透析量の目安であるKT/Vとは!?

KT/Vとは

KT/Vは、ケイティーパーブイまたは、ケイティオーバーブイと読みます。KT/Vは、透析量(透析時間、血流量など)が十分に足りているかを判断する目安の1つとして使われます。

Kは(尿素のクリアランス)、T(透析時間)、V(体液量)を表します。式の意味としては、「K×T」 により透析中に毒素が何ml除去できたかが、求められます。さらにK×TをV(体液量)で割ることにより、透析により、体液全体が何回洗浄されたかが求められます。

KT/Vを詳しく

【K(クリアランス)】
Kは、ダイアライザのクリアランスを表します。クリアランスの単位は、ml/minです。したがって、1分間に浄化できる毒素の量を表します。KT/Vの計算では、尿素のクリアランスが使われます。尿素を使う理由は、血液、細胞外液、細胞内液のどこの部分も同じ濃度で分布しているからです。

ダイアライザのクリアランスは、添付文書に記載されていますが、基本的に血流量200ml/min、透析液流量500ml/min、除水0ml/minの時の値が示されているだけです。

実際にそれぞれの条件がことなる、患者の透析中のダイアライザのクリアランスを求めるのは、難しいようです。

【T(透析時間)】
Tは、透析時間を表します。単位としては、min(分)で表します。透析時間については、それぞれの患者で決まっているので、おおよその時間は算出することができます。

【V(体液量)】
Vは、患者の体液量を表します。血液透析では、血液の毒素を除去するのではなく、体液すべての浄化を行う為です。

体液量の単位は、mlをで表します。ただ、体液量は年齢・性別、体脂肪の量により、体重での比率が異なります。それぞれの患者の体液量を正確に求めるのは困難です。

KT/Vの求め方

上記したように、K、T、Vそれぞれの値を正確に求めることは、難しく、単純にK×T÷Vを計算して、KT/Vを求めることはできません。そこで、それぞれの値が分からなくてもKT/Vを求める方法が考えられました。

代表的なKT/Vを求める式は以下のよなものがあります。

・Daugirdasの第2世代公式
KT/V=-Ln{透析後BUN/透析前BUN-0.008×透析時間+(4-3.5×透析後BUN/透析前BUN)×除水量/透析後体重}

Lnは、自然対数の計算です。電卓があれば、簡単に計算できます。
旭化成のHPでは、数値を入力するだけでKT/Vが求められるページが用意されています。

KT/Vの目標値

KTV

上の図は、日本透析医学会での、KT/Vと死亡率の関係を表したグラフです。KT/Vが1の時の、死亡率を1とした場合の死亡率を表しています。図を見る限り、KT/Vの値が上がるほど、死亡率が下がることが分かります。

最低でもKT/Vは1.2以上、できれば1.4以上であることが望ましいとされています。KT/Vを上げるには、KとTを上げることです。血流量をあげたり、透析時間を延ばすことでKT/Vは比較的簡単に上げることができます。

体格が大きい人は、V(体液量)が多い為どうしてもKT/Vが低くなってしまいます。体格が大きい人は4時間の透析では、基本的には透析不足になってしまいます。KT/Vを1.4以上にするにはどうしても、5時間6時間と、透析時間を延ばす必要があります。

透析時間を延ばすことは、透析患者はかなり嫌がります。透析時間を延ばすメリットをしっかりと説明して、なっとくしてもらい、十分な透析量を確保できるように努めなければなりません。


にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

2 件のコメント

  • こんにちはtaka様 いつもブログ大変興味ぶかく読ませて勉強させてもらってます。
    私は電子工作を趣味としていろいろ情報をUPしています。
    もしよろしければホームページのぞいてみてください。
    また、最近はiphoneアプリの制作も行っています。
    iphoneを持っていなければダウンロードできないのですがもしよろしければ、アプリを使ってみてください。

    透析管理アプリhttp://wp.me/P3WgFA-5O
    ダイアライザー検索 http://wp.me/P3WgFA-iB

    すべて無料です。
    作ったはいいものもぜんぜんダウンロードされず悲しくなってきてます・・・。
    freeアプリですので、もし気に入っていただけたら、ブログ等でも取り上げていただいたら幸いです。
    あと、taka様のブログはお気に入りなので当方のHPでリンクしてもよいですか?
    よろしくお願いいたします。

    • kazurock様コメントありがとうございます。

      ブログ拝見させていただきました。電気・電子に関する知識は相当ですね。送信機を分解修理しているのには、驚きました。

      残念ながら、andoroidを使用している為アプリのダウンロードができませんが、臨床工学技士がアプリを制作しているのはとても珍しいですね。私もアプリの作成には大変興味があります。

      もう少しじっくりブログを拝見させていただいたら、アプリとブログを記事で紹介させていただきますね。

      リンクは、自由にしていただいて結構です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です