病院勤務で給料が安い場合・・・、貯金するための節約方法3選!

節約

はじめに

透析クリニックをはじめ、最近では病院の経営が良くない、赤字が続いている施設も増えています。何回か病院転職を経験しましたが、儲けている病院とそうではない病院では、スタッフの昇給額や年収が大きく異なります。

さらに医療職は社会主義色が強く、特別優秀だからと言って他の同僚より2倍、3倍の給料が貰えるわけではありません。一般的に個人病院は昇給額や給料は多くありません。国公立や市立など公的な病院のほうが昇給額が大きいため長年働いている場合収入が上がりやすいです。

給料があまり増えない場合は、支出を抑えたり、副業をして収入を増やさなければなかなか貯蓄することができません。私自身も、総合病院からクリニックに転職したことにより年収が大きく下がりました。(実は、年収300万円台とボンビーなのです 泣)

そこで、さまざまな金融関係の書籍を読んで、投資など、お金の運用方法について学びました。その中でも、誰でも簡単にできる節約方法について紹介します。

 

私の実践している節約方法3つ

1.格安simを使う

携帯電話の回線で格安simを使っていない人が周りに多いです。本当にもったいないと思います。プレジデントにも載っていましたが、年収が低い人ほど格安simを使っている人の割合が少ないそうです。年収が低い人ほど試行錯誤したりチャレンジする頻度が低いのだと思います。

格安simでは、『通話品質が低い、通信速度が遅い。怪しい。』などなどマイナーなイメージがあると思いますが、それはほんの一部であり、最近では電波の整備も進んで快適に使用できる格安simが増えています。

格安simがなぜ安いのかという理由は、品質が悪いからではありません。格安simは、3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)などの電波を借りて通信しています。その為、それらの設備を管理する維持費がかからない為コストを抑えることができ安くできます。また、コマーシャルや実店舗を減らして人件費を抑えている。これらも安くできる理由です。

私自身は、3年くらい前からYモバイルのsimを利用しています。Yモバイルは、他の格安simと比較して劇的には安くありませんがそれでも、3キャリアの半額くらいにはなります。また、実店舗があるので新規契約の続きが楽です。

Yモバイルsim

格安simを選ぶ場合、種類が多くて悩むと思いますがダントツで評価が高いのがUQモバイルです。「通信速度、通信料金、通話料金、+αの価値、契約のしやすさ」の5点で各社の格安simを比較した結果1位にランクしています。auのスマホを利用しているユーザーであればSimロック解除すると今のスマホのまま使うことができます。その他の場合は、端末込みの契約もあります。

UQモバイル
他のランキングは以下の通り。これらのsimでは、通信速度にストレスはないと思います。ちなみに私が愛用している、Y!mobileは7位でした・・。7位でもこの快適さということは、上位のsimなら日常使用には問題ないと思います。

1位 auネットワークで月々980円(税抜)~!【UQ mobile】
各誌で評価の高い格安sim
2位 DTI SIM
月3680円でネット使い放題プランが神
3位 NifMo
電話かけ放題プランも有り
4位 イオンモバイル 店舗があるので初心者にもおススメ
5位 OCN モバイル ONE
データ通信専用SIM 3GB/月コースが1800円/月から

 

2.通販を利用する

お買い物は断然ネットショップがお得です。

私の場合、パソコン、掃除機、アイロン、テレビなど電気製品から、書籍、文房具など、ほとんどネットショップで購入しています。家電については、価格ドットコムで最安値で購入する。もしくは、電気屋さんにてネットの最安値を提示して値引きして購入するようにしています。

ネットショップでは、土地や建物の賃貸料や従業員の人件費など軽減することができる為、実店舗と比較して非常に安いです。実店舗より、電気製品など20~30%くらい安いです。

その他、私は本を買う場合もAmazonで購入するようにしています。ビジネス書が好きでよく購入するのですが、書店で定価で販売されて物をAmazonで調べると販売してから数年経過しているものであれば、中古で1円とか100円で販売されたりします。これに送料が250円くらい加算されますが、定価で買うより断然安いです。

ほかにも、kindleなどの電子書籍で購入すると紙の本を買うよりも安かったりします。kindleで購入すれば、パソコン、スマフォなどすべての端末で読むことができます。

電子書籍を良く購入する人なら、Kindle Paperwhiteなどを持っておくと便利です。

その他、Amazonをよく利用する人は、ギフルでギフト券を購入すると5%くらい安く買い物をすることができます。

3.クレジットカードでポイントを貯める

みなさんはどんな種類のクレジットカードを使用してるでしょうか?もともと使っている地方銀行のキャッシュカードにクレジットカードをつけたという人が多いと思います。

クレカは、種類によりポイント還元率が大きく異なります。そして年会費無料でも1%以上の高還元率が貰えるクレカもあります。電気・ガスの支払い、携帯料金の支払いなど全てをクレジット払いにすると年間で数千ポイント以上になります。できるだけ還元率が高いクレジットカードを選びましょう。

ちなみに、クレジットカードの使い方として、ガソリンスタンド用、Suica用、Amazon用など、目的に合わせてカードを使い分けてポイントを最大限に獲得する方法と、どこでも1%以上のポイントが付くカードを1枚だけ持つ。という方法があります。財布かパンパンになるのが嫌だったり、カードの管理が面倒という人の場合は、数枚に絞ったほうが楽です。

どのカードがいいかわからないという人の為に、モノクロ2017年9月号で紹介されていた。ランキングが高いカードを紹介します。

1位 リクルートカード

モノクロの年会費無料クレジットカードでナンバーワンに選ばれたのがリクルートカードでした。ポイント還元率は、どこで使っても1.2%と、無料クレカではナンバーワンの還元率です。

溜まったポイントは、ホットペッパービューティーの他、ローソンなどで使えるPontaと交換できます。ポンタは、ゲオ、昭和シェル石油、ケンタッキーなどで使えます。また、Suicaでチャージしても1.2%のポイントがたまります。

2位 楽天カード

楽天カードも、ポイント還元率が1%あり、年会費無料のクレカとしては高還元率です。さらに、楽天市場で使用すると4%の還元率になります。入会時にキャンペーンにて数千ポイントプレゼントもあるので一回きりでも作っておいて損はありません。

あと、27位でしたがOrico Card The POINTもお勧めです。基本の還元率が1%に加えて、オリコモールというサイトを経由してAmazonで購入するとさらに0.5%のポイントが加算されます。

私自身も、モノクロの記事を参考に以下の3枚のカードを選択しました。

リクルートカード  電気代・電話代・学会等の支払いは、1.2%の還元率のリクルートカードを利用しています。最近では、書店やスーパーコンビニでもクレカ払いができます。
Amazon MasterCardクラシック 私はAmazonで毎月3万円以上は購入しています。Amazonプライム会員では、支払額の2%のポイントがたまります。
楽天カード  楽天ショッピングでの購入で4%のポイントが還元されます。基本的には、Amazonを使うことが多いのですがAmazonにない商品は楽天で購入しています。また、フジなどのスーパーでもポイントが溜まるのも便利です。

 

こんな感じでクレジットカードを使い分けています。今までは、イオンカードのクレカを使っていましたが、節約の勉強をしてからはこのように改革をしました。

住宅ローンや自動車ローンなどがあるとクレジットカードの審査が通りにくくなるので借金の少ないうちに何枚かのクレジットカードを作っておくといいと思います。あと、注意しなければいけないのは、使いすぎるという点です。

クレジットカードで支払いをするとお金を使ったという感覚がないため調子に乗って使いすぎると、支払明細書が届いて青ざめることがあります。そうならない為に、クレジットカードを使った場合は、専用のノートもしくは、スマホのメモ帳に記録して今月はどの程度使っているか忘れないようにしましょう。

まとめ

今回紹介した中に、役立ちそうな方法が見つかりましたか?

『金が金を呼ぶ。』という言葉がありますが、ある程度の資金が集まれば株を所有して、株主優遇や配当などを受け取ってさらにお得に生活することができます。まずは、節約して一定の額を貯金するためにいろいろ試してみることが大切だと思います。

給料が安い、お金がないなどぼやいている人が多いですが、愚痴っているだけでは何も変わりません。お金を稼ぐには何か新しいことを始めてみましょう。


にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

2 件のコメント

  • こんばんは。
    日本最大の銀行、三菱UFJ銀行(株式市場では(株)三菱UFJフィナンシャル・グループ)の株は70920円から買うことができます。(実際には+手数料)
    松井証券ならば1日の約定代金10万円までは手数料0円ですので70920円だけで済みます。
    配当金は1800円(税引き前)で利回りは約2.53%になります。
    ちなみに大手3行の定期預金1年の利率は0.01%なので100万円を1年預けても受け取れる利息は100円です。(税引き前)

    ここからは各自の考えですが、100万円で比較した場合
    すべて預金ならば受け取れる利息は100円(税引き前)
    すべて株式投資ならばもらえる配当金は約25300円です。(理論値=100万円ぴったりは買えないから)・税引前
    もちろん株式の場合、倒産で全額がなくなったり、配当金が減ったりなくなったりする場合もあります。
    ここでかなりの人が落ちいるのが全てかゼロかの発想です。
    全部預金か、全部株かという考えです。
    そうではなく自由な比率にできるのです。
    例えば株式1割(10万円)、預金9割にすれば最大損失は10万円で済み受け取れる配当金と利息の合計は2620円(理論値・上記と同様の理由)になります。
    ある程度のお金などなくても投資はできます。
    ちなみに大手3行の1つみずほ銀行(株式市場では(株)みずほフィナンシャルグループ)ならば19370円から始められます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です