透析患者の栄養指標(nPCR,%CGR,GNRI,SGA,Phase Angle))

栄養指標を紹介

風景
透析患者の生命予後は、栄養状態に大きく左右されることが分かっています。そして、その栄養状態を評価するうえで様々な指標があります。今回は、透析患者の栄養評価によく使われる指標とその計算方法を紹介します。

 

栄養指標の一覧

nPCR

nPCRは、日本語で標準化タンパク異化率のことをいいます。異化とは、分解される・壊されるということを意味します。これは、何を表すかというと患者さんがどれだけのたんぱく質を摂取したかという指標になります。

通常人間の、体は古い細胞は壊されて、新しい細胞が作られ代謝されます。たんぱく質もおなじで、古くなったたんぱく質は、分解されて体外に排出されます。そして、分解された分は、アミノ酸を合成してして新しく作り出します。

このように、たんぱく質の破壊と合成は、同じ速度で行われますので、タンパク異化率はどれだけたんぱく質を摂取したのかを知る指標となるわけです。

nPCRの計算には、透析間のBUNの増加量を使って計算します。たんぱく質は分解されると最終的にはBUNになるからです。計算方法についての詳細は、以前紹介したのでnPCRの求め方についてを参照してください。

ちなみに透析患者のnPCR目標値は、0.9~1.4g/kg/dayです。実際の摂取量よりやや低めに出るようなので、この程度の値が目標となるようです。

%CGR

CGRは、クレアチニン産生速度を意味します。クレアチニンは、筋肉が運動したときに排出される老廃物です。したがって、CGRの値が高いということは、筋肉量が豊富で、よく運動しているということを表します。ちなみに%CGRというのは、同性同年齢で健康な人とCGRを比較した場合のCGRの割合を表したもので%であらわされます。これらの値は、大きいほど生命予後がいいと証明されています。

計算方法はやや長くて面倒ですが一通り紹介します。

面倒な人は計算ツールエクセルでの計算ファイルを配布しているサイトを使うと便利です。

・総クレアチニン産生速度(gtotal)を求める式
gtotal=Cs{7056/A+△BW/BW×240/(72-Td)}
A=3864+(7.8×Td+411)×Ln(Cr/Cs)-1.5×Td-1449/{(0.019×Td+0.999)×Ln(Cr/Cs)-(0.00367×Td-0.0219)}

・経口的に摂取したクレアチニン産生量(gext)を求める式
gext=7.79nPCR×nPCR-7.91nPCR+1.93

・クレアチニン産生速度(gint)を求める式
gint=gtotal-gext

上記で求めた、gintを下の式に代入することで求められます。

%CGR(%クレアチニン産生速度)を求める式
男性:%CGR=gint/(23.53-0.15y)×100
女性:%CGR=gint/(19.58-0.12y)×100

GNRI(Geriatric Nutritional Risk Index)

GNRIは、ドライウェイト、身長、血清アルブミンの値を元に栄養状態を評価する指標です。2005年にフランスのBouillanneが高齢者の栄養評価に用いました。

この方法を透析患者に当てはめたところ、簡便で予後因子を予想するうえで正確性が高いことが証明され広く用いられています。

GNRIの計算方法は簡単なので以下に紹介!

GNRI=14.89×血清アルブミン値(g/dl)+41.7×(DW/IBW)
※IBWはBMI=22となる体重です。
※理想体重(IBW)=22×身長〔m〕×身長〔m〕
※DW>IBWの場合は、DW/IBW=1とする

透析患者の場合、GNRIが91未満で栄養障害リスク大、91以上で栄養障害リスク小と判定されます。

主観的包括的アセスメント(sga)[subjective globa assessment〕

SGAは、簡単な問診と外来診察で栄養障害もしくは、感染症リスクを評価する方法です。検査データを用いないで主観的に行うのが特徴です。

詳しい測定方法は、管理栄養士の仕事相談室(絵異常状態の評価)。SGAからはあくするにわかりやすく紹介されています。

Phase Angle

Phase Angleは、生体電気インピーダンス法(Bioelectrical Impedance Analysis:BIA)より算出される栄養状態を表す指標です。

透析患者を対象にした研究はまだまだ少ないですが、透析患者のnPCR,%CGR,GNRIとも相互関係が認められているようです。