血液透析中の重大事故や死亡事故から学ぶ安全対策

日本では血液透析が1967年に保険適用されて、いままで多くの患者が血液透析を行うようになりました。その間、透析中の医療事故により命を落とした人も何人かいます。

また、死亡に至らなかったが、重傷を負ったり、治療が必要な状態に陥った場合もあります。そのような、事故が起きるたびに、安全対策や透析のガイドラインが改定されました。例えば、透析中のエアー返血は、現代では、危険なので行われている施設はありません。近年では透析中の医療ミスにより死亡することは、まれになりました。

ただ、ここ数年でも透析中の医療ミスにより命を落としている患者がいます。その、事故を聞いて自分たちは他人事と思わずに、自分の施設では大丈夫だろうか?と疑問を持って、安全に透析が行えるよう業務のマニュアルを改訂していく必要があると思います。

今年入社した新人に、透析中の医療ミスで死亡したニュースについて聞いてみると、意外と知っていなくてびっくりしました。そこで、透析中の医療ミスによて起きた重大な医療事故とそこから学ぶことについて紹介したいと思います。