『DIC(播種性血管内凝固症候群)』とは?CHDF継続が困難になる症例

DICの基礎

DICとは

DIC(disseminated intravascular coagulation)とは、日本語では播種性血管内凝固症候群といいます。臨床では、DICと呼ばれます。DICは、名前の通り血管内の血液が凝固してしまう病態です。

臨床工学技士の場合、ICUなどで血液浄化療法を施行する場合、DICを合併した患者さんの場合、フィルターがすぐに詰まってしまい、とても苦労されることが多いと思います。今回はDICについて少し詳しく調べてみましたので紹介します。

DICの原因

DICはそれ単独では発生することなく、その原因となる基礎疾患が存在します。

基礎疾患は、感染症、組織損傷(外傷、手術、熱症)、血管性病変(血管炎症、大動脈瘤、血管腫)免疫反応(輸血、薬物)、産科疾患、SIRSをひき起こす疾患(劇症肝炎、急性膵炎など)など多用です。

DICでは、原疾患による血管内の凝固活性化によって、微小血管内で血栓形成が引き起こされ、それによって、臓器血流が低下し酸素供給量が減少し、虚血性臓器障害が進行します。

しかし、基礎疾患によっては、この微小循環障害による臓器障害の症状が前面に出てこない場合も多くあります。

DICの種類

DICは、その症状により、線溶抑制型と線溶亢進型に分けられます。線溶とは、『血液を固まらなくする働き』のことを言います。

線溶抑制型DIC

敗血症に代表される線溶抑制型DICでは、その炎症反応により線溶抑制因子であるPAI-1(plasminogen activator inhibitor-1)が誘導され、線溶は凝固活性化に比べ著しく抑制されています。このため、微小血管内で形成された血栓の溶解はなく、血栓による虚血性の微小循環障害が虚血性臓器障害を引き起こします。

線溶亢進型DIC

線溶亢進型DICの代表は造血器悪性腫瘍、特に急性前骨髄性白血病です。この線溶亢進型DIC では凝固の活性化と、線溶の活性化も著明です。

このため、微小血管内で形成された血栓が溶解され虚血性臓器障害はあまり認めませんが、その代わりに出血症状の頻度が多くなります。

線溶抑制型DIC でも線溶活性型DIC でも、広範な血管内の凝固活性が全身で引き起こされています。このため、血小板や凝固因子が使われ、凝固障害を呈します。

まとめ

DICの原疾患は、多様であり複数のDICの診断のガイドラインが出されています。しかし、凝固が抑制されたからといって、必ずしもDICというわけでもなく、原疾患によって、血液の検査値もいろいろ変わるため、診断が難しい疾患です。診断方法については、もう少し勉強してからまとめたいと思います。

スポンサードリンク