透析患者の食塩と水分管理方法を説明します

食事2


透析患者さんの食事管理の最重要項目は、塩分・水分管理とカリウム制限です。これらは、管理が悪いと、死に直結します。例えば、水分過剰による心不全や、高カリウム血漿による心停止など重症な病態につながります。

年間、数人はこれらの管理が悪く夜間に救急車で集中治療室に搬送されて透析を行うことがあります。私の勤務する病院の透析患者さんは少ないのですが、近隣の透析クリニックの患者さんがちょくちょく運ばれてきます。おそらく、スタッフやDrの指導が悪いのだと思いますが。

今回は、塩分・水分管理について、食事療法と、塩分を過剰摂取するとどのような危険性があるのかをまとめました。