ips細胞移植で急性腎不全の抑制に成功!

試験管

試験管
京都大ips研究所とアステラス製薬らのグループは、動物実験により、ips細胞を腎臓に移植することで急性腎不全の症状を抑えることに成功したようです。2015年7月21日の米国科学誌に、その論文が搭載されました。

具体的には、ips細胞から作製した、腎臓細胞の基となる腎前駆細胞をマウスに移植して、急性腎不全の症状を抑制することができたようです。

急性腎不全といっても、いろいろな種類がありますが、今回の急性腎不全は、腎臓そのものがダメージを受けている、腎性の急性腎不全です。

というのは、尿細管の壊死や線維化などの症状が抑えられたと記載されていたためです。

 

京都大学の長船教授によると『急性腎不全だけでなく、慢性腎不全の人にも効果が期待できる』と話しました。

ヤフーニュース

 

今までも、ips細胞から腎臓の一部(糸球体など)の細胞を作れたという論文はたくさん発表されていました。他の臓器においても細胞までは造れても、立体的な臓器は、なかなか難しいようです。

それらの論文を見て、腎臓がまるまる作製されて移植に実用化されるのは、まだまだ数十年先だと考えていました。

 

しかし、今回のニュースを見てみると、完全な腎臓という臓器を作製できなくても、腎臓の細胞の一部を移植することで、腎機能を回復することができるということが証明されました。

ips細胞移植により、慢性腎不全を完治させることができるのは、すぐに目の前まで来ているようです。早く、この方法の安全性が証明されて実用化されることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>