HDF専用の膜であるヘモダイアフィルタの性能を比較してまとめました

公開日: : 最終更新日:2015/10/17 血液透析

平成24年のオンラインHDFの保険適用により、HDF専用のヘモダイアフィルタが各社から複数販売されています。

各メーカーから、サンプル品を頂きアルブミンの漏出量除去率を調べましたが、メーカーや、ヘモダイアフィルタの種類によってアルブミンの漏出量やTMPの変化が全く異なります。今回は、現時点で発売されている各社のヘモダイアフィルタのクリアランス、ふるい係数について、一覧でまとめました。また、個人的に使用した感想も紹介したいと思います。

とりあえず、各社で発売されているヘモダイアフィルタは、以下の種類があります。ヘモダイアフィルターの膜面積は複数ありますが、各社で比較しやすいように2.1㎡の膜(ただし、東レ社は2.1㎡の膜がないので2.0㎡)に限定して紹介します。

SPONSORED LINK

<各社のヘモダイアフィルタの添付文書による性能一覧>

メーカ フィルタ UFR クリアランス(QB200ml/min,

QD500ml/min,QF0ml/min)

ふるい係数(QB200ml/min,

QP30ml/min・㎡)

血液充填量 膜素材
尿素 Cr リン酸 ビタミンB12 アルブミン イヌリン β2ミMG
旭化成 ABH-21P 82 196 196 188 155 0.01以下 1.13 0.81 124 PS
ABH-21F 84 196 190 186 149 0.02以下 1.07 0.86 135 PS
日械装 GDF-21 64 194 188 183 150 0.03 1.00 0.87 129 PEPA
GDF-21M 64 194 188 183 150 0.01 1.00 0.88 129 PEPA
東レ TDF-20 54.7 196 189 187 155 0.011以下 1.00 0.9 130 PS
TDF-20H 54.7 196 188 189 157 0.015以下 1.00 0.9 130 PS
メーカ フィルタ UFR クリアランス(QB250ml/min,

QD500ml/min,QF0ml/min)

ふるい係数(QB250ml/min,

QP30ml/min・㎡)

血液充填量 膜素材
尿素 Cr リン酸 ビタミンB12 アルブミン イヌリン β2MG
ニプロ MFX-21eco 78 249 247 241 213 0.01 1.15 1.04 128 PES
MFX-21Sco 82 249 248 245 220 0.01 1.24 1.13 128 PES
MFX-21Uco 83 250 248 244 222 0.01 1.09 0.91 128 PES
FIX-210Seco 81 248 245 243 217 0.01 1.06 0.93 125 TAC

UFR、クリアランス、ふるい係数の説明

このブログは、看護師や新人MEを対象にしているので回りくどいですが、単位の説明からしますね。

表の左から、順番にヘモダイアフィルタのメーカー名、UFR(ml/mmHg/hr)、クリアランス、ふるい係数、血液充填量、膜の素材を記載しています。

UFR(ml/mmHg/hr)、クリアランス、ふるい係数についての詳細は、別の機会に詳しく解説します。ここでは、簡単に説明します。

以下のようなイメージで覚えてください。
UFR・・・透析膜(中空糸側面)の水の通りやすさ。除水のしやすさ。
クリアランス・・・拡散により小分子物質の除去できる量
ふるい係数・・・限外濾過により中分子物質の除去できる量

やっぱり詳しく書きたくなったので、ながなが書いてしまいました。面倒な人はここは飛ばしてください。
UFRは、透析膜の水の通りやすさです。数値が大きいほど、OHDFでたくさん補液をして、限外濾過をかけても、膜が目詰まりを起こしにくいです。UFRが低いと、膜が目詰まりしやすく、膜が目詰まりするとTMPが上昇します。TMPが上昇すると、体の大切な物質であるアルブミンが除去されやすくなります。ただし、わざとTMPを高くして、中分子物質をたくさん抜くようにする場合もあります。

クリアランスは、小分子物質の除去性能です。基本的にどのメーカの膜も同程度です。ニプロ社のクリアランスが他のメーカーより、著しく高いのは、クリアランスの測定条件が異なるためです。他のメーカーは、QB200ml/minですが、ニプロではQB250ml/minとなっています。まあ、どの膜も小分子物質のクリアランスは、同程度なので説明はこの程度にしときます。

ヘモダイアフィルタの性能を比較するうえで一番重要なのがふるい係数です。ふるい係数は、除水によりその物質が水分と一緒に通過できる割合のことです。

式で表すと、アルブミンのふるい係数=除水(濾過)された液に含まれるアルブミンの濃度÷血液側のアルブミン濃度となります。

各社ヘモダイアフィルタの特徴

それでは、本題に入ります。それぞれの各社のHDFで使用されるヘモダイアフィルタの特徴と使ってみての個人的意見を書きます。ただ、自分の施設は、すべて前希釈HDFで行っているので前希釈での感想となります。

旭化成(ABH-21P、ABH-21F)

まず、表の上から説明します。旭化成は、無難なヘモダイアフィルタと言えます。自動車でいえばトヨタです。万人受けするというか、知識がない人が変な方法で使っても、やばいことにはなりそうにないです。

ABH-21Pは、アルブミンのふるい係数が0.01以下となっています。補液量を時間9L~12Lで前希釈OHDF(オンラインHDF)で使用しましたが、アルブミンの量出量は、1~2g程度と少ないです。

アルブミンの量出量を抑えたOHDFを施行するには、良いと思います。ただ、補液量を多くしすぎると、患者によっては、ぐんぐんTMPが上昇して補液量を下げなければならないことがありました。TMPをうまくコントロールすることにより、中分子物質の除去量をコントロールできる膜だと思います。

ABH‐21Fは、ABH-21Pと比較してアルブミンのふるい係数が0.02と倍になっています。使用していないので何とも言えませんが、こちらは中分子物質を積極的に抜く為のフィルタといえそうです。

日機装(GDF-21,GDF-21M)

日機装のヘモダイアフィルタもサンプルを頂いて、性能調査しました。まずは、アルブミンのふるい係数0.01のGDF-21Mから紹介します。こちらの膜は、前希釈OHDFでは、まったくアルブミンが抜けませんでした。アルブミン値が低い患者さんにOHDFを施行するにはいい膜だと思います。
GDF-21の方は、アルブミンのふるい係数が0.03となっています。市販されているヘモダイアフィルタのなかでふるい係数は最強です。前希釈OHDFで使用してみた感想は、添付文書のふるい係数通りでした。アルブミンの漏出量は、6~8gとかなり漏れ漏れでした。

TMPは、低かったのですがそれでも、ものすごく中分子の除去がされるようです。間違っても、後希釈OHDFで使用してはいけません。
日機装のヘモダイアフィルタは、両極端でぶっ飛んでいるようです。ますます、日機装が好きになりました。

東レ(TDF-20M,TDF‐20H)

東レメディカルのヘモダイアフィルタのアルブミンのふるい係数は、TDF-20Mで0.011、TDF‐20Hで0.015となっています。TDF-20Mは、アルブミンの量出を抑えた膜で、TDF‐20Hが中分子の物質の除去を目指したフィルタのようです。情報がないので情報があったら、追加で報告しますね。

ニプロ(MFX,FIXシリーズ)

今は、ニプロ社のヘモダイアフィルタが1番熱いようです。ニプロ社はヘモダイアフィルタにかなり力を入れているようで、4種類のヘモダイアフィルタが発売されています。
アルブミンのふるい係数は、すべて0.01となっています。学会や論文などを見てみると、前期尺OHDFでのアルブミン量出量及び、α1ミクログロブリンの除去率は、MFX-21Ueco>MFX-21Seco>FIX210Seco>MFX21ecoの順番になっているようです。

また、4時間の全希釈OHDFで補液量48Lにてのアルブミン漏出量は、MFX-21Uecoが5g、MFX-21Secoが2.5g、、FIX210Secoが2.0g、MFX21ecoが1g程でした。

FIX‐210Secoは、中空糸の素材がセルローストリアセテートとちょっと古い膜のように思えますが、膜の構造を非対象構造に改良することによりTMPの上昇がかなり抑えられたり、膜にアルブミンが付着するのを防げるかなりすごい膜のようです。
ATA
さらに、MFX-21Mecoというのが発売されたようです。
MFX-21Mecoは、MFX21ecoよりさらに、アルブミンの漏出量の少ない膜のようです。

まとめ

各社から、さまざまなヘモダイアフィルタが発売されています。添付文書の値は、参考程度でやはり実際に使用してデータを採らないと、どのような膜なのか分かりません。各社のヘモダイアフィルタの、実際のβ2MG、α1MGの除去率とアルブミンの漏出量をまとめたものを、また次回に紹介したいと思います。

<追加(2015/5/15)>
すずきクリニックでFIXの性能評価の学会発表のスライドが公開されていたので載せときますね。

SPONSORED LINK


関連記事

no image

透析のシャントとは①(内シャントの基礎)

内シャントとは 血液透析をするには、血管から血液を1分間に200ml程採り出す必要があります。腕の

記事を読む

細菌

透析室でのB型肝炎およびC型肝炎の院内感染予防対策について

はじめに 透析患者は、肝炎の感染者が多いことが知られています。数十年前の肝炎のウィルスが発見さ

記事を読む

家族

自分の家族が人工透析をすることになったらどうするか・・・自分にできることは?

透析患者は、400人に1人 透析患者の数は、年々増加しています。透析導入の原因となった原疾患は

記事を読む

安全

透析施設における地震対策の基本について

透析室内の地震対策の基本 近年、震度6規模の地震が1~3年に1度の頻度で発生しています。大規模

記事を読む

計算

nPCR(蛋白異化率)の求め方と意味について

nPCRとは、normalized protein catabolic rateの略称で、日本語

記事を読む

水

透析液の生菌とET(エンドトキシン)を測定する理由は?

透析液の清浄度の検査 透析液の清浄化は、透析患者の微少炎症を防いで生命予後を改善すると言われて

記事を読む

風景

透析患者の栄養指標(nPCR,%CGR,GNRI,SGA,Phase Angle))

栄養指標を紹介 透析患者の生命予後は、栄養状態に大きく左右されることが分かっています。そして、

記事を読む

ウォッシャブルカフ血圧計

洗浄・消毒できる血圧計カフの紹介!

血圧計カフの紹介 血圧計のシェアの多くはオムロン社が占めていると思います。透析監視装置(コンソール

記事を読む

クリニカルエンジニアリング

臨床工学技士の情報誌『クリニカルエンジニアリング』のバックナンバーと内容の概要を紹介します!

クリニカルエンジニアリングとは? クリニカルエンジニアリングは、臨床工学技士関連の唯一の情報誌です

記事を読む

細菌

透析室での『B型肝炎』の基礎知識

B型肝炎とは B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス(HBV)が血液を介して感染することで発症するウイ

記事を読む

Comment

  1. 小山美保 より:

    初めまして😊
    いつもブログを参考にさせていただいてます。
    私は透析歴6年目の40代看護師です。
    私の勤めるクリニックでも、ほとんどi-HDFになり、ダイアライザーがかわりました。
    ABH-21P.GDF-21m.MFX-21SECO,MFX-21Mecoを使用してます。
    性能比較のページをよませていただいたのですが、分からないことがありますので、質問させてください。

    アルブミンは抜けない方がいい
    β2MGは抜けた方がいい
    小分子は抜けた方がいい
    だと、MFXが全ての方にいいように思うのですが、この考え方は間違ってますか?

    もう一つ
    UFRが低いと目詰まりする。
    TMPが上がる
    アルブミンが抜けやすいとあったのですが、目詰まりすると中分子も小分子も抜けなくなるイメージなのですが…
    ばかな質問ですみませんが、よろしくお願いします。

    • taka より:

      性能比較のページでは、たのフィルターは、血液流量が200ml/minの場合のクリアランスを記載していますが、マキシフラックスの場合は、血液流量が250ml/minの場合のクリアランスを記載しているので、単純に比較できないのでご注意ください。

      アルブミンは抜けない方がいい
      β2MGは抜けた方がいい
      小分子は抜けた方がいい

      とありますが、低栄養の患者さんであればアルブミンは、抜けないようなマイルドな膜がいいと思います。しかし、栄養状態が良い患者さんの場合は、アルブミンが多少抜けてもいいのでより膜の穴が大きく大きな毒素(α―1ミクログロブリン)領域までの物質が除去できる膜がいいとされています。その為、患者さんによって、複数の膜を使い分けているのだと思います。

      TMPの計算式は、[(動脈圧+静脈圧)/2-(透析液入口圧+透析出口圧)/2]です。簡単に言いますと、(中空糸の血液側の圧力)-(透析液側の圧力)です。TMPが上がるということは、血液側の圧力が高くなり、透析液側の圧力が低くなるということです。物質は、圧力の高いところから、低いところに移動しますので、TMPが上がると、アルブミンの除去が爆発的に増えるといわれています。

      確かに、HDFにおいて、アルブミンのロスが大きいのは、透析開始から30分間くらいが多いようです。いわれている通り、膜が綺麗で穴がふさがっていないからです。30分程度経過すると、膜にある程度のアルブミンなどのタンパクが付着して、穴がふさがってきてアルブミンのリークが減ってきます。ただ、そこからTMPが上昇して一定のTMPを超えると爆発的にタンパクのリークが増える領域があるようです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

SPONSORED LINK
ジョブスルー
面接
新卒の臨床工学技士の就職・転職の苦労について

はじめに 年を越して、就活をしている臨床工学技士の学生の多くが就職先

さわやか
コメディカル専門の求人紹介会社『ジョブスルー』とは?

ジョブスルーの代表である土屋さんに、ジョブスルーの特徴と、企業理念につ

ds
任天堂DSで医療の勉強できるソフトを紹介します!

DSで医療の学習 透析室で働く看護師・技士は透析の知識以外にも、幅広

風呂
ヒートショックに注意!予防法を紹介します。

ヒートショックに注意! 12月~1月は、ヒートショックの頻度が最も多

パソコン
透析業務をするCE・看護師に役立つサイト5選!

透析及び医療機器管理をしているNs・CEに役立つサイトをまとめたので紹

患者さん
透析患者の飲水・食事指導について(EASEプログラムを活用しよう)

食事管理ができない患者指導に 透析患者さんは、透析間の食事や飲水量な

→もっと見る

  • 広告募集
PAGE TOP ↑