臨床工学技士のパワハラの現状について

落ち込み
落ち込み

パワハラについて

パワハラとは、仕事において上の立場の者が、下の立場の者に対して、職場上の優位性を利用して、業務の適正な範囲を超えて、精神的・肉体的苦痛を与える行為のことをいいます。

臨床工学技士においては、和歌山医科大学の臨床工学技士がパワハラで停職1カ月の懲戒処分を受けたことが有名ですが、臨床工学技士は、病院内でも隔離されているというか、小さな集団なのでそのような問題があっても、公になっていないところが多くあるだけだとおもいます。

パワハラの内容は、以下の6種類に分類されます。

(1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
(3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
(6)個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)
<厚生労働省 こころの耳より引用>

実際に、病院内で臨床工学技士が当てはまる場面についてそれぞれの項目について事例を紹介します。