ヒートショックに注意!予防法を紹介します。

風呂

ヒートショックに注意!

12月~1月は、ヒートショックの頻度が最も多い時期と言われています。ヒートショックというのは、急な温度差変化による刺激で血圧が大きく変化して、心筋梗塞、脳血管障害など命に関わる重大な病気を引き起こす病態です。

実は、ヒートショックが原因でなくなる人は年間1万7千人いるといわれています。(東京都健康長寿医療センター研究所より)今回は、ヒートショックの原因と予防方法について紹介します。

 

ヒートショックの原因は?

ヒートショッックについては、序文で簡単に説明しましたが、要は急激な温度変化により血圧が大きく変化して、それが原因で何らかの疾患が発生してしまう現象です。

人間の血管は、体が暖められるたりリラックスすると緩んで血圧が低下します。逆に、寒い場所に行ったり緊張すると血管が収縮して血圧が上昇します。

このような急激な血圧の変動が起こりやすい場所としては、お風呂場・洗面所・トイレなどがあげられます。日本の家庭では、リビングなど人が長時間生活する空間はだ暖房されていますが、洗面所・トイレなどは暖房していない場合が多いです。一般的に、10℃以上の温度差があるとヒートショックが発生する恐れがあるといわれています。

ヒートショックになりやすい人は?

ヒートショックを起こしやすいのは、高齢者・糖尿病患者、高血圧の方です。糖尿病では、自律神経が障害され血圧コントロールが難しくなります。また高齢者など動脈硬化が進行した場合も、血圧の変動が大きくなります。

透析患者の場合は、これらの多くの疾患を抱えている場合が多いので注意が必要です。

ヒートショックの対策

ヒートショックの対策としては、できるだけ家庭内の温度変化を少なくすることです。特に、ヒートショックが起こりやすい浴槽では注意が必要です。

  • お風呂に入る前には、洗面所を暖房する。
  • しっかりとかけ湯をして、体を慣らしてから浴槽に入る。
    (いきなり熱いお湯に入ると血圧が上がります。)
  • 食事前に風呂に入る。(食後1時間は血圧が下がりやすい)
  • お風呂に入る前に飲酒しない。(血圧が下がりやすくなる為)
  • 洗面所に暖房器具を設置する。(すぐに暖かくなるセラミックヒーターがおススメです。
    Amazon⇒Panasonicセラミックヒーター
  • 浴槽内に暖房器具を設置する。(業者に依頼すると、後付けでも設置可能のようです。費用的に難しい場合は、シャワーで浴槽をためるなどすれば、お風呂場を温める効果があります。)

まとめ

ヒートショックで救急搬送されたり、亡くなる患者は非常に多いです。ただ、ヒートショックの場合は原因がはっきりしている為、家庭内で対策をしっかりとることにより発生する確率を減らすことができます。

暖房器具の設置など多少のお金がかかるかもしれませんが、命には代えられません。この機会にぜひ導入してみてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>