二重濾過血漿交換療法(DFPP)の基礎知識を紹介します

DFPPとは

DFPPとは、double filtration plasmapheresisの略称で、日本語で二重濾過血漿交換療法のことをいいます。
DFPPでは、体内から取り出した血液を血漿分離器により、血漿成分と血球成分に分離します。そして、分離された血漿成分をさらに血漿成分分画器により、濾過を行い血漿中から選択的に病因物質を除去します。

DFPP
<clibucal Engineering P370より引用>

DFPP利点

DFPPをPEと比較した利点について紹介します。
・置換するFFPを少なくすることができる
PE(単純血漿交換)では、血液成分から血球と血漿を分離して、血漿をそのまま廃棄していた為、多量の置換液(FFP)が必要だった。DFPPでは、分離した血漿をさらに濾過することにより、必要な血漿成分は患者にもどし、不必要な血漿成分のみを廃棄することで置換液の量を、1/3程度に減らすことができます。

・置換液にFFPでなくアルブミン製剤が使用可能
PEでは、血漿成分をそのまま破棄するので、血漿中に含まれる、血液凝固因子などが除去されて、出血傾向になります。そのため、補充液にFFPを使用して血液凝固因子の補充を必要とします。
それに対してDFPPでは、置換液の量も少ない為、置換液にFFPではなくアルブミン製剤を使用することも可能です。

保険適応疾患

【移植】
同種肝移植、同種腎移植
ABO不適合移植をする場合に、抗体による拒絶反応を防ぐ目的で、抗A抗B抗体除去、既存抗リンパ球抗体除去DFPPを行います。また、移植後の急性拒絶反応の治療にも保険適応となっています。

【肝疾患】
術後肝不全、急性肝不全による、ビリルビン除去目的に施行されます。ただし、劇症肝炎は、DFPPの保険適応外となっています。
劇症肝炎は、PE(単純血漿交換)、PA(血漿吸着)が保険適応となっています。劇症肝炎では、ビリルビンの他に胆汁酸の除去が必要の為です。

【神経疾患】
重症筋無力症、ギラン・バレー症候群、多発性硬化症など

【膠原病】
悪性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、川崎病

適応疾患・適応回数の詳細は、旭化成メディカルHPに詳しく紹介されています。

施行方法

【血漿成分分画器の選択】
血漿成分分画器は、血漿をさらに濾過をして病因物質をふるい分けで除去する膜です。血漿成分分画器は、除去する対象の物質により選択します。

血漿成分分画器は、旭化成社のカスケードフローまたは、川澄化学工業社のエバフラックスが発売されています。どちらも、膜孔径が0.01μm、0.02μm、0.03μmで選択できます。

【置換液の選択】
DFPPでは、廃棄する血漿の量が比較的少ないことからFFPの代わりにアルブミン製剤で代用することができます。
血漿の除去とともにアルブミンが除去される恐れがあるので、一般的には、5~7%のアルブミン加乳酸リンゲル液を使用します。

【抗凝固薬】
抗凝固剤は、ヘパリンを使用します。出血傾向がある場合は、ナファモスタットメシル酸塩を使用します。使用量は、HDやCHDFと同量で良いと思われます。必要に応じて、活性化凝固時間(ACT)を測定して使用量を決めます。

【バスキュラーアクセス】
血流量が50~100あれば、DFPPは施行可能の為、肘静脈などの通常の静脈を使用することがおおいです。静脈の穿刺で血流確保が難しい場合は、ダブルルーメンカテーテルを、内頸静脈や大腿静脈に挿入します。

【治療条件】
血液流量:50~150ml/min
血漿流量:血液流量の20~30%(10~45ml/min)
血漿(二次膜)流量:血漿流量の20%(2~10ml/min)
目標血漿処理量:2000~4000ml

まとめ

DFPPの特徴が分かったでしょうか?PEとDFPPのそれぞれの特徴を理解してPEとDFPPを使い分けることにより、患者に有益な治療ができます。

DFPPの長所は、置換液を少なくできることやFFPを使用しないことができることですが、施設によってはDFPPでもFFPを使用して、さらに数リットル使ったりなど、PEとDFPPの違いを良く分かっていないDrも多くいます。

臨床工学技士が得意な分野はDrに助言することにより、有益な治療を行う必要があります。

参考文献:Clinical Engineering2008.4、アフェレシスマニュアル