透析関連新製品の紹介(止血ベルトについて)

目盛り付き透析用止血ベルトが便利そう!

先日、日本透析医学会学術大会に参加しました。その時の、企業ブースでよさそうな商品を見つけたので紹介します。

商品は、これ!

止血ベルト

目盛り付き透析用止血バンド「パラ・メジャー」です。
アグリスニュース(目盛り付き透析用止血バンド 新発売)

通常の止血ベルトに、目盛りが付いているだけの商品ですが、非常にいいと思います。

普段、止血ベルトを使用する場合、締め付ける力は感覚的に行っています。ただ、どのくらいの力で締め付ければいいか迷ってしまうことがあります。

強く締めすぎると、血流が遮断されてシャント閉塞の原因となりますし、痛いと言われたりします。逆に、弱すぎると出血・内出血の原因となります。そして、それらの力加減は、患者ごとに異なるので覚えるのが大変です。

これなら、一度適正な締め付け位置を記録しておけば、次回からは同じ力で締め付けることが可能であり、迷いが少なくてすみます。

(ただ、穿刺位置が変わると締め付け圧も変わってきますが・・・腕の太さが違うので)

透析医学会雑誌でも紹介されており、同じ締め付け圧でも出血しだしたら、シャントの中枢側に狭窄が生じていることが判断できるため有効であると、紹介されていました。

お値段的には、従来の止血ベルトより少し高額ですが、いろいろな活用方法があるのではないでしょうか?

試供品を頂いたので、使用して後日感想なども搭載したいと思います。