透析患者の寿命について

透析患者の寿命は

透析患者の平均余命について

日本透析医学会の調査によると、『透析患者さんの平均余命は、どの年齢においても、同性・同年齢の一般人口平均余命の概ね半分の値を示した。』とありました。
平均余命とは、あと何年生きることができるかという年数です。

厚生労働省が2013年に発表した日本人の平均寿命は、男性80歳、女性86歳でした。
平均寿命から、現在の年齢を引いた値が平均余命となります。たとえば、現在30歳の男性の場合は、平均寿命の80歳-30歳=50歳となり、現在30歳の男性の平均余命は、50年ということが分かります。透析患者さんの場合は、余命が半分となるので(80歳-30歳)÷2=25年となります。

一覧表で表すと以下の図のようになります。

透析患者の寿命

平均余命
現在の年齢 日本人男性 透析患者男性 日本人女性 透析患者女性
30歳 50年 25年 56年 28年
40歳 40年 20年 46年 23年
50歳 30年 15年 36年 18年
60歳 20年 10年 26年 13年
70歳 10年 5年 16年 8年

透析患者さんの平均余命は、透析をしていない人と比べると半分になってしまいます。このデータでは、透析患者さんをひとくくりに平均寿命を出していますが、透析の導入疾患により余命は変わります。

これは、透析を導入された方に対しては、かなり厳しい現実であると言えます。では、なぜ透析患者さんは、平均寿命が短くなるのでしょうか?次に、透析患者さんの死因(死亡する原因)について説明します。死因を知り、その対策を行えば平均寿命を延ばすことができます。

透析患者の死因

死因の順位

・透析患者さんの死因
1位「心疾患(心不全・心筋梗塞)」・・・28%
2位「感染症(肺炎など)」・・・20%
3位「悪性腫瘍」・・9%
4位「脳血管障害」・8%

・日本人全体の死因
1位「悪性腫瘍」・・・30%
2位「心疾患」・・・・16%
3位「脳血管障害」・・10%
4位「感染症」・・・・9%

透析患者さんの死因で1位は、「心疾患」です。心疾患とは、心不全や心筋梗塞などありますが、圧倒的に心不全が多いです。

心不全

心不全とは、なんらかの理由により、心臓の働きが落ちて、心臓から全身の臓器に血液を送ることができなくなり、全身に酸素を送れなくなり意識がなくなり死亡してしまうという疾患です。

透析患者さんでは、心不全になりやすい理由についてはさまざまあります。腎臓から尿を作って水分を排出することができなくなったり、カリウムの排泄ができなくなるからです。心臓は、ふくらんだり、ちじんだりを繰り返して、ポンプ作用により血液を全身に送り出しています。

透析患者さんでは、水分を過剰に摂取すると、体の中に水分が溜まり、特に心臓や血管内に水分が溜まります。そうなると、心臓がパンパンに膨れ上がり、縮むことができなくなります。それにより血液が全身に送れなくなります。

他には、カリウムを含む食べ物を過剰に摂取することで、高カリウム血症になり、不整脈が出現して心停止する危険性もあります。心不全は、透析患者さんが若くても、ご年配でも同様に発症します。

心不全では、突然死を起こすため透析患者さんでは平均寿命が、ぐっと短くなるわけです。逆に、水分摂取量に注意して生活することで、心不全を起こすリスクを下げることができます。

感染症

透析患者さんが感染症になりやすい原因は、食事制限が厳しい為、栄養障害になりやすい為です。栄養状態が悪くなると、免疫力が低くなり菌やウイルスによる抵抗力が落ちて肺炎などの感染症になりやすくなります。

悪性腫瘍

悪性腫瘍とは、癌のことです。透析患者さんでは、腎臓の癌が多いようです。しかし、透析患者さんは定期的に病院に通っていて、定期的に検査をしているので悪性腫瘍の発見が早く見つかることが多い為、完治できる場合が多いです。

脳血管障害

脳血管障害とは、脳の血管から血液が漏れる「脳出血」と脳に血栓などが詰まり脳細胞が死んでしまう「脳梗塞」に分けられます。脳血管障害についても、非透析者と比較すると発症率が2~3倍と高くなっています。

その理由は、透析患者さんは透析をしていない人と比べると動脈硬化の進行が早い為です。なぜ早いかというと、透析患者さんでは、血液中のCa(カルシウム)やP(リン)が上昇しやすく。これらが、血管などに沈着して血管が硬くなってしまうからです。他にも、体に水分が溜まりやすくなり、水分が溜まると高血圧になり、高血圧も動脈硬化や脳出血発症の危険性を高めます。

まとめ

透析患者さんの余命は、非透析者と比較するとおよそ半分であるという厳しい状況にあります。確かに、透析室で勤務していると毎年たくさんの方が亡くなるように感じます。ただ、透析患者さんの死因で一番多い死因である「心不全」で亡くなる方は、指導を聞かなかったり、水分制限など守れていなかった方が多くいるの感じます。

そういった方は、なんど注意しても守ってもらえません。スタッフ、Drも、おそらくこの方は、ある日突然、心不全でなくなるだろうと思って諦めてしまっている場合もあります。やっぱり、どんなに厳しく指導してもそれを実行するかどうかを最終的に決めるのは患者さんなので、自分たちにも限界を感じます。

逆に、透析室で20年~30年と、長期間透析をされている患者さんもたくさんいます。そういった患者さんは、共通点があります。『自分に厳しく、水分摂取量を適正に守っている。』『元気で長生きしたいという気持ちを強く持っている』などです。

透析導入から、数年は透析患者さんは鬱状態になります。患者さんがなるべく早く、透析をすること受け入れることができて、患者さんの生きがいを見つける手助けをすることが透析室で働く看護師、臨床工学技士の大切な仕事だと思います。

<透析患者お勧め書籍>

〈増補改訂 第2版〉いやな気分よ、さようなら―自分で学ぶ「抑うつ」克服法 透析者と家族が元気になる本―全国の「達人」に学ぶ長生きの秘訣

4 件のコメント

  • 主人 61歳で、昨年4月から透析しています。
    痛風から腎臓が悪くなっていったようです…高血圧です。私の毎日の悩みは、主人の間食です。
    今は、毎日 飴 甘い菓子 、時々大福、最近は諦めて注意しないようにしているのですが、時々ぐわい悪くなって嘔吐しています。この調子では、10年の生存率も減っていきますね! 毎日こんな事考えているとストレスにもなります… チョット聞いていただきたい悩みでした。申し訳ありません。

    • 旦那様の体調が心配な気持ちはよくわかります。多少の間食自体は、特に問題ないともいますが、甘いものを食べているとのどが渇くと思います。透析間の体重増加量はどうでしょうか?
      透析間が1日の場合は、体重の3%以内、透析間が2日の場合は、体重の5%以内が理想とされています。

      また、透析前の採血の結果はどうでしょうか?

      透析間の体重増加量および採血の結果が基準値内に守られていれば、心配ないと思います。

      ときどき嘔吐があるということですが、指示医には相談されていますか?リン吸着剤など、透析患者さんが必要とする薬の中には、消化器に副作用が出る薬があるので、相談されてみてはどうでしょうか?

      食事や飲水に関する患者指導は、我々スタッフもいつも苦労しています。守る人は、初めから熱心に勉強して守ってくれますが、守らない人は、どんなにうるさく指導しても守ってくれません。いっても守らないなら、あきらめるしかないのでしょうかね。つらいですね。

      また、なんでも質問がありましたら私にわかることでしたらなんでも返答しますのでお気軽にコメントください。

  • ありがとうございました。
    主人は無口なほうで、透析のことはほとんど話してくれません! とにかく「自分は、長いこと無い…」とか言って、食べています。
    透析は1日起きですね…
    聞いていただけて、嬉しいです…

  • 小学生から腎臓移植して今18歳の彼氏がいるのですが、あまり長くはないのですか?
    腎臓は10年近くもってますが、そろそろダメみたいです…。
    昼夜逆転で食べる量は少ないのですがコンビニや外食が多いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>