透析患者の禁忌薬一覧を紹介します!

公開日: : 薬(透析), 血液透析

薬

透析患者の禁忌薬とは

薬は、腎臓から排泄されるもの、肝臓で分解されて排泄されるもの、両方から排泄されるものがあります。

透析患者では、腎機能が働かないので、腎臓からのみ排泄されるような薬剤については、血中濃度が上がりすぎるため、副作用が現れやすくなります。

その為、そのような薬剤は、使用量の減量、あるいは、使用禁忌の場合があり注意が必要です。

今回は、透析患者に使用禁忌な主な薬剤を紹介します。

透析患者に禁忌の主な薬剤は、『フィブラート系薬剤、ビグアナイド剤、リバビリン、アマンタジン、アルミニウム製剤、ビスホスネート、メトトレキセート、コハク酸ジベンゾリン、ジフェニドール』などがあります。

それぞれについて、以下もう少し詳しく説明します。

 

使用禁忌薬一覧

フィブラート系薬剤

フィブラート系薬剤であるベザフィブレートは、高脂血症治療薬として使用されます。この薬を透析患者が使用すると横紋筋融解症が発症しやすいといわれています。

横紋筋融解症とは、骨格筋細胞の融解や壊死により筋肉の細胞が血液中に溶け込んでしまう症状です。それにより、血中の乳酸、尿酸、カリウム、リンなどが上昇します。横紋筋融解症から急性腎不全、DIC、多臓器不全などに移行しやすく重症化すると生命の危険があります。

メトホルミン(ビグアナイド剤)

腎不全患者では、糖代謝異常・経口糖尿病薬の排泄遅延、透析による血糖変動がある為、経口糖尿病薬は慎重投与、あるいは禁忌となっています。特に、メトホルミンは、乳酸アシドーシスの原因となるため使用禁忌となっています。

ちなみにメトホルミンは、肝臓で乳酸を糖に変える働き(糖新生)を抑制して、血糖値の上昇を防ぐ薬です。乳酸は、腎臓より排泄されるので、腎不全の患者では、乳酸が体にたまって、アシドーシス(酸性)に傾いてしまいます。

リバビリン

リバビリンは、C型肝炎に対する抗ウィルス薬です。インターフェロンと併用することによりウイルス除去率を飛躍的上昇するのでたいていセイットで使用されます。ただ、腎不全患者では、血液中濃度が上昇称して重篤な副作用が出るということで、使用禁忌となっています。他、C型肝炎治療薬のプロテアーゼ阻害薬のテラピレビルも禁忌となっています。

アマンタジン

アマンタジンは、パーキンソンやA型インフルエンザなどの治療薬です。腎不全患者では、血中濃度上昇による虫垂神経副作用が出現されるため使用禁忌です。また、アマンタジンは透析でも除去されません。

アルミニウム製剤

アルミニウムゲルは、リン吸着薬として以前は透析患者に使用されていました。しかし、アルミ蓄積されることによりアルミニウム脳症といった痴呆症を誘発するため現在では使用されなくなりました。

他、胃粘膜保護剤スクラルファート(アルサルミン)もアルミニウムが含まれるので使用できません。

ビスホスホネート製剤(リセドロン酸、エチドロン酸)

ビスホスホネート製剤とは、骨を壊すのを抑えて、骨の吸収を防ぐ薬です。骨粗鬆症の予防などに使われます。腎不全では、排泄低下により蓄積するため使用禁忌です。

メトトレキセート

メトトレキセートは、抗がん剤として利用されていましたが、リウマチに効果があるということが発見され、現在では主にリウマチ治療に使用されています。腎不全では、排泄されにくく、血中濃度が上がる為、使用禁忌です。

コハク酸ジベンゾリン

コハク酸ジベンゾリンは、抗不整脈の治療薬です。インスリンの分泌を促進する効果もあり、透析患者では、血中濃度が上昇して低血糖発作を起こすことがあります。

ジフェニドール

ジフェニドールは、嘔吐中枢にはたらいて、吐気・嘔吐を防ぐ薬です。めまいを抑制する効果もあります。腎不全患者では、排泄低下により蓄積する恐れがあるため使用禁忌です。

ACE阻害薬

陰性電荷を有する膜で血液浄化中に使用するのは禁忌とされています。透析中には、血液が透析膜と接触することにより、ブラジキニンという血圧を下げる作用のある生理活性物質が分泌されます。

ACE阻害薬は、ブラジキニンを分解する酵素を阻害するため、併用するとブラジキニン濃度が上昇して、ショックに陥る場合があります。

陰正電荷を有する膜としては、透析膜としては、AN69膜、決勝吸着膜のイムソーバ、LDL吸着に使用するリボソーバ、白血球除去療法に使われるLCAPなどがあります。

血液浄化の専門家である臨床工学技士は特に注意する必要があります。知らずに使おうとするDrをたまに見かけます。

 

(参考文献)
専門臨床工学技士テキスト 血液浄化編116-117

SPONSORED LINK


関連記事

no image

初めに覚えたい透析患者の採血の基準値

透析患者さんは、月に2回、週初めの透析の直前に採血を行います。これは、透析で毒素の除去が十分に行われ

記事を読む

IMG_0006

プレフィルドシリンジによる透析業務の効率化について

維持透析で使用するヘパリンは、プレフィルドシリンジを使っているでしょうか?プレフィルドシリン

記事を読む

no image

ニプロ社製ヘモダイアフィルタの除去率・アルブミン漏出量の一覧

ニプロ社製のヘモダイアフィルタでのオンラインHDFの各施設での、β2MG,α1MGの除去率及び、アル

記事を読む

細菌

透析室でのB型肝炎およびC型肝炎の院内感染予防対策について

はじめに 透析患者は、肝炎の感染者が多いことが知られています。数十年前の肝炎のウィルスが発見さ

記事を読む

no image

ニプロの透析装置(NCV-2)のレビュー

透析装置のメーカーについて 血液透析に使用される透析監視装置(コンソール)は、複数のメーカーから発

記事を読む

no image

内シャントを長持ちさせるには?日常の管理方法は?

<シャントの開存率> <日本透析医学会雑誌 44巻9号2011より引用> 内シャントの開存率

記事を読む

温い服

透析中の寒さ対策方法を紹介します!

透析中の寒さ対策に役立つグッツを紹介 最近、透析中の患者さんから『寒い。』と訴えられることが度

記事を読む

no image

透析室での看護師の業務を紹介します。看護師の透析業務とは!?

今回は、透析室での看護師の業務について紹介します。看護師にとって透析業務は病棟の業務と大きく異なると

記事を読む

注射

エポジンからミルセラの切替え方法について

ミルセラとは ミルセラとは、中外製薬により製造・販売される造血剤です。ミルセラは商品名であり、正式

記事を読む

水

透析液の生菌とET(エンドトキシン)を測定する理由は?

透析液の清浄度の検査 透析液の清浄化は、透析患者の微少炎症を防いで生命予後を改善すると言われて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

SPONSORED LINK
ジョブスルー
面接
新卒の臨床工学技士の就職・転職の苦労について

はじめに 年を越して、就活をしている臨床工学技士の学生の多くが就職先

さわやか
コメディカル専門の求人紹介会社『ジョブスルー』とは?

ジョブスルーの代表である土屋さんに、ジョブスルーの特徴と、企業理念につ

風呂
ヒートショックに注意!予防法を紹介します。

ヒートショックに注意! 12月~1月は、ヒートショックの頻度が最も多

パソコン
透析業務をするCE・看護師に役立つサイト5選!

透析及び医療機器管理をしているNs・CEに役立つサイトをまとめたので紹

患者さん
透析患者の飲水・食事指導について(EASEプログラムを活用しよう)

食事管理ができない患者指導に 透析患者さんは、透析間の食事や飲水量な

電卓
ポケットを軽くしよう!薄い電卓のススメ

はじめに 最近、ミニマリズムにはまっています。ミニマリズムっていうの

→もっと見る

  • 広告募集
PAGE TOP ↑