病院職の給料の順番は?給料の高い職種ランキング

医療職の給料は?

病院内ではたくさんの職種が働いています。学生のみなさんが職種を選択する上で大切なことの一つに給料があげられると思います。
今回は、病院内の給料の序列について紹介します。この順番は、病院によっても多少上下入れ替わると思いますが、一般的なパターンを独断と偏見で紹介します。

給料の順番

1位 医師

病院内の職種で一番高給取りは、Drです。勤務医のDrの平均年収は1200万円程度だそうです。たぶん、同年代のコメディカルや看護師と比較すると2倍以上もらっているんじゃないでしょうか。

まあ、医師の給料も施設によって全然変わってくるので、医局の方針で安い病院に飛ばされても、どうすることもできないのが医師の悲しい点です。

医師は、勤務時間外でも電話がかかってきたりして、ほぼ拘束されています。その為、医師は24時間働いているといっても過言ではありません。

時給に換算したら私たちと変わらないのではないかと感じることもあります。ちなみに、医師にもういちど人生をやり直せても医師になるかと聞いたところ、大半の人がならないといっています。

とても興味深い話ですね。

2位 薬剤師

薬剤師は、養成校に6年間通わないと取得できないようになりました。その為か、病院全体で薬剤師の基本給が近年上昇しているように感じます。

基本給のほかに薬剤師手当5万円といった感じで、大きな手当てがつく病院が増えています。将来的には、調剤ロボットの普及により、薬剤師の需要はなくなるのかといった考えもありますが、まだまだ先の話だと思います。

薬剤師の場合は、正社員以外でも、手軽に薬局でアルバイトができるし、時給も2000円以上とかなり高いのがとてもうらやましいです。臨床工学技士のアルバイトなど地方じゃなかなかありません。

ちなみに、有名国立大学の薬学部にいくような人は、企業の研究室に就職するため、医師並みに高年収です。

3位 看護師

看護師は、初任給や30代くらいまでの給料は他のコメディカルよりも多い傾向にあります。夜勤手当がでかいのでしょう。ただ、年齢が上がるにつれて、子供ができたりすると、夜勤の回数など限られてくるので、給料の伸びが今一つなようです。(看護師の昇給額って少ないのか?昇給する病院選び方法について参照)

良い点は、看護師がいない病院はどこにもないので、常にどこでも求人があることです。団体の力もめちゃくちゃ強いので生涯仕事に困ることはないでしょう。

4位 コメディカル・事務

多くの病院は、コメディカルより事務のほうが少し基本給が少ないようです。コメディカルはたくさんあり選択に悩むでしょうが、総合病院においては、基本給はどれも同じです。3年生卒と4年生卒では、多少の金額の差があります。

今思えば、1年くらいなら、4年行って学士の資格を取得してたらよかったと感じます。そのほうが、病院以外の、学校の講師やメーカーなど、活躍できる場所が増えるからです。メーカーでは、3年卒と4年卒では、基本給が初めから2万円3万円違ったりします。(テルモなど)

社会人になってから再び、学士をとるのはとても大変そうです。できることなら4年生をお勧めします。

5位 看護助手

一番給料が低いのは、看護助手です。基本給は、13~15万くらいだったと思います。無資格や高卒で慣れるのでまあ、しょうがないです。ただ、看護助手さんの中にも、かしこくて人格的に優れているような、尊敬できるような方がたくさんいます。

まとめ

基本的には、日本の病院職員の給料は、一般の大企業と比較すると少なめです。

病院関係の職種で年収1000万円を超えるのは、医師くらいしかないと思います。金を人並み以上に稼ぎたい場合は、医療職は向いていないと思います。

スポンサードリンク