透析患者の蛋白質摂取量とリンの管理方法について

今回は、透析患者の食事で必要な蛋白質の摂取方法についてまとめました。『蛋白質は、どのような働きがあるのか、蛋白質を1日にどの程度採ればいいのか、蛋白質を摂取する場合の注意点』について紹介します。

SPONSORED LINK

蛋白質の摂取量とリンの管理

蛋白質とは

蛋白質は、炭水化物・脂質と共に、3大栄養素の1つで、体の組織や臓器の構成成分やエネルギー原となります。

蛋白質は、血液中のアルブミンという蛋白質のもとにもなります。アルブミンは、血液中に含まれるたんぱく質うち60%を占めていて、血液中の浸透圧を維持(血管内に水分を引き込む)する働きがあります。アルブミンの値が低下すると、プラズマリフィリングが働かなくなり、透析中に血圧が低下しやすくなります。

蛋白質の摂取量の目安

蛋白質の1日の摂取量の目安は、体重1kg当たり、1.2gと決められています。男性で60g、女性で50g程になります。
これ以上の、蛋白質を摂取してもアルブミンは増えずに、過剰な蛋白質を分解したときに発生する尿毒素窒素(BUN)リンの上昇につながってしまうので注意が必要です。

血液中のリンが上昇すると異所性石灰化の恐れがあります。ちなみに透析前採血のリンの目標値は6.0mg/dl以下です。

リンの上昇に注意

蛋白質は、魚・肉・卵・大豆製品に多く含まれます。ただ、蛋白質を含む食べ物はリンを多く含む為、リンの上昇には気をつけなければいけません。リンは、1回の透析で1000mg除去されると言われています。

また、便からもリンは排出さり1日400mg程排出されます。よって、体に余分なリンを為ない為に、1日のリンの摂取量は、600~800mgに抑えるように指導します。リンの多く含まれる食事について表にまとめたので参考にしてください。

リンを多く含む食品(100gあたり)

魚類 しらす干し(470)、ししゃも(430)、わかさぎ(350)、うなぎかば焼(300)
肉類 豚レバー(340)、牛レバー(330)、鶏レバー(320)
卵・乳製品 脱脂粉乳(1000)、プロセスチーズ(730)、黄卵(570)、ヨーグルト(100)
種実類 アーモンド味付け(480)、落花生・いり(390)、バターピーナツ(380)
豆類 きな粉(520)、ゆでたまご(190)、納豆(190)

<血液浄化療法ハンドブック[改定版第6版]P335の表引用>

リンの制限方法

蛋白質を多く含むものには、リンが多く含まれるのでリンが上昇しないような具体的な方法を紹介します。

・蛋白質の過剰摂取を控える(1日男性60g、女性50g
・牛乳の摂取を控える(または、アクトケア 低リンミルクL.P.K 20g×15本を飲む)
・肉、魚は蛋白質が多いがリンも多いので食べ過ぎない。
・ハム、ソーセージなどの加工食品を控える。(リン酸化合物といった食品添加物が多く、これらは、他のリンより良く吸収されます。)

上記で、蛋白質とリンの説明は終わりです。しっかりと、透析室で患者さんに指導できるように基本的な知識を身につけてください。