臨床工学技士の採用試験での面接で聞かれる『質問内容』について!

面接今回は、臨床工学技士の採用試験の面接で聞かれる『質問内容』について紹介します。以下の質問内容は、面接時にたいてい聞かれます。事前にどのように回答するか、紙に書いてまとめておくことをお勧めします。

それでは、さっそく紹介しますね。

SPONSORED LINK

新卒の場合

自己紹介をしてください?

『○○大学○年○○です。』元気にはっきりと答えましょう。

志望動機は?

なぜこの病院を選んだのかを、説明しましょう。病院見学にきておけば、より答えやすいと思います。

長所と短所を教えてください。

短所の説明では、それを改善しようと努力していることも説明しましょう。

学生時代に頑張ったことは?

臨床工学技士を目指した理由は?

ポジティブな回答を!

どのような臨床工学技士になりたいか?

明確な、将来の目標を答えましょう。

趣味はなにかありますか?休みの日は何をしていますか?

趣味は、アピールできそうな趣味にしましょう。『読書、映画鑑賞、音楽鑑賞』は、かなり典型的な回答ですので、本当は無趣味なのではないかと疑われます。

読書と回答するのであれば、どのような本をどの程度の頻度で呼んでいるなど、具体的に回答しましょう。間違っても、パチンコやマージャンなど答えないように。

なにか質問はありませんか?

必ず何か聞かれるので考えておきましょう。何も聞かないというのは、興味がない・意欲がないと思われます。

無難な回答としては、『貴院では、どのような人材を求めていますか?』とかですかね

国家試験は、受かりそうか?

間違っても、『分からない』などと答えないように。こうこうこういう理由で大丈夫であると思います。と説明しましょう。

ME2種は、持っているか?持っていない場合なぜ不合格となったのか?

学生の場合、ME2種に落ちていると採用試験でかなり不利になります。国師の合格発表は、3月なのでそこで不採用になって、求人を出しても、応募がないからです。なぜ落ちたのか、それを反省してどのように勉強しているかを答えましょう。

 

留年者の場合

なぜ、留年しているのか?

『頑張ったけど、留年しました。』というような回答は、実はよくありません。真面目にしているのに、留年するということは基の能力が低いと思われます。留年した理由を明確にして、それを反省して今はどのように改善して取り組んでいるのかを説明しましょう。

 

中途採用の場合

なぜ辞めたのか?

前の職場での悪口を言わないように!嘘でもポジティブな理由を!

またすぐに辞めたりしないか?

まとめ

面接官は、質問の回答内容だけでなく、話し方・ふるまいも見ています。しっかりとした姿勢で、相手の顔を見ながらはきはきと回答しましょう。緊張しているのは、そんなに悪い印象を与えることはありません。元気がいいのが好印象です。

人気のある施設は、競争率が高くて落ちる可能性のほうが高いのが現状です。求人中の病院をたくさん探して、たくさんチャレンジすることが大切です。ちなみに求人中の病院探しは、求人紹介サイトを利用すると、求人中の病院を自分の代わりに探してくれるので便利です。

スポンサードリンク


こちらも合わせてどうぞ 1.食事管理方法をまとめ!→食事管理まとめ
2.ゲームで医学の勉強をしよう→任天堂DSの医学学習ソフト
3.透析おすすの本を紹介!→看護師・技士におすすめの本


2 件のコメント

  • 突然失礼します。いつもブログを拝見して、勉強させていただいております。
    私は臨床工学科の4年生で就職活動中です。神奈川県内の総合病院で働きたいと思い、病院の採用を聞いたりするのですが、ほとんど募集しているところがなく本当に就職できるのか不安になってきました。
    もちろん国試の勉強を優先して生活しますが、年内に内定をもらいたいと思っています。
    ですが、採用する病院がないとなると焦りを感じています。
    この時期はまだ求人が出る病院は少ないのでしょうか。または、県外も探してみないといけないのでしょうか。
    先生に聞いても頑張ってとしか返ってこなくて不安です。
    長々と申し訳ありません。
    お忙しくなければ、返信をいただけると幸いです。

    • 今の時点では、まだまだ求人は少ないと思います。ただ、神奈川県など関東の総合病院では求人に対する募集者も多いので壮絶な戦いになると思います。公的病院などでは、一般教養などの筆記試験などもありますので、教養の勉強をすることは当たり前ですが、明確な目標をもって、自分自身をしっかりとアピールできるように学生生活で努力することも大切だと思います。地域を限定しなければ総合病院の就職は可能と思いますが、県を限定するともしかすると難しいかもしれません。ただ、数多くの募集者の中から自分自身をアピールできる何かをしっかりと身に着けておくことが大切だと思います。私は、総合病院から個人病院に転職しましたが個人病院は個人病院でたくさんいいことがあります。どうしても総合病院がいいなら、地域を限定しないで数多くの施設を受験することが大切です。たくさんの就職試験を受ければ面接や試験の練習にもなりますので。自分自身も、地域を限定しないで、4つ程度の総合病院を受験して、年明けに何とか採用が決まりました。どうしてもそごう病院がいいなら、常勤などにもこだわらずに臨時などでも受験してみるといいと思います。総合病院に就職するメリットは、たくさんの経験を積めることだと思います。お金にこだわらないで、独身ならは非常勤などでもいいと思います。経験を積んで、転職というてもあります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です