透析での静脈圧について①(基礎)

静脈圧の意味

はじめに

4月になり、透析室に移動された看護師さんや、透析を行う病院に就職された臨床工学技士さんも多いと思います。特に、看護師さんの場合、透析装置について難しそうといった拒否感や、警報が鳴った時どうすればいいかわからない!といった不安な気持ちが大きいと思います。

透析装置に表示されるデータを理解すれば、そういった不安な気持ちはなくなりますし、案外透析の装置の扱いは、簡単であることが分かると思います。

SPONSORED LINK

まず、透析装置に表示されるデータで1番最初に理解してもらいたい大切なデータが静脈圧です。透析中に静脈圧は、常に測定しています。

静脈圧のことを1~10まで説明しようとすると10万文字くらい書かないと説明できないので、今回は、『静脈圧ってなにか、静脈圧から何がわかるか』を説明します。

なぜ静脈圧が低下するのか、なぜ静脈圧が上昇するのかなど細かいことや、静脈圧警報の対処方法、など実践的なことは、また次回に投稿します。

まず、静脈圧から何が分かるのでしょうか。静脈圧の値やその変化から次のようなことが分かります。

  • ダイアライザ-・血液回路内が詰まっていないか
  • 透析針が血管内にきちんと入っているか
  • 血液が患者さんから、きちんと採れているか
  • 抜針がおこってないか
  • 血管が狭窄していないか

など
上記のように、安全に血液透析が行われているかを確認する指標となります。それでは、もう少し詳しく説明していきます。

静脈圧とは

透析での静脈圧の意味は、透析回路内での静脈回路内の圧力のことを言います。静脈回路とは、ダイアライザ-の出口から血液が患者さんに返されるまでの間のことを言います。下の図では、青色で書いている部分が静脈回路です。圧力とは、空気・液体・固体などが何かを押さえつける力のことです。透析での静脈圧の場合は、回路内の血液が回路を押しつける力のことを言います。
静脈回路

静脈圧の測定部位

静脈圧の測定は、静脈回路の静脈チャンバーの上についてある、静脈圧測定ラインから測定しています。

静脈圧の正常値

静脈圧は、血液ポンプの速度や血管の状態に影響されるので、特に決まった値はなく患者さんにより異なります。血液ポンプの回転速度が速いほど静脈圧は高くなり、血液ポンプの回転速度が遅くなると静脈圧は低くなります。

内シャントで透析をしている患者さんの、一般的な血液ポンプの速度を200ml/min(1分間に200mlの血液が流れる)で設定した場合は、70~150mmHg程度が一般的な値だと思います。

静脈圧が0~200mmHg程度であれば安全ですが、静脈圧がマイナスになったり、200mmHgを超える場合、透析回路内の血液の赤血球が壊れてしまう溶血を起こしたり、血液回路内で血液が固まりやすくなり、透析回路内がつまったりする恐れがあり大変危険です。特に、静脈圧がマイナスになった場合は、透析回路内の血液が固まりやすいので直ちに対処しなくてはなりません。

静脈圧の上昇するとき

静脈圧が上昇するのは、回路内の血液が透析患者さんに戻りにくくなったときです。次の場合があります。

・静脈回路が折れ曲がった
・静脈回路をクランプしていた
・静脈回路内(チャンバー)に、血液の塊が詰まった
・静脈側に血液の塊・フィブリンなどが詰まった
・患者さんが激しく動いた
患者さんの血管が狭窄(細くなる)っている

静脈圧の低下するとき

静脈圧が低下するのは、回路内の血液の流れが少なくなったり、静脈側の抵抗が低くなったときなどです。次の場合があります。
・静脈側がの針が抜針(針が抜けた)したとき
・脱血不良(患者さんから血液が採れていない)とき
・ダイアライザ-が固まって、血液の流れが悪くなったとき
・動脈側のチャンバーが詰まった時
・静脈圧を測定するチューブが透析監視装置から外れたとき
・静脈圧を測定するチューブのフィルターに血液や生食が入った時

まとめ

上記の説明で静脈圧の意味がなんとなく分かったでしょうか?静脈圧の上昇や低下には、患者さんに原因がある場合と、透析回路に原因がある場合があります。次回は、静脈圧警報が発生した場合の対処方法について説明したいと思います。

今回の説明で分からなかったり、疑問がありましたら気軽に投稿らんから質問してください。ブログは、毎日確認しているのでなるべく早めに回答しますので。

スポンサードリンク


こちらも合わせてどうぞ 1.食事管理方法をまとめ!→食事管理まとめ
2.ゲームで医学の勉強をしよう→任天堂DSの医学学習ソフト
3.透析おすすの本を紹介!→看護師・技士におすすめの本


4 件のコメント

  • 数か月前から透析を始めましたが静脈の返しが中々上手に行えません、ある人はスムースに穿刺してくれますが大抵失敗して穿刺痕が腫れてきます。肥満体なので静脈が見つけれないのでしょうか。

    • 確かに、血管の上に脂肪が多いと血管の位置や深さを把握するのが難しく穿刺が困難です。特に、透析導入時は内シャントの発達が未発達で血管も細くて穿刺が難しいことがおおくあります。穿刺に失敗して腫脹すると、ますます血管の位置が分かりずらくなり、穿刺困難になります。透析導入時の内シャントが未発達な時期に穿刺の失敗を繰り返すと内シャントが潰れてしまう可能性もあります。言いにくいでしょうが、透析室の責任者である師長や技師長に、穿刺の失敗が続いており、内シャントが潰れてしまわないか心配であると伝えてください。内シャントが発達して太くなるまでは、ベテランの人に穿刺してもらったほうが良いと思います。自分の施設では、穿刺の失敗が続いている患者さんには、そのように対応しています。

      • takaさん有難うございます、今日も若い穿刺師の女性が回路が見つけられないで困っているので男性のベテランに交代してもらい一発で刺さりましたが若い女性は何か気分を害したのかその場から消えました。これは自分の一生の体の問題なので其のことを理解してほしいですね。

        • 女性はその場から消えたのですか。私なら、ベテランの人の穿刺を観察してどのように穿刺をしているか勉強しますがね。2、3年の経験を積めば、誰でもある程度上手くなるので、無理して失敗を繰り返さないほうがお互いの為だと思います。やはり、絶対的な自信を持って穿刺をしないとたいがい失敗しますから。変わってくれと言われると悔しいという気持ちもあると思いますが、それをバネに努力して技術を磨けばいいと思います。その女性が経験を積んだときには、穿刺をさせてあげてください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です