医学書買取サイトの利用レビュー

段ボール

医学書の処分方法

あなたの部屋の、本棚はすっきりと整頓されているでしょうか?私の場合は詰め込みすぎたり散らかって、必要な本を探し出すのに苦労しています。

学生時代に使っていた教科書、国家試験の過去問など、捨てないとどんどん本は溜まっていきます。私は毎月たくさんの本を購入している為、本棚はどんどんたまっていき置き保管場所がなく困っています。

一度購入した本は、思い入れがあったり、いつかまた使うかもしれないと思ってなかなか捨てれません。しかし、実際のところ数年以上使っていない本が大半です。

たくさんの本をよんで勉強しようとしても、時間にも限りがあり全てを読み直すことはできません。いろんなことを同時に勉強しようと思って手を出しすぎると、どれも中途半端になり臨床で役立つレベルまでもっていくことができません。

勉強するときは、本当に必要なもの1つにしぼって勉強することが大切だと思います。

 

ということで、おもいきって本棚の本を大量に処分しました。

ただ、古紙回収として捨てるのも少々もったいないので売却することにしました。今回は、医療書籍専門サイトで買い取ってもう方法で処分しました。なぜ専門サイトで処分したのか、どのような手順で処分したのかについて紹介します。

SPONSORED LINK

医療書籍を処分する方法は?

大量の本を捨てる方法としては、以下の方法があります。

1.古紙回収
2.ヤフオク・メルカリ・Amazon
3.医療書籍専門の買取

それぞれの短所・長所を簡単に説明します。

「1.古紙回収」

もっとも手っ取り早く捨てれる方法は捨てるという方法。ただ、なん万円もはたいた本を処分するのはもったいないです。それに、古紙回収は月に2回くらいしかありません。捨てるタイミングが難しいし、ひもで縛ったりするのが面倒です。

「2.個人売買」

高額で販売するなら、ヤフオク・メルカリ・Amazonなどで一冊ずつ出品するのが高く売れます。ただ、数冊だったらいいんですが、10冊以上となると一冊ずつ写真を撮って出品するのは労力がいいります。

それに、いつ売れるかわからない。発想に手間がかかる。などなど、大した儲けにならないのに、手間と時間をかけて販売するのはお勧めできません。

「3.医療書籍専門買取サイト」

ということで今回は、医療書籍専門の買取サイトを利用しました。医療書籍専門買取サイトは、医療書籍に特化した古本買取会社です。

一般的に、医療書籍は高価ですが、街角のブックオフなどで売却しても需要が少ない為、安くたたかれます。専門の本屋で売ることで少しでも高く売ることができます。

今回私が利用したサイトは、「「メディカルマイスター」です。アマゾンで中古書籍を購入したときにチラシで知りました。利点としては以下のようなことが紹介されていました。

  • 1点ごとに人気や需要を見て買取価格を判断
  • 人気の高いものは発行年度に関わらず高価買い取り
  •  買取は宅配便の着払いで何箱でも全国送料無料
  • 2016年度の総買取件数25000(2万5千)件
  • スピード査定では到着翌日から3営業日以内に買取代金のお支払い
  • 押し印、書き込みOK

とりあえず大手なので安心でしょう。

メディカルマイスターの使い方

実際に、不要な医療書籍を「メディカルマイスター」で売却したので、その手順と何円くらいで売れたのかを紹介します。

①まずは、メディカルマイスターのホームページにアクセスします。

②ページの右上にある『買取申し込み』をクリックして、買取申し込みフォームを開きます。

③買取ファームにて下に進んでいき、自分の情報を入力します。「名前、住所、メールアドレス、電話番号」を入力します。

④本が売れた場合の、報酬をどのように受け取るかを4つの方法から選択してくクリックします。

方法によっては手数料がかかるので、銀行振込もしくはアマゾンギフト券払い(買取金額5%アップ)がおススメです。

⑤銀行振り込みを選択した場合は、「お支払先銀行口座」を入力します。

⑥査定方法は、2通りの方法があります。査定終了後、自動で査定金額を支払ってもらう「査定自動承認」、1点毎の個別の査定結果を伝えてもらい、こちらが承認して査定金額を支払ってもらう「個別査定」。

さっさとすべての本を処分したい場合は、査定自動承認(買取価格5%UP)を選びましょう。

⑦お値段のつかない商品の処分方法を選択します。処分は無料ですが、返却する場合は送料がかかりますのでご注意。(私は、処分を選択しました。)

⑧本を発送するための段ボールを持っていない場合は、発送してもらえます。

⑨その他、要望や質問があれば入力します。なにもなければそのまま申し込みをクリックします。

以上で申し込み完了。

買取受付番号が表示されて、確認メールが送信されます。これにて受付は完了。あとは、不要な書籍を発送するだけです。

 

自分の本棚から、不要な本をチョイスして段ボールに詰め込みます。

片づけ前

上の写真は現在の本棚、定期定期に整頓しているので思ったよりは綺麗ですがパンフレットやファイルなどでごちゃごちゃしています。

この中から不要な書籍をピックアップします。全部で32冊ほどになりました。

※ 捨てる基準としては、半年以上使っていない書籍、認定試験の過去問、国家試験の過去問集、古い本としました。

不要な本

これが今回処分する書籍。スーパーでもらった段ボールに詰め込みます。

段ボールに入れた本

古物営業法により身分証明書の提示が必要の為、身分証明書(免許証、学生証、保険証など)のコピーを段ボールの中に入れて封をします。

段ボール

書籍を詰め込んでガムテープで封をしたら、発送します。(発送する書籍が10冊以上の場合は、着払いでOKです)

段ボール1~2箱の場合は、「ゆうパック、佐川急便」で発送します。段ボール3箱以上の場合は、ヤマト便の利用も可能です。

※ 全ての配送業者は、営業所に電話すると自宅まで集荷に来てくれるので楽です。(詳しくは、メディカルマイスター(発送方法)参照)

集荷に来てくれたら、着払いの伝票に発送先の住所を記載して荷物を預けます。(営業所に持ち込みも可)

発送して3日後に査定結果のメールが届きました。

 

 

査定結果のメールを以下に搭載。

 

査定結果2

 

結果は、「1687円」でした・・

もしかしたら、0円になるかもしれない!と覚悟していたので買い取ってくれただけでうれしいです。

買取価格が安い理由としては、古くて状態もボロボロの書籍が多かったためです。半分くらいは、買取不能でした。それもそのはず、ほとんどは私が学生の時に使用していた教科書で書き込みだらけ&10年以上前の書籍だからです。

もう少し新しかったり、きれいに使っていれば高く買い取ってくれるかもしれません。

ただ、無料で家までゴミを引き取りに来てくれたと考えると、古紙回収に出すよりも楽だと思います。(ひもで縛ったりする必要もないので)

そして、本棚もこんなにさっぱり片付きました

片づけ前

片付け後

まとめ

医療書籍専門買取サイトの利用は初めてでしたが思ったより高く買い取ってくれてびっくりしました。無店舗型なので、コストを最大限に下げて買取価格を上げてくれているようです。以下にメディカルマイスターを利用した利点をまとめます。

・自宅まで集荷してもらい発送すると、ゴミで出すよりも楽に処分できる。

・不要になった本をほかの誰かの役に立てることができるので地球にやさしい。

・物によれば高く買い取ってくれるのでちょっとした小遣いになる

・不要な書籍を処分すると本棚がスッキリ!

古紙回収の日を待つことなく、さっさと処分できるのが一番のメリットだと思います。不要な書籍で本棚が散らかっている人は「メディカルマイスター」を使うと楽に処分できますよ。