タイプ分類ができましたでしょうか。このように、相手の性格によってコミュニケーションの取り方をしっかりと切り替えることが上手にコミュニケーションを行うポイントです。