病院内での携帯電話使用の安全性について。透析室では?

携帯電話
携帯電話

はじめに

携帯電話が普及し始めた当時、携帯電話から発せられる電磁波が医療機器に対して誤作動を起こす可能性があるということで、「病院内では携帯電話の電源を切るように」との方針が作成されました。

しかし、携帯電話の進化により電磁波が小さくなったことや、医療機器の性能向上により、携帯電話の電磁波が医療機器に与える影響はかなり少なくなっており、病院内での携帯電話の使用の制限が緩和されました。

そして、平成26年に電波環境協議会より「医療機関における携帯電話等の使用に関する方針(詳細)」がだされました。

 

医療機関における携帯電話等の使用に関する方針の要約

方針の内容

・この方針は、規制を導入するものではなく、この方針を参考にして各医療機関がそれぞりルールを設定する必要がある。

・携帯電話端末(スマートフォン)は生活に不可欠になっている。その為、医療機関内においても、可能な限り使用できることが望ましい。

・医療機器は、電磁波に対する耐性があるが、携帯電話がごく接近している場合は、影響の恐れがある。1m以上離れていれば、安全。

・医療機器に影響がなくても、首位に迷惑がかからないようにマナーは守る必要がある。

・病院内のエリアごとに、携帯電話使用のルールを設定する必要がある。

エリアごとのルール

携帯電話の使用が可能な場所

待合室、ロビー、食堂、廊下、エレベーターホール

通話以外は可能

病室、診察室

電源を切る

手術室、集中治療室、検査室、治療室

透析室では

透析室では、電波環境協議会の指針では、治療室であり生命維持管理装置を使用している場所であり、携帯電話の電源を切るという区分に含まれます。

透析装置の取扱説明書にも、『本装置を設置した部屋には、携帯電話やトランシーバーなどの電波を発する機器を持ち込まないように』と、記載されています。

 

ただ、実際のところ透析室内では、携帯電話やスマートフォンの持ち込みを容認している施設がほとんどだと思います。透析室内では、wifiの利用が可能な透析クリニックも多くありますし、透析中に周りの患者に迷惑のかかる通話以外は、OKという施設が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>