看護師の転職サイトの使い方と注意点について

ナース人材バンクの使い方・利点

看護師の場合は、求人がたくさんあるので人材紹介会社を利用しなくてもすぐに就職はできると思います。ただ、就職先の内部情報を調べたり、給料の交渉をしてもらうのに人材紹介会社はとても役立ちます。

今回は、看護師の求人紹介会社でも最大手のナース人材バンクの使い方と利点について紹介します。

 

ナース人材バンクの使い方

①登録 or 求人検索

ナース人材バンクの利用方法としては、登録して専門のコンサルタントに自分の条件に合った求人先を探してもらう方法と、ナース人材バンクのホームページに搭載されている求人病院から自分で探す方法があります。

自分で探す方法は、ホームページに搭載されている求人先で自分が面接を受けたい病院を探して、見つかれば、それを問い合わせます。

担当者に自分の希望に合った条件の求人を探してもらう方法のながれについてもう少し詳しく紹介します。
1.まずは、ホームページにアクセスします。
1

2.『ご登録はこちら』をクリックします。
2

3.「名前」「生まれた年」を選択します。
3

4.「住所」「メールアドレス(任意)」を登録します。
4

5.現在の「勤務体制」を選択します。
5
以上で登録完了です。
担当者から折り返し連絡が来るのを待ちます。平日でしたら、登録したその日に電話があります。出れなかったら、着信履歴から掛け直しましょう。(しつこくはかかってこないので)

②コンサルタントとの面談・相談

初めの電話では、以下の確認が行われます。希望の転職先の条件についてはしっかりまとめておきましょう。

・現状・経験の確認
転職することを今の職場に伝えているのかや、転職するのは何カ月先など確認されます。
他には、どのような診療科で働いていたかなどの経験についても聞かれます。経験に合った、求人先を紹介する為に質問しているようです。

・条件の確認
転職先の勤務条件や、給料、役職についての希望を聞かれます。

質問事項

夜勤はできるか?日勤だけがいいか?
希望の年収は?
残業時間は?
転職先の病院の規模?
希望の業務・診療科は?
託児所は必要か?
職場の人間関係は?

質問が終わると、条件に合った施設を探して数日後に電話してもらえます。

③仕事の紹介・面接の手配

希望条件にあった病院の求人が見つかると、連絡があります。たいていの場合は、複数件紹介してもらえます。その中で、自分の希望に合った病院があれば就職試験(面接)の手配をしてもらいます。

④面接・条件交渉

面接時には、求人紹介会社の社員に同伴してもらうことが可能です。一緒に来てもらい、面接官には自分からは言いずらいことなどを、かわりに言ってもらうことが可能です。たとえば、給料面や勤務体制などの交渉などです。

 

良くある質問

Q 登録したら絶対に就職・面接しなければいけませんか?

A 登録したからといって、必ず転職しなければならないと言ったことはありません。

「今の勤務先より、良い条件の病院はないかなど、もしあったら転職しよう。」といった軽い気持ちで利用てもオッケーです。

Q 登録したら、頻繁に電話がかかってきませんか?

A 基本的には、1日に1回以上かかかってきません。そのときに、電話にでられなかった場合は、自分で掛け直す必要があります。もちろん電話は、フリーダイアルなので通話料はかかりません。

 

Q 個人情報が漏れたりしませんか?今の勤務先に内緒で就職活動がしたいのですが?

A 個人情報が他に漏れることは絶対にありません。ナース人材バンクは上場企業であり、プライバシーの管理は厳重です。もちろん、今の勤務先にばれることもありません。

 

まとめ

ナース人材バンクの場合は、看護師の求人紹介会社の中でも最大規模であり、求人件数がとても多いのが特徴です。そして、会社も上場企業であり信頼できます。

就職する場合、気になるのは、「サービス残業の有無や、急な休みが取れるか、人間関係が良好か、忙しすぎないか」など、内部の人しか知らない情報だと思います。

人材紹介会社は、紹介者のアフターケアーも充実しており、情報のカムバックを行っており、病院の内情にもかなり把握しています。

また、担当者が各地におり、面接時に同伴してもらうことが可能です。一人で、給料などの交渉するのは不安でなかなかいいずらいですが、自分の代わりに交渉してくれるので、とても心強いです。

 

現在の職場での人間関係、給料に不満がありませいたら、利用してみたらどうでしょうか?




にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

2 件のコメント

  • お忙しいところすみません。
    透析室勤務のNSですが
    後輩から質問されたことについて
    うまく答えられなかったので、質問させてください。
    ダイアライザ+血液回路の充填量は
    ダイアライザの大きさにもよりますが
    200~300mlですよね。
    当院では、返血時に300mlの生食を使用しています。
    そこで、質問された内容なのですが、
    ①ダイアライザ+血液回路の充填量が
    大きさによって違いがあるけれど、返血時の生食の量は同じ量でいいのか
    ②ダイアライザの大きさによって、充填量が変わり、
    小さいほど生食が多く体内に入ってきて、透析後の体重に影響はないのか

    との質問を受けました。
    返血後に、体重測定をした際に
    毎回100ml残ってしまったり、引けてしまったりする場合は、リンス量を調整しているのですが、
    改めて聞かれると、どう説明していいのか
    わからなくなってしまって。
    充填量の事を色々調べてみたのですが
    なかなかいい答えにヒットせず
    今回、質問させていただきました。

    • ダイアライザの充填量は、ネットやダイアライザの添付文章に搭載されていますよ。(http://www.jyouka.com/pdf/dialyzer_catalog.pdf)
      返血生食の量は、ダイアライザの大きさにより充填量が異なるのでサイズにより返血生食を調整している施設としていない施設があります。大きな膜ですと、少ない生食ではフィルター内に残穴が多く残ることもありますので。100~200ml程度の残りなどは、生体にほとんど影響ないので残血さえなければ、同じ生食量でもいいかもしれません。

      ②ダイアライザの大きさによって、充填量が変わり、
      小さいほど生食が多く体内に入ってきて、透析後の体重に影響はないのか

      についてですが、透析では脱血と返血の量は同じなので、ダイアライザの大小による体重の影響はないと思います。ただ、膜が大きいと多めに返血生食を流さないと膜に残血が残ることがあるので、多く生食を流す人には、除水計算時に多めに足してやらないと残ってしまうことがあります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です