IABP(大動脈バルーンパンピング)の効果とは?

IABPとは

IABPとは、intra-aortic balloon pumpの略称で、大動脈内バルーンパンピングといいいます。IABPは心機能が低下した場合の補助循環に使用されます。

具体的には、下行大動脈にバルーンカテーテルを留置し、ヘリウムガスによりバルーンを拡張・収縮させて循環を補助します。

心臓カテーテルを実施している施設では、臨床工学技士が装置の操作・保守点検にかかわると思います。今回は、IABPの基本的な知識について紹介します。

 

IABPの効果

IABPでのバルーンは、ECGや動脈圧を検知して、心臓の拡張期にバルーンを拡張させて、心臓の収縮期開始直前にバルーンを収縮させます。それぞれに、循環補助効果があります。

IABP
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/target-doctor/peripartum-cardiomyopathy.htmlより引用

バルーン拡張によるの効果

心室の拡張期にバールーンを拡張させることをインフレーションといいます。バルーンを拡張させることにより、拡張期圧が上昇します。これにより

・冠動脈への血流増加(5~15%)
・脳・腎血流量の増加

などの効果が期待されます。

 

バルーン収縮による効果

心室の収縮期直前にバルーンを収縮させることをデフレーションといいます。バルーンを収縮させることにより、心臓の後負荷(左室の負担)を軽減することができます。

収縮させることにより、順行性の血流(心室の拍出する血液)をアシストすることができます。

 

IABPの適応

・急性心筋梗塞
・虚血性心疾患
・心原生ショック
・体外循環離脱困難
・術後低心拍出量症候群
・心臓カテーテル検査時の血行動態補助

上記のような、心機能低下による心拍出量が低下した場合に、循環を助ける場合に使用します。

 

IABPの禁忌

・大動脈弁閉鎖不全
重篤な大動脈弁閉鎖不全では、左室への血液の逆流により心室圧が上昇してしまうことがあります。

・胸腹部大動脈瘤
瘤が破裂してしまう恐れがあります。

・大動脈~腸骨動脈の石灰化
血管が石灰化している部位にバルーンが触れるとバルーンが破れてしまうことがあります。

・末梢循環不全
下行大動脈にバルーンを留置するので、下肢虚血の恐れがあります。

スポンサードリンク