透析で使われるリン吸着剤のまとめ

リン吸着剤まとめ

透析患者では、血液中のリンの値が高くなりすぎると異所性石灰化動脈硬化など、様々な合併症を引き起こし長期的な予後が悪くなります。その為、食事制限やリン吸着薬を利用して調整します。

製薬会社からもさまざまなリン吸着剤が開発され販売されています。リン吸着剤は、腸管内でリンと結合して排便から排泄する働きがあります。作用自体はどれも同じですが、副作用の現れ方が異なります。今回はそれぞれの特徴をまとめましたので紹介します。

以下の表は、現在までに発売されたリン吸着材です。(アルミゲルは除外しています。)

販売名 一般名 製造販売 販売日
フォスブロック セベラマー塩酸塩 協和発酵キリン 2003年6月
レナジェル セベラマー塩酸塩 中外製薬 2003年6月
カルタン 沈降炭酸カルシウム マイラン製薬(製造販売)
ファイザー(販売)
2000年10月
ホスレノール 炭酸ランタン バイエル薬品 2012年5月
キックリン ビキサロマ‐ アステラス製薬(製造販売)
三和科学研究所(販売提携)
2012年6月
リオナ クエン酸第二鉄水和物 日本たばこ産業(製造販売元)
鳥居薬品(販売元)
2014年5月
ピートル スクロオキシ水酸化鉄 キッセイ薬品工業 2015年9月

それぞれの薬についてもう少し詳しく説明します。

カルタン(沈殿炭酸カルシウム)

・効果

消化管内でリンと結合して、リン酸カルシウムとなり、便と一緒に排泄することによりリンの吸収を減らす。

・用法

1日3回食直後に飲む

・副作用

高カルシウム血症(血中カルシウム濃度11mg/dl以上)・・・0.1~5%
下痢・便秘、尿路結石・・・頻度不明

・説明

下痢や便秘などの副作用が低く、リンの吸着量がいいです。また、販売から20年近く経過しているので長期的な安全性についても証明されています。

注意が必要なのは、この薬はカルシウムが主成分なので、多少なりとも血中カルシウム濃度が上昇する可能性が高いことです。血中カルシウム濃度が上昇すると、異所性石灰化のリスクが上がります。

Ca負荷を避けるために、1日の上限量は3gと設定しています。また、ビタミンD製剤と併用にも注意したいところです。

その他、カルシウム系の吸着剤として健康食品ですが「乳酸カルシウム、酢酸カルシウム」も販売されています。

 

フォスブロック、レナジェル(セベラマー塩酸塩)

・効果

セベラマー塩酸塩が消化管内でリンと結合して、便と一緒に排出することでリンの吸収を減らす。

・用法

1日3回食事前に飲む

・副作用(透析患者)

便秘・・・21.6%
腹部膨満・・・6.6%
腹痛・・・2.3%
悪心・・・1.6%

(添付文章より引用)

・説明

多価陽イオンポリマーにより、陰性荷電のリン酸イオンを吸着します。Caを上昇させることなくリンを吸着できるのが特徴です。

副作用では便秘の合併症頻度が高いです。透析患者さんは、飲水量の制限などありもともと便秘気味の方が多いので、便秘の患者さんには注意が必要です。

便秘が続くと、腸閉塞(腸が塞がる)や腸穿孔(腸に穴が開く)などの危険な合併症を起こす恐れがあります。他の吸着剤と併用しながら少量から開始していくことが推奨されています。

ホスレノール(炭酸ランタン)

・効果

消化管内でリンと結合してリン酸ランタンとして、便と一緒に排泄されることによりリンの吸収を防ぐ。

・用法

1日3回食直後に噛み砕いて飲む

・副作用(透析患者)

嘔吐・・・38.1%
悪心・・・35.7%
胃不快感・・・21.4%
腹痛・・・16.7%
消化不良・・・9.5%
下痢・・・7.1%

・説明

この薬を飲むときに、水は必要なく、錠剤を噛み砕いて飲み込むといった方法で摂取します。必ずかみ砕く必要があり、たまにかみ砕かずに飲んでいる錠剤がX腺に写る人がいます。高齢者や葉が弱い患者さんには、顆粒分包を処方しましょう。

比較的多い副作用は、嘔吐、胃の不快感などです。急に食欲がなくなったと訴えるので、処方を確認したら、ホスレノールをを開始していた。というパターンがたまにあります。

また、炭酸ランタンは、金属が主成分であり長期使用により非常にわずかですが骨、肝臓、脳などに蓄積するようです。(腸管での吸収はアルミニウムの1/100~1/1000)

蓄積による副作用は、いまのところ大丈夫ということですが、何十年か経過してみないと分かりません。(アルミゲルも20年以上使われて、副作用に気づきました。)また、リンに結合されなかった、炭酸ランタンは肝臓から胆汁により排泄されるので、肝臓の悪い方の使用にも注意が必要です。

キックリン(ビキサロマ‐)

・効果

消化管内でピキサロマーとリンが結合して便と一緒に排泄されることによりリンの吸収を減らす。

・用法

1日3回食直前に飲む

・副作用(承認時)

便秘・・・15.9%
硬便・・・2.6%
腹部不快感・・・1.8%
腹部膨満・・・1.0%

・説明

ビキサロマ-は、アミン機能性リン酸結合性ポリマーといって、アミノ酸がたくさん結合した大きな分子でできています。セベラマー塩酸塩と比較して、膨潤の程度が小さいので、便秘、腹部膨張などの合併症が低いと報告されています。

副作用としては、便秘が多いようです。注意しないといけないのは、ビキサロマ-は、非吸収性ポリマーといって、消化管で全く吸収されないため、便秘などで腸に溜まってしまった場合、腸閉塞や腸穿孔を引き起こす可能性が高くなります。添付文書でも、便秘や腹部膨満感がある場合は、直ちに減量または、中止するように大きく書いています。

リオナ(クエン酸第二鉄水和物)

・効果

クエン酸第二鉄水和物が消化管内でリンと結合して便と一緒に排出することにより、リンの吸収を減らす。

・用法

1日3回食直後に飲む

・副作用(承認時)

下痢・・・10.1%
便秘・・・3.2%
腹部不快感・・・2.5%
血清フェリチン増加・・・2.7%

・説明

比較的新しいリン吸着剤です。使用により、リン吸着以外にも鉄補充によりエポ剤の減量効果があったという報告もあります。

使用に関しての注意は、下痢の副作用が多いのと、3価鉄が一部吸収されるようで、鉄過剰の患者さんは慎重に使用することが必要です。また、C型肝炎患者は肝臓に鉄が蓄積されやすい状態になっており、鉄が肝臓に溜まることにより、肝炎を悪化させるのでC型慢性肝炎の患者の使用も注意です。

内服したリン吸着剤の合併症が強く他の薬に変更することもしばしばあります。変更する場合、吸着剤により吸着量がことなるのでどの程度に調整すればいいかを簡単に搭載します。

ピートル(スクロオキシ水酸化鉄)

・効果

スクロオキシ水酸化鉄が消化管内でリンと結合して便と一緒に排出することにより、リンの吸収を減らす。

・用法

1日に3回食直前に経口投与する。

・副作用

下痢・・・22.7%

胃腸障害

・説明

リオナと同じ鉄系のリン吸着剤です。副作用、注意事項もリオナとよく似ており、鉄過剰、C型肝炎患者などには注意が必要です。

添付文章による、臨床試験での副作用はリオナよりも下痢の頻度が多いのが気になります。期待できる点としては構造上、遊離する鉄が少なくリオナよりフェリチンが上昇しにくいのでは?と考えれています。

リン吸着剤のまとめ

リン吸着剤もたくさんの種類があります。それぞれの薬の特徴を理解して患者さんに最も適した薬を選択することが大切です。

看護師、臨床工学技士は、透析室で患者さんとよく会話をして、内服薬が変更となった場合は、薬が合っているか、副作用はないかをよく聞いて、変わったことがあった場合は、速やかに、主治医に報告して改善していかなければなりません。

あと、注意しなければならないのが吸着剤によって服用の時間が違うことです。先日、当院の患者さんで吸着剤を飲んでいるのになかなかPが下がらない人がいました。詳しく話を聞くと、吸着剤を食前に飲まないといけないものを食後に飲んでいました。

服用方法をしっかり指導することも大切ですね。

スポンサードリンク