看護師の昇給額って少ないのか?昇給する病院選び方法について

パソコン看護師
パソコン看護師

看護師の昇給って少ないのか?

看護師は、女性の職業の中でも高給取りのイメージがあると思います。実際、現在の日本では、女性の賃金は男性と比較すると低い傾向にありますが、看護師の場合は男性以上に稼いでいる場合が多くあります。

看護師の給料がいい理由としては、基本給が高いことと、夜勤による深夜手当などの額が多いことに起因します。一般的な病棟での深夜手当は5000円~10000円であり、月に5回夜勤をするだけで、かなり高額な手当てがつきます。

ただ、看護師は初任給こそ高いですが、昇給額が少ないのではないかといった意見もあります。下のグラフは、他の医療職の給料を比較したグラフです。

平均給与額

「平成20 年 職種別民間給与実態調査」人事院より

グラフを見る限り、看護師は他の医療職と比較して、初任給こそは高いですが、数十年経過すると、他の医療職に年収が追い越されていることが分かります

このグラフにより、看護師の昇給額は少ないのではないかと不安になったり、疑問に思う学生さんもいるかと思います。今回は、なぜ看護師の昇給が他の医療職種と比較すると低くなっていかを説明します。

昇給するためには

昇給するために重要なのは、昇給額の大きい病院に就職して、実績を残すことが大切です。基本的に、母体がしっかりした総合病院では、それぞれの評価によって昇給する金額が決められています。

A評価であれば、昇給7000円、B評価であれば5000円、C評価であれば3000円などといった感じです。この、評価による昇給額は、病院により異なります。A評価でも昇給が3000円だったり、1000円だったり、500円だったりとそれぞれの病院により異なります。

基本的に公的病院の場合では、最高の昇給が、年に5000円程度、私立の総合病院では1000円~3000円程度のところが多いのではないでしょうか。病院の経営が悪くて赤字の施設では、昇給が0だったりすることもあります。

長い目で見て、生涯収入を増やすなら、初任給が安くても昇給額の大きな、公的な病院(市民病院,大学病院,労災病院,済生会病院,赤十字病院)などに就職することが必要です。ただ、これらの総合病院の看護師業務は、とても忙しかったり大変だそうで離職率も高いです。

まず、昇給するためには公的な総合病院に就職することが、看護師に限らず臨床工学技士を含む他のコメディカルも必須です。