血液透析の基礎知識まとめ(過去記事)

心臓

初めに

透析室に配属されて最初に勉強したい基礎知識について過去に書いた記事をまとめました。

患者さんに、よく質問されることや教育するのに必要な知識、日常業務ですぐに役立つ項目をまとめました。

透析の基礎知識一覧

腎臓の4つの働きを紹介
血液透析の導入基準
透析の原理(拡散と限外濾過)
HDFについて
透析液の組成
HDFとは
血液透析の条件設定方法
透析のシャントとは
なるべく痛くないシャント穿刺方法について
透析中の血圧低下時の原因・対処
静脈圧について
静脈圧警報の対処
透析患者の採血の基準値
透析患者の薬について
透析患者の食事
シャントを長持ちさせるための日常の管理方法
透析患者とのコミュニケーション

最後に

透析室で、充実した仕事をするためには患者さんとの信頼関係を確保して良好な人間関係を気づくことです。患者さんとは、家族以上に一緒にいる時間が長いので、嫌われたり、嫌いになると顔を合わせるのが憂鬱になります。

すべての患者さん全員から好かれるのは難しいですが、できるだけ多くの患者さんに信頼されるようになりたいと思います。まず、努力してだれにでもできることは、知識をつけることです。透析患者は、長い間透析をしているのである程度知識を持った人が多いです。したがって、知識が少なかったり、質問したことにあまり答えられないと馬鹿にされ、信頼とは程遠い状態となります。

勉強したり・研究して患者さんがより良い透析や日常を送れるように努力していると必ず患者さんから信頼されるスタッフになれると思います。

スポンサードリンク


こちらも合わせてどうぞ 1.食事管理方法をまとめ!→食事管理まとめ
2.ゲームで医学の勉強をしよう→任天堂DSの医学学習ソフト
3.透析おすすの本を紹介!→看護師・技士におすすめの本


6 件のコメント

  • お久しぶりです.

    今回は,教えていただきたいことができたため,できれば記事としてまとめて頂きたくコメントします.

    実は,国が在宅透析に注目し始めたそうで,理由は
    「透析時間よりも透析回数に重きを置いたほうが良いため」など様々な理由があるそうです.

    しかし,病院側は通院の方が儲かったりするので,在宅透析は危ないなどといって通院をすすめるということを聞きました.

    そこで,在宅透析の現状とこれからについいて,記事にしていただければ幸いです.

    追加で以下の事項も気になっているので,よろしければネタにしてください.
    ①仕事が終わって,夜にそのまま病院に訪れ,シャワーを浴びた後,透析を受けながら就寝し,次の日,そのまま病院から通勤する「オールナイト透析クリニック」
    ②フランスなどで仮実施されているマンションの一室を透析機材の部屋にして,住人が自分で針を刺し,透析し片付ける取り組み
    ③海外では発売されているが,日本では,透析機器は医療機器で,透析液は医薬品でカテゴリーが異なるため実現できない「カートリッジタイプの在宅透析機器」
    ④介護福祉施設など,透析のための通院が困難な人のために,介護福祉施設などの個人の部屋に1台透析機器を設置して,1人しかしようしない在宅透析機器扱いをするという方法
    ⑤今,国内で初めて在宅透析機器を開発し,治験にまですすんでいる旭化成の在宅透析機器と,追従して最近,開発に着手し始めたJMSの在宅透析機器

    是非ともよろしくお願いします.

    • いつもコメントありがとうございます。

      今後の更新時にさんこうにさせていただきます。ネタの提供大変助かります。

  • いつも勉強させていただいております。

    ③のリンクが切れておりましたので、お時間ある時にでも後確認お願いいたします。

    ではでは

  • 最近自身の務める透析センターで,透析中イントラリポスを点滴中に薬液ポートの回路部分に亀裂が入り,気付くのが遅れ大量出血事故が起こってしまいました。脂肪乳化剤が回路の塩ビを溶解させたらしいです。イントラリポス投与患者対策として,専用回路を用意することになりました。他に注意した方が良い薬等ありましたら教えてください。ちなみにNI〇ROの回路です。

    滋賀民間HPのME

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です