臨床工学技士の給料は!?臨床工学技士で年収1000万円は可能か?

お金は大切である

臨床工学技士を目指す学生にとって臨床工学技士の給料は非常に気になると思います。1人で食っていく分には、月に18万程度もらえれば食っていけますが、結婚して家庭を持ったり、子供ができたり、家を建てたりと、一般的な生活を送ろうと思うとそれなりにお金がかかります。

入社当時は、『お金のために仕事をしているのではない!患者さんに役立つことがしたい。たくさん経験を積めるなら給料は安くてもかまわない!』と思っていました。

しかし、結婚して子供ができて車・家のローン、保険、税金やら払うと、とてもじゃないですが足りません。一時期、お小遣い0円、アコ〇で借金して生活していたこともあります。今は、共働きをしてなんとか生活できていますが、貯金もできていませんし自由に使えるお金もほとんどありません。

幸い、私の施設では定期昇給があるので、何年か後には、少しは余裕がでるかと希望はありますが、ほとんど昇給しない施設もおおいです。今回は、臨床工学技士の給料についてまとめてみました。

SPONSORED LINK

臨床工学技士の給料

3年生過程と4年生の給料の違い

臨床工学技士の養成校は、専門学校(3~4年)と大学(4年)のどちらかを選択することになります。授業料などのことを考えると、3年の専門学校に通ったほうが得と考えるかもしれません。ただ、可能であれば4年制大学に進学することをお勧めします。その理由について以下に紹介します。

10年ほど前は、臨床工学技士の養成校のほとんどは専門学校でしたが、現在では多くの私立大学で臨床工学科があります。

大学が少なかった当時は、病院に就職する場合、専門学校だろうが大学だろうがそれほど採用に影響しませんでした。(東大病院なども地方の専門学校から採用されています。また、大卒は頭でっかちで扱いづらいというマイナスの評価をされていたこともありました。)

現在では、大学の数が増えてきたことや、学校の乱立などにより専門学校の生徒の質が低下しており、『専門卒は採用しない。』という透析クリニックや総合病院も増えています。

病院勤務の場合の給料については、3年卒と4年卒では、基本給が5000円程度の差があるところが多いです。これが、メーカーや企業に就職する場合は、もっと差が大きかったりしますし、昇給・昇進にも影響します。(2~3万程度差がある)

まあ、個人的に上記の理由はまだまだ大したことないです。

もっとよく考えておかなければならないことは、これから臨床工学技士という仕事が一生あるか分からないということ。もしかしたら、透析病院では需要がなくなりリストラされるかもしれません。そういったときには最悪、他の仕事を探さなければなりません。

そういときに、専門卒と大卒では選択肢に大きな差が開きます。心理系の資格、一般企業の受験資格、家庭教師のバイト採用条件などなど、いろんな場面で大卒の資格というものが必要になります。

(私も勢いで仕事を辞めた後は、求人が見つからなかった為、家庭教師のバイトで何とか生活費をつなぎました。時給が2000円と技士より良かったりします。)

また、病院で働きながらさらに勉強がしたいと考え、大学院の進学を考えたときなど、専門卒なら通信で大卒の資格を取得しなければなりません。ものすごく時間と労力が必要になります。

設備の充実度や、講師の質、将来的なつぶしが効くという点で有名な4年制大学を目指すのが一番よいと考えています。(ていうか国立大学はいつできるのだろう・・・)

看護師と比較した臨床工学技士の給料

初任給では看護師のほうが給料が高いです。看護師と臨床工学技士などのコメディカルと比較すると2~3万円程基本給が看護師のほうが高い病院が多いです。

また、看護師の場合、病棟勤務では、夜勤が週に4~6回程度あります。夜勤を行うと夜勤手当がもらえて、夜勤手当は5000~10000円とかなり高額です。

看護師の方が確実に、一年目から年収は40万~100万円程高いでしょう。便の交換など下の世話も抵抗ないなら、看護師を選択するほうが賢明です。特に女性の場合はそう思います。

2014年度の全国の年収の平均

日本での民間の会社員の年収の平均は420万円程度です。
これが男性だけだと、500~520万程度だそうです。
公務員を含めると、かなり上昇すると思います。

臨床工学技士の平均年収も民間会社員の男性の平均、もしくはもう少し安いと思います。(ちなみに私は、年収300万円代のボンビーです 泣)

具体的な臨床工学技士の給料(初任給)

下の図は、各病院の臨床工学技士の初任給のだいたいの目安(けっこう適当)です。これに多少の手当てや残業代が付きます。

施設 基本給
国立病院 17 万5千円
公立・市立病院 17~19万円
私立大学病院 17~18万円
中規模の病因 15~20万円
透析クリニック 15~22万円
循環器内科クリニック 15~20万円
レーシック関係 30~40万円
医療機器メーカー 16~22万円
治験コーディネータ 18万円~22万円

大きな総合病院は、比較的安定した給料です。国公立や市立の病院では、基本給は、やや安いですが、昇給額が年間5000円~7000円程度と昇給額が高く、将来的には良いと思います。済生会系列の病院や農協病院なども、似た傾向です。ただ、入社試験では倍率が高く競争率が高いです。

私立の病院は、病院により全く違いますが昇給額は少なめです。その病院で、臨床工学技士が重要視されていれば、給料は高く、重要視されていなけらば安いのでしょう。たぶん、2000~3000円くらいが平均でしょう。

(2000円ということは、10年働いても基本給が2万円しか上がりません。私が前に勤めていた総合病院では、一年で1万円くらい昇給することもありました。昇給額は非常に大切だとしみじみ感じています。)

品川クリニックなどのレーシックの機械をメンテナンスする仕事にも臨床工学技士が募集されています。基本給は、かなり高めに設定されています。(現在、レーシックの募集は見かけません。10年ほど前は、儲けていたので好待遇で募集されていましたが、現在では多くのレーシックの施設が潰れてます。働いていた技士はリストラされたのでしょう。もともと将来性は??と言われていました・・)

このように今ある仕事がこの先永久にあるとは限らないので、この先も需要がある診療科か?生き残れる病院(企業)かを考えて就職先を選びましょう。(ヤバイ病院に勤めている場合は転職か、副業したほうがいいかもしれません。)

臨床工学技士で年収1000万は可能か

病院勤務の臨床工学技士で年収を1000万円超えている人を1人だけ聞いたことありますが、ほぼ不可能だと思います。看護師の病院でのトップである看護部長などでは、年収1000万円超えはごろごろいますが、臨床工学技士の場合は、聞いたことありません。

管理職であっても年収で600万円~700万円もらっていれば、多いほうだと思います。医療費が削られている現状では、透析クリニックの儲けも大きく下がっています。

臨床工学技士と他のコメディカルとの給料比較

コメディカルは、基本的に基本給は同じです。臨床工学技士の場合、自宅待機や夜間の呼び出しが多いのでそういった手当が他のコメディカルよりは多くつくと思います。(リハビリなどと比較して)

また、臨床工学技士は、まだまだ人手不足というか、病院があまり採用してくれないので、総合病院の場合、定時に仕事が終わらないことが多いです。残業代をきっちり払ってくれる病院では、給料も増えます。

透析だけの施設では、残業は少ないと思いますが、透析では、準夜勤といって、昼から出勤して夜中まで働くという不規則な勤務もあります。準夜勤の場合、施設により2000円~5000円程度手当が出ます。

臨床工学技士で一生食っていけるか

これは、学生のとき自分も悩んだことの1つです。学生時は、暇なので悩む時間がたくさんあり、よく悩んでいました。また、臨床工学技士科に進学しても、臨床工学技士の実際の業務については全くピンときません。

2ちゃんねるやインターネットでは、臨床工学技士についてボロカスに書かれていて、臨床工学技士の学校に進学したのは間違いだったのかと思ったりしました。

これは個人的な意見ですが、自分の場合は、たぶんそこそこ食っていけるだろうと思います。(思っていました。)それは、就職した病院に恵まれていたからです。

・福利厚生がしっかりしている。
・病院が学会の出張費を払ってくれる
・定期的に昇給する。
・昇給額が良い
・臨床工学技士の長は、やる気がある。
・臨床工学技士の病院内の認知度がある。
などです。

技師長がやる気があるので、業務をどんどん広げて、病院内で臨床工学技士の評価が上がっているのを実感します。

病院内の評価が上がると、臨床工学技士全員の昇給や昇進にもよい影響が出ます。

そういったことを考えると、新卒時の病院選びはとても大事だと思います。優秀な技士がいる施設に就職して、仕事の技術、仕事のに対する考え方を学ばなければなりません。

施設によっては、腐った技士がたくさんいます。そういう技士に指導された新人は同じような道をたどります。

臨床工学技士の給料まとめ

臨床工学技士の資格は、誕生して新しい為、病院によっては、認知度が低かったり待遇が悪いところも多いです。公的病院や総合病院では、定期昇給が安定しておりそこそこの生活を維持することができます。

医療職で給料の高いのは、医師、看護師です。薬剤師は、看護師よりやや安かったりします。高い年収だけを目指すのであれば臨床工学技士は選択しないほうがいいです。総合病院で勤務していた時に、業務の重要性の割に給料が非常に安いと感じていました。

この仕事は、好きでなければモチベーションを維持していくのは難しいです。

 

臨床工学技士の年収についての臨床工学技士会のアンケート結果は以下を参照ください。

臨書工学技士の年収(業務実態アンケート)