臨床工学技士の養成大学の偏差値と勉強法について

10年ほど前は、臨床工学技士の養成校は、ほとんどが専門学校であり、4年生大学はほとんどありませんでした。しかし、最近では工学系の大学も臨床工学学科を新設したりして、全国各地に臨床工学技士の養成大学があります。

ただし、国公立大学には相変わらず、臨床工学技士の養成校ができていません。技士会や連盟は、厚生省に依頼をしているようですがまだまだ、実現は困難なようです。

 

臨床工学学科の養成校の偏差値

順位 大学 偏差値 試験科目
1 北里大学 54 3教科
【数学】数Ⅰ・数A・数Ⅱ・数B
【理科】物理、化学、生物から1つ選択
【外国語】コミュ英Ⅰ・コミュ英Ⅱ・英語表現
2 杏林大学 53 3教科
【必須】英語
【2つ選択】数学(Ⅰ・A)、物理、化学、生物
2 近畿大学 53 3教科
【必須】英語、理科
【1つ選択】国語、数学
4 藤田保健衛生大学 52 3教科
【必須】英語
【2つ選択】数学(数Ⅰ・A・Ⅱ)、物理、化学、生物
5 川崎医療福祉大学 51 2科目
【必須】数学(Ⅰ)
【1つ選択】英語、国語、日本史B、世界史B、物理、化学、生物
※理科科目は、2科目で1科目として扱う
5 広島国際大学 51 2教科
数学(1・A・2・B)、英語から1つ選択
国語、地歴、理科から1つ選択
7 中部大学 50
8 日本医療科学大学 49
9 帝京平成大学 48
9 桐蔭横浜大学 48
11 東海大学 47
11 鈴鹿医療科学大学 47
13 徳島文理大学 46
13 純真学園大学 46
13 千葉科学大学 46
13 埼玉医科大学 46
17 大阪電気通信大学 44
17 岡山理科大学 44
19 藍野大学 44
20 姫路獨協大学 40
21 東亜大学 36
22 九州保健福祉大学 35
北海道科学大学

代々木での偏差値は、上記のようになります。他の医療系学科と比較すると、偏差値は低めです。また、受験科目は2~3教科と少ないため、学習は比較的楽です。

 

臨床工学学科受験の勉強法

医療系の試験内容は、比較的優しい問題が多く、問題数が多いのが特徴です。そのため、優しい問題を素早く説く力が必要とされます。受験対策としては、過去問を数年分説いて、出題傾向と難易度を把握して、あとは同程度のレベルの問題を正確に素早く説く練習をすることです。

スポンサードリンク