院内での情報管理の徹底について(USB紛失対策)

USB

情報管理の徹底

医療従事者は、患者のプライバシーを徹底する必要があります。各医療職の国家資格の文面にも、守秘義務という形で記載されています。皆さんは、プライバシーや守秘義務の徹底ができているでしょうか?

ある病院では、親戚が入院したからと業務に関係なく、患者の電子カルテを開いて、他人に話したことにより、患者本人に訴えられて賠償金を請求されました。特に、最近は、電子カルテの導入により、医療スタッフは誰の電子カルテの内容でも簡単に見ることができてしまいます。

業務に関係のない電子カルテを見ることは、病院規定にも違反していますし、管理者にみつかると懲戒処分になります。

また、悪気がなくても、患者のプライバシーを侵害してしまう場合があります。患者情報を記載した、メモ帳を紛失したり、患者データーの入ったUSBを紛失したり、パソコン内のデーターがウイルスに感染して、情報が漏れてしまったりなどです。

特に、USBは小さいので、なくしてしまう事故が相次いでいます。

<USB紛失のニュース一覧>
兵庫医科大学
群馬医科大学
県立医療精神センター
名古屋大学医学部付属病院
石川県立中央病院
愛媛県立新居浜病院

これらは、公表されているものだけであり氷山の一角です。

一般的な企業では、情報流出の管理が徹底されています。社内にUSBメモリや自分のパソコンを持ち込めなかったりなど細かな規則があります。情報が漏れることにより、世間の信用度が低下したり、情報が盗まれるのを防ぐためです。

一般的な会社にとって情報の流出は、会社がつぶれてしまうような損害になります。ベネッセは、情報流出により、多大な損害を受けました。

病院の場合は、患者情報が漏れても患者さんに迷惑がかかるだけで、それほど病院には、被害が出ません。自分たちに影響がないから情報管理が甘いのではないでしょうか。情報の流出の事故は、会社と比較して病院が圧倒的に多いです。もうちょっと、しっかり情報を管理してほしいと思います。

情報を漏らさない対策

仕事とプライベートでパソコンを分ける

情報を漏らさないようにするためには、プライベートで使う道具と、仕事で使う道具をしっかりと分けることです。特に、パソコンがウイルスに感染してしまったら、情報がすべて盗まれてしまいます。仕事用のパソコンと遊びで使うパソコンは分けたほうが良いです。

USBに患者データを入れない

USBってすぐになくなります。どこかのパソコンに刺しっぱなしにしてしまったり、落としてしまったり、小さいから存在感がありません。したがって、USBメモリには、患者情報などの重要なデータは、なるべく入れないようにしたほうがいいです。

どうしてもUSBに、患者情報を入れたい場合は、セキュリティー対策がされたUSBメモリを使うといいです。少し値が張りますが、指紋認証USBメモリというものもあります。

まとめ

私自身も、整理整頓が苦手で、持ち物をよくなくしてしまいます。その為、スマフォ、PCにはロックをかけたり、指紋認証USBメモリを使用したりして、できるかぎりのリスクを抑えるように努めています。

みなさんも、情報管理をしっかりおこなって、USBを紛失して懲戒処分をされないように気を付けてください。

スポンサードリンク