ダイアライザにはなぜ「ドライタイプ」と「ウェットタイプ」があるのか?

血液透析に使用するダイアライザには、初めから滅菌水が充填されているウェットタイプと、滅菌水が充填されていないドライタイプ、そして、中空糸だけに水分を含ませたモイストタイプがあります。それぞれ、理由がありそのような仕様になっています。

今回は、それぞれのタイプの長所と短所について紹介します。

ウェットタイプ

ウェットタイプとは、あらかじめダイアライザ内が滅菌水で充填されているダイアライザです。品質保持のために、ウェットタイプでしか製造できない膜材質(PMMAなど)もあります。

ウェットタイプの長所

・プライミング時のエアーの除去が容易である。

ウェットタイプの短所

・重量が重い為、輸送コストがかかる。
・寒冷地では、凍結して破損する恐れがある。

ドライタイプ

ドライタイプとは、ダイアライザに滅菌水が充填されていないタイプです。

ドライタイプの長所

・凍結の恐れがない。
・軽量で運搬しやすい。

ドライタイプの短所

・プライミング時のエアー除去に手間がかかる。
・膜素材によっては、ドライタイプでは機械強度が下がり製造できない。

モイストタイプ

モイストタイプは、中空糸のみ水分を含ませたタイプのダイアライザです。東レのNVシリーズなどがモイストタイプだったと記憶しています。

中空糸に水分を含ませている為、エア抜きが容易かと思いきや、ドライタイプと同様にエアー除去に手間がかかりました。

 

まとめ

ダイアライザのプライミングには、エアー抜きや残留物の除去の目的があります。エアー抜きが不十分では、透析液と血液の接触面積が少なくなり透析効率が下がったり、中空糸内が空気で詰まる(エアーブロック)が起こり、透析後の残血量が増加します。

近年は、製造技術が進化した為か、ドライタイプのダイアライザーでもエアーの除去がスムーズにできるようになってきています。また、透析装置にも、自動プライミング機能が装着されておりエアー抜きの手間は、軽減されました。

ただ、エアー抜きが簡単になったからと言って、ダイアライザ―の洗浄に使用する生理食塩水の量を安易に減らしてはいけません。洗浄前のダイアライザの滅菌水には、PVP、グリセリン、PVAなど、が溶出しています。洗浄が不十分でそれらの物質が残っていると、透析中の喘息、掻痒感、アレルギーの原因になると言われています。

ダイアライザの添付文章には、1L以上の生理食塩水で洗浄するように記載されています。多くの施設では、1L程度で洗浄しています。ただ、施設によっては、よりダイアライザ内の残留物を除去する為に、1.5~2Lの生理食塩水で洗浄している施設もあるようです。

ダイアライザのタイプの特徴を理解して、プライミングしていく必要があります。

参考文献
(透析ケア2013.3,医学は疑問から始まる)

スポンサードリンク