業務に役立つWindowsのショートカットキーを紹介します!

windowsボタン

普段私がよく使っている便利なショートカットキーを紹介します。ショートカットキーとは、マウスを使わずにキーボードのみで操作することです。

それでは、さっそく紹介していきます。

ショートカーッとキーの紹介

画面を半分にして、左右に移動させる

「Windows」+「→」or 「←」

ちなみに「Windows」はwindowsボタンのボタンのことです。

画面のサイズを半分にして、矢印の方向に移動することができます。ホームページの資料を見ながら、Wordで文章を作る場合などに役立ちます。Word、エクセル、パワーポイント、ホームページ、メモ帳など、全てのソフトフェアに対応しています。

半分分け

全てを選択

「Ctrl」+「A」
ホームページや、Wordの文章などをすべて選択することができます。
キーの覚え方としては、All(すべて)のAです。

ページ内の文字を検索

「Ctrl」+「F」
キーの覚え方としては、focus(焦点をあわせる)の頭文字のFですね。

ホームッページやWordなどで、目的の文字の場所を検索することができます。ホームページやPDFファイルで調べたい言葉を探すときにとても役立ちます。

ホームページでは、「Ctrl」+「F」を押すと
下記のような検索窓が表示されるので、検索したい単語を入力して、「検索」をクリックしいます。

検索窓

ソフトウェアやアプリを閉じる

「Alt」+「F4」
これは、私が一番得意とするショートカットキーです。

開いていたページを一瞬で閉じて消すことができます。業務中に関係ないホームページみていても、上司が来たらパッ!と消すことができます。

ちなみに、最小化するだけなら「Windows」+「M」です。

まとめ

パソコンの操作方法を勉強すると事務作業が、とても効率的に行えます。仕事時間の短縮にも役立つかもしれません。

最近はパソコンは安くなっているので、持っていない人はASUSノートブック X205TA くらいから購入してみるといいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>