透析患者の宅配弁当の有効性について。

宅配

透析患者さんが、日常生活で最も苦労することの一つが食事内容だと思います。体重増加量や採血結果が悪いと、合併症のリスクが増大するだけでなく、透析スタッフにグチグチ説教されたりして非常にストレスが溜まります。

その為、リンが多い食べ物を控えたり、カリウムが上がりすぎないように果物や生野菜を避けたり、水分が増えすぎないように、減塩に気を使ったりなど、毎日大変です。

血液データの管理がうまくいかない原因としては、

「家族が大勢いるので、自分だけ透析食にするのは難しい。」
「透析後は、しんどくて食事を作る元気がない。」
「どうしても外食が多くて、水分、Pが上がってしまう。」

などなど、食事に関して様々な悩みを聞きます。

私自身も、透析患者さんに対して食事指導していますが、自分自身が規則正しく健康的な食事をしているかといえば、そんなことはありません。

忙しいときは、カップラーメンで済ませたり、ファーストフードで済ませてしまうことも多々あります。分かっていても、できないといういことがあるということは十分理解できます。

透析患者さんの食事管理は、できるだけ簡単にできる方法を実行する。ということが重要だと感じます。そこで、今回は「宅配弁当」を利用して血液データを改善する方法を紹介します。私の施設でも、宅配弁当を利用している患者さんがたくさんいます。

食事の手間を減らすためや、リン、水分のコントロールの為に利用していたりしています。

今回は、宅配弁当を利用している患者さんの話を聞いたり、私自身が実際に注文して利用してみて感じたメリットとデメリットについて紹介します。

宅配弁当について

宅配弁当は、弁当を自宅まで配達してくれるサービスです。減塩、低カロリー、低たんぱくなど、様々な種類の弁当があります。

透析患者が宅配弁当を選ぶ場合は、目的に合わせて「タンパクケア」もしくは、「塩分ケア」の弁当を選びましょう。

P、Kが高く、アルブミン値も十分ある場合は、タンパクケア、血液データが基準値内で守れている患者さんは、塩分ケアが目安になります。

タンパクケアの場合は、保存期腎不全患者用の弁当になる為、タンパク質が低めに調整されています。透析患者の場合、そこまでタンパクを抑える必要はありません。

宅配弁当のメリット

宅配弁当を利用すると以下のメリットがあります。

  • 腎臓病食を選べば、食塩・リン・カリウムを下げることができる
  • 食事を作る元気がないときに手軽に食べれる
  • 冷凍タイプを選べば好きな時に食べれる

宅配弁当のデメリット

宅配弁当の一番のデメリットは、コストが高いということです。自炊と比較するとかなり金額が高いです。

宅配弁当の値段は、メーカーや種類によっても異なりますが、腎臓病食の場合は、普通の弁当よりもさらに高いです。特に、1食づつ配達してくれる弁当は一食1000円くらいします。

宅配弁当のコストを抑える方法

コストを抑える方法としては、「冷凍タイプの宅配弁当を選ぶこと」と「週の何回かを宅配食にする」です。

・冷凍タイプの宅配弁当を選ぶ

宅配弁当の値段が高い理由は、発送のコストがかかることです。その為、1食ごとに発送してくれるお弁当はどうしても割高になってしまいます。

冷凍タイプの弁当であれば、まとめて数食分を発送できるので送料を抑えることができ、その分価格を下げることができます。

また、冷凍タイプでは自分の好きな時に食べられるという点が便利だと思います。透析後や、体調がよくなくて今日は食事を作る元気がない。というときに利用すればいいですね。

・週の何回かを宅配食にする

腎臓病用の宅配食の価格は、一食づつ配送してくれるタイプは1回1000円、冷凍タイプでも一食600円程です。これを、毎日朝昼晩と食べていると、月6万~9万円と、ものすごいコストになります。

そこで、週の何回かだけ、弁当を利用するという方法が効果的です。具体的には

  • 晩御飯だけ
  • 昼御飯だけ
  • 透析日のお昼だけ

のように、コストや、血液データなどを見て、決まった日だけ弁当にするだけでも十分に効果的です。

宅配弁当を試してみた

宅配食は、どのようなものなのか実際に注文してみました。

注文したのは、日清医療食品の「食宅便」のタンパクケア7食分です。7食で4340円という事は、一食で620円となります。

コンビニ弁当などと同じくらいの値段です。

宅配弁当

 

配達は、日にち、時間指定ができるので助かりました。冷凍なので受け取り後は冷凍庫に収納しなければならないからです。

注文して数日後に届きました。

配送は、クロネコヤマトの宅急便です。段ボールから中身を取り出して並べてみました。

宅配弁当7食分

7食分ということで、けっこうボリュームがあります。ある程度冷凍庫のスペースを確保しておかなければ入りきらないかもしれません。まあ、最近の冷蔵庫は、冷凍室が広いので大丈夫でしょう。

 

後日、小腹が空いた夜間に食べてみました。

調理方法は簡単。袋の隅を少し切って、レンジで4分温めるだけです。一度温めても、底がまだ冷たかったので、30秒追加で温めました。

出来上がったのがこんな感じ。おかずの種類が多いのがうれしいですね。ちなみにこれは、カレイの照り焼きです。

 

宅配弁当解凍後

成分は以下の通りです。

熱量 タンパク質 脂質 炭水化物 食塩
245kcal 8.8g 13.9g 21.0g 1.6g

ご飯はついていないので、ご飯は別に用意する必要があります。また、それぞれのおかずを、お皿に盛りつけると見栄えももっとよくなります。

食事

※ 腎臓病食なので、透析患者が食べる食事よりもさらにシビアにリンやエネルギーが制限されています。その為、週の何回かを取り入れるだけで、P、K制限しやすくなります。

食べてみた、個人的な感想は以下になります。

  • 素材の味が生かせているのでおいしい。
  • 塩味は少ない。その分、素材の味がよくでている
  • おかずの種類が豊富なのがうれしい。
  • 腎臓病食という事で、ボリュームがやや少ない。ご飯を多めに用意すると良い。

一番心配していたのが味でしたが、実家のお母さんが作ってくれた手料理のような味です。弁当に入れるような、冷凍食品とは一味違います。

※ その他の弁当も後日、頂きましたので搭載しておきます。

 

宅配食1 宅配食2
 宅配食3  宅配食4

 

宅配弁当のまとめ

今回、初めて宅配食を試してみましたが、食べたいときにいつでも食べれるということが一番の長所だと感じました。毎日利用するのは、コストがかかりすぎるので、透析日の昼だけといった感じで、週に数回取り入れるのがいいと思います。

透析患者さんはもちろん、忙しい一人暮らしの医療従事者にもオススメです。

 



次の記事>>>透析患者に使える健康食品

目次に戻る>>>透析患者の食事管理