国家試験が終わったら就職後の予習勉強をしよう!臨床工学技士の新人が就職後に役立つ本を紹介します。

はじめに

平成29年の3月5日に第30回の臨床工学技士国家試験が開催されました。看護師の国家試験は、今年から出題傾向が変わり文章の読解力が試される長文の問題が増えて難しくなったなどいわれています。臨床工学技士の試験はどうだったでしょうか?

さて、国家試験が終わり自己採点も終わってたぶん合格しているだろう!という学生さんは、勉強から解放されて、今から就職するまでが一番楽しい時期になると思います。ただ、これからの時期を無駄に使ってほしくないと思います。

というのも病院勤務の場合、なかなか長い休暇を取ることが難しいので、このような長期の休みは、たぶん最後になると思います。だらだらしたり、ゲームしたりなど無駄に過ごすのも自由ですが、当分ないであろう最後の長い休みですので、今しかできないことをして有意義に過ごしましょう。

そして、遊ぶのも大事ですが就職する前に多少は就職後の準備をしておきましょう。なんの勉強をしたら分からないという場合は、とりあえず透析関連の勉強をしましょう。透析クリニック・医院に就職する人はもちろん、総合病院に就職する臨床工学技士も、まずは透析室に配属されることが多いからです。

日常業務を、円滑に行ったり安全に行うためには必要最低限の透析業務に対する周辺知識が必要です。学校で習った教科書などの知識のみでは、透析業務を行う知識としては全然不足しています。

透析室ではどのようなことをするのか?透析業務の基本知識から、社会人の基本的な考えについて学べる書籍を紹介しますので興味があるものがありましたら是非読んでみてください。

 

新人CEにオススメの本を紹介

初めての透析看護

この本は、透析業務について具体的に説明している本です。写真も多く、透析業務についてすごくイメージしやすいと思います。就職後にには、先輩技士などから指導してもらえると思いますが、先に予習しておけば理解度が全然違います。初めて透析室で働く看護師さんにもお勧めです。

Amazon⇒はじめての透析看護: カラービジュアルで見てわかる!

透析ケア

透析ケアは、メディカ出版が作製している月刊誌です。透析看護を中心に臨床に役立つ知識が紹介されています。この月刊誌は、新人にも理解しやすいように優しい言葉で書かれているので非常に読みやすいと思います。

ちなみに、新人の技士や透析室に新しく配属される看護師さんにおススメなのは、2015年4月号です。『新人ナースのための透析看護最重要ポイント80』という特集が組まれています。透析業務の一連の流れや、透析業務でよく耳にする言葉や基本的な知識の要点がまとめられています。

Amazon⇒透析ケア 2015年4月号(第21巻4号)

血液浄化療法ハンドブック

透析技術認定士の講習会でも使用されているテキストです。維持透析について、たいていのことはこの本に搭載されています。400ページ程あり分厚いので、わからないことを調べたりなど辞書的な使い方に向いています。透析の勉強をしたいけどなんの本を買っていいのかわからないという技士はとりあえずこの本を持っておくと間違いないです。頻繁に改定されるので私は、3冊持っています。

Amazon⇒血液浄化療法ハンドブック 2017

透析スタッフ必携!穿刺攻略ブック

透析の仕事で一番初めにぶち当たる壁が穿刺業務だと思います。穿刺は、数をこなさなければうまくならない!とよく言われますが、数だけこなしてもうまくなりません。考えながら、試行錯誤してうまくなるのだと思います。その考える為の、知識としてこの書籍が参考になります。透析の穿刺についての専門書は、この本が初めてだと思います。

Amazon⇒透析スタッフ必携! 穿刺攻略ブック

部下の哲学

一人前の社会人になるには、まずは学生気分から卒業しなければなりません。仕事に対してどのような心構えで取り組むべきかは、「部下の哲学」というで学ぶのが最適です。

上司には、上司の哲学がおすすめです。こっちのほうが有名みたいですね。

Amazon⇒部下の哲学―成功するビジネスマン20の要諦 (PHP文庫)
Amazon⇒上司の哲学―部下に信頼される20の要諦 (PHP文庫)

20歳のハンドブック

大人の世界の常識について説明してくれる本です。世の中には、知らないと損をすることがたくさんあります。自分で学ばないと誰も教えてくれません。

こういう本を自分で購入して勉強することが大切です。

簡単に目次を紹介すると・・・

1章 二十歳からの社会常識
2章 二十歳からのマナーと日本の常識
3章 二十歳からの賢い生活術
4章 二十歳からの冠婚葬祭

さらに詳しい目次は、販売ページにアクセスすると閲覧することができます。なかなか楽しそうな内容ですよ。

PHP⇒20歳のハンドブック

いやなきぶんよさようなら

就職して働きだすとめちゃくちゃ落ち込んだり憂鬱になることがたくさんあります。そんな時に役立つのがこの本です。世界中でもとても有名な本です。

Amazon⇒〈増補改訂 第2版〉いやな気分よ、さようなら―自分で学ぶ「抑うつ」克服法

最後に

本を読むのは面倒で毛嫌いしている人も多いと思いますが、定期的に読書をする習慣を身に着けることは人生においてものすごく大切なことの一つだと感じます。

私も、過去にいろいろな困難にぶつかり行き詰ったりしましたが、たいていは本を読むことで解決することができました。おおくの成功者が言っていますが、読書というのは最も費用対効果が高い自己投資です。より充実した人生を送るには、先人たちの経験を手っ取り早く学べる読書は非常におすすめです。

スポンサードリンク