透析室での看護師の業務を紹介します。看護師の透析業務とは!?

看護師

看護師の透析室での業務

今回は、透析室での看護師の業務について紹介します。看護師にとって透析業務は一般病棟の業務と大きく異なると聞きます。透析室に移動になったり、透析室に転職する場合にかなり不安が大きいと思います。

そこで、透析室での看護師の仕事内容と透析室で働く短所・長所についてまとめてみました。透析準備、透析中、透析後と1日の業務の流れに沿って説明しますね。

透析室での看護師の業務は、臨床工学技士と重複する業務が多数ありますが、臨床工学技士が機械のメンテナンスに業務の比重が高いのに対して、看護師の場合は患者の介助・看護・指導といった比重が高くなります。

透析準備

カンファレンス

出勤すると他の部署と同様に、前日の透析業務についての申し送りや、本日の業務の確認など行われます。10分程度で終わります。

透析のプライミング

プライミングとは、透析回路とダイアライザ(人工腎臓)を組立て、生理食塩水で洗浄して、透析をできる状態にセットすることです。臨床工学技士が全部する施設もありますが、看護師も同様に行う施設が多いです。

薬剤の準備

血液透析では、血管から血液を採り出す為に、血液が透析回路内で凝固しない為に、抗凝固剤(ヘパリンなど)を持続投与します。最近は、プレフィルドといって、初めからシリンジに薬剤が充填されてそのまま使用できるものもあります。プレフィルドのシリンジを使用していない場合は、ヘパリンの原液の入ったアンプルから、必要単位のヘパリンをシリンジで吸って、生理食塩水で希釈する必要があります。準備した抗凝固剤は、透析装置にセットします。

シャントの観察

透析患者が来院したら、患者の体重を測定します。体重増加量を、透析で水を抜く為です。そして、ベッドに来たら体温測定・血圧測定・内シャントの音を確認します。内シャントとは、動脈血管に静脈を手術によりつないだ血管です。静脈から血液をたくさんとりだす為に、透析患者は内シャントを造っています。この血管が閉塞することがあるので、聴診器で毎朝、血液が流れているか血流の音を確認します。

透析監視装置の設定値のチェックなど

透析開始前に、透析監視装置(透析の機械)に、水を抜く量や、抗凝固剤の挿入速度など設定します。臨床工学技士が操作する施設が多いですが、看護師がチェックをすることもあります。また、体重がめちゃくちゃ増えている場合は、Drに報告して透析条件の設定を確認したりすることもあります。

透析開始(穿刺、穿刺の介助)

透析の開始は、穿刺者と穿刺の介助者の2人で行います。看護師が穿刺する施設は多いと思います。穿刺と、穿刺の介助どちらも行います。

透析装置の操作(開始の操作)

穿刺の介助者は、穿刺が終わったら、穿刺した針や、透析の回路を患者から抜けないようにテープで固定します。固定が終わったら、透析監視装置の血液ポンプを回して、患者から血液を採り出します。そして、透析回路内に血液が充填されたら、透析開始のスイッチを押して、透析を開始させます。

輸液ポンプ・シリンジポンプの操作

透析中には、血管内から水を引く為血圧が下がる患者が多くいます。血圧が下がりすぎて透析困難な患者の場合は、透析中にシリンジポンプや輸液ポンプで透析回路から昇圧剤を注入します。

透析中

血圧測定

透析中は、30分~1時間に1度に血圧を測定します。血圧低下時は、透析液温度を下げたり、下肢挙上したり、Drに報告して昇圧剤を注射したりなど行います。

患者さんの観察

透析患者が安全に透析をできているか常にフロアで誰かが監視します。痴呆の患者の場合、透析中に針を抜いて出血させる患者がいたり、除水量が多く透析中に血圧が低下して失神したりする患者もいます。そういったことを早く発見できるように、フロアを監視します。

返血時の注射の準備

透析業務は、透析開始時と終了時がバタバタして忙しいですが、透析が開始されたら落ち着きます。その間に、透析終了時に注射する薬剤の準備などを行います。

傾聴

患者との信頼関係が強くなると患者の悩みを聞いたり、透析の相談を受けることもあります。

フットケア

透析患者は、糖尿病の方が多いので、足の指に壊疽などなりかかっていないか観察をします。足湯を行ったりもします。

下の世話

寝たきり患者の場合は、透析中に排便をすることがあるので、下の世話をすることもあります。

急変時の対処

透析中に、まれに心停止を起こす場合があります。その場合は、蘇生を行います。

透析終了

返血

透析が医師の指示時間に達すると、血液を透析回路から患者に戻します。最近では、透析監視装置に自動返血装置が付いており、ボタンひとつで返血ができる機械もあります。

機械の清拭

患者が帰ったら、透析監視装置の清拭をします。看護助手のみが行っている施設もあります。透析監視装置は、血液で汚染されやすいので感染対策としてしっかり清掃する必要があります。

ベッドの清掃

患者が帰ったら、ベッドの掃除をします。毎回シーツを交換する時間もないので、コロコロで髪の毛をとったりシーツや布団の皺をのばしたりします。

シーツ交換

シーツ交換は、1週間に1度など定期的に行います。血液で汚染された場合は、その都度交換します。

床拭き

透析室の床も掃除します。看護助手が行う施設が多いですが、いない場合は看護師も行います。

翌日の物品配布

各透析のベッドに翌日に透析する患者の薬品を配ったりします。

申し送り

1日の業務の申し送りを全員で行います。

その他

看護計画

透析患者数名を割り当てられて、その患者の看護の計画を立てます。これがかなり面倒だと愚痴を良く聞きます。

研究

施設によりますが、透析・看護について研究して学会や院内で発表したりもします。

患者指導

透析患者の採血データをみて、基準値から離れていたり、体重増加量が多い場合は、食事指導や、生活の指導を行います。

透析看護師のメリット・デメリット

 

透析室で働く長所(メリット)

日曜日が休み

基本的に透析室は、日曜日は休みです。その代わり、お盆、正月でも日曜日以外は透析が行われます。日曜日が休みというのは、家庭を持った場合に、子供と遊んだり、家族と出かけたりなど都合が合わせやすいので非常に便利です。

夜勤がない

基本的に、深夜透析を行っている施設は、少ないです。朝と、夕方の2クールで行われることが多いので、夜勤がなく準夜勤(昼から夜)までです。

危険手当がつく

透析業務は血液と接触するリスクが高いので危険手当が付く施設が多いです。

ルーティン業務が多いので慣れれば楽

透析業務は、機械の操作など特殊な業務が多いですが、基本的に同じことの繰り返しなので、不器用な人でも慣れれば簡単に行うことができます。特に最近では、透析装置の半自動化により様々な業務が簡易化されています。

また、透析室の仕事は、透析開始時と、終了時が忙しいですがその他の時間は、落ち着いています。その為、座っていられる時間が長いというのもポイントです。透析開始後は、患者さんの観察をしたり、患者さんと世間話をしたりなどもできます。

他にも、病棟や外来の業務と異なりほぼ定時の決まった時間に帰れるというのも透析クリニックが人気なポイントだそうです。

透析室で働く短所(デメリット)

朝早い

7:00~8:00と出勤時間が早い施設が多いです。透析の準備は時間がかかる為です。

夜勤がないので給料が少なくなる

夜勤がない為、夜勤手当がつかなくなり給料が病棟とくらべるとかなり下がるようです。

透析患者との人間関係が難しい

透析患者も基本的に優しい方が多いですが、中には気難しい人もいます。人間関係がこじれると2日に1度は顔を合わせるので少し憂鬱です。全ての人と良好な関係が気づければ一番いいですが、相性というものがありますので、相性が悪い場合は少し距離をとるのも必要かと思います。

透析室で長年働くと病棟での仕事ができなくなる?

透析室での業務は、病棟の業務と異なることが多いので、透析室で長年働くと病棟での業務ができなくなるという噂を聞くことがあります。ただ、私が勤めていた総合病院では、透析室から一般病棟に移動になることも度々ありますが、問題なく働けているようです。

お局みたいな看護師がいる

総合病院の透析には、10年以上居座り続ける看護師もいます。一般病棟で、問題を起こしたり、使い物にならない看護師が透析室に飛ばされてくるばあいがあります。そういう看護師さんは、再び病棟に戻してくれないそうです。変わった看護師や、非常にやる気のない看護師さんもよく見かけます。

長期休暇がとりにくい

透析室は、お盆、正月でも日曜日以外は透析を行っているので、長い休みがありありません。人数が多くいれば、順番に有給を使って長期休暇を採れるかもしれませんが施設によるでしょう。面接前によく確認しておきましょう。

ルーティン業務で飽きる

透析業務は、本気で勉強すれば奥が深く楽しいですが、半年もあれば一通のルーチン業務ができるようになります。そして、日々同じことの繰り返しの為、飽きやすいです。そうならない為には、研究したり、学会で発表したりなど自分から積極的に学ぶ姿勢が大切です。

太る看護師もいる・・

総合病院の場合、一般病棟から透析室に移動してきた看護師さんは太る人が多いそうです。一般病棟と比較すると落ち着いており楽だからだそうです。

まとめ

透析室の看護師の業務が分かったでしょうか?透析の業務は、かなり奥が深く勉強すればとても楽しいと思います。しかし、透析業務はルーティンが多い為、うちの病院では、楽をしたいだけの看護師が多く集まって困っています。本気で、透析看護を頑張ってくれる若い看護師さんが来ればうれしいのですが・・・

透析クリニックに転職する場合

透析室の求人を探している看護師さんは、求人紹介サイトを活用すると便利です。

求人紹介サイトは、完全無料で、自分の条件に合った病院を探してくれるサービスです。残業の有無・給料・勤務体系・勤務場所などなど、自分の希望する職場を探してくれます。もちろん登録したからと言って必ず転職しないといけないわけではありません。

透析施設を探す場合は、施設内の雰囲気や医師・スタッフの雰囲気も気になると思います。そのような情報も「マイナビ看護師
」を利用すれば内部の情報まで確認することができます。よかったら利用してみて下さい。