任天堂DSで医療の勉強できるソフトを紹介します!

ds

DSで医療の学習

透析室で働く看護師・技士は透析の知識以外にも、幅広い知識が求められます。透析患者さんは、さまざまな原疾患から慢性腎不全になり透析をしており、非透析患者と比較してさまざまな疾患を合併しており急変のリスクが高いからです。

そうした異変を早期発見するためには、普段からの患者さんに対する観察力と幅広い医療知識が必要です。今回は、3DSのソフトで透析看護に役立つ勉強をすることができるソフトをまとめましたので紹介します。

DSソフト一覧

フィジカルアセスメント

フィジカルアセスメントとは、問診・視診・触診・聴診・打診によって、患者さんの症状を調べる方法です。患者さんの異常を早期発見することにより、もし何らかの異常があった場合も、早急に処置ができて急変を防ぐことができます。

『すいすいフィジカルアセスメントトレーニングDS』では、全身アセスメント(265問)、症状別アセスメント(159問)、検査値アセスメント(34問)チャレンジテスト(初級176問、中級177問、上級105問)が収録されています。
Amazon⇒すいすいフィジカルアセスメントトレーニングDS

てきぱき救急急変

透析中にの急変として、『痙攣・意識消失・心停止・心室細動』などなど、私もさまざまな症例を経験したことがあります。

DSのソフトでは、救急医療従事者に必須の知識・技術だけでなく、すべての医療従事者に必要な急変対応の知識・技術が収録されています。

レベルアップドリルには、治療・対応ドリル(81問)、検査・病態ドリル(115問)、ケア・観察ドリル(104問)が収録されています。さらに、実力測定チャレンジテストとして、初級82問、中級117問、上級101問が収録されています。

Amazon⇒てきぱき救急急変トレーニングDS

らくらく心電図

透析中に胸部に不快感を感じたり、胸痛を訴えられた場合は、簡易的に3誘導で観察することがあります。透析室では、心電図を見る機会が多いのでこちらのソフトは有効です。心電図検定の学習にも使えます。

心電図を読み取る問題(初級54波形、中級84波形、上級44波形)の他に、『心電図を読むための基本スキル、波形からみる心臓の様子、不動脈の種類と波形の特徴、波形からみる心臓の様子』など心電図を学習するための講義がたくさん収録されています。

Amazon⇒らくらく心電図トレーニングDS

その他

その他、メディカ出版からは『症候診断トレーニングDS解剖生理学DS病態生理DSさくさく人工呼吸ケアトレーニングDS』などの医療系の学習ソフトが発売されています。ソフトは、アマゾンなどで中古で購入するとかなり安く手に入ります。

DSの本体を持っていない人もいると思いますが、任天堂3DSは、2万円近くしますが、最近では任天堂2DSが発売されました。

任天堂2DSは、3Dで映像を表示できませんが、2D映像で3DSのソフトを遊ぶことができます。値段も、1万円と手ごろなので学習目的ではこちらの購入がおススメです。

まとめ

書籍を購入して勉強しようと思っても継続して学習するのは非常に難しいと思います。ただ、ゲームの場合は気軽に持ち運べるので移動時間や休憩時間などちょっとした時間に使うことができ学習しやすいと思います。また、クイズ形式で知識の習熟度を確認できるので楽しく学習することができます。