臓器移植にかかわる仕事『移植コーディネータ』とは!?

臓器
臓器

移植コーディネータとは

移植コーディネータとは、臓器移植を円滑に行うための調整を業務とする職種です。移植コーディネータは、臓器提供を行う側の調整を行う「ドナー移植コーディネータ」と臓器を受け取って移植を受ける側の調整を行う「レシピエント移植コーディネータ」に大別されます。

 

移植コーディネータの仕事

ドナー移植コーディネータの仕事

ドナー移植コーディネーターの仕事は、臓器を提供する側に対する調整を行う仕事です。ドナーの方が亡くなった場合に、生前に臓器を提供する意思を示していた場合は、その家族に説明したり、家族への承認を受けたり、家族の精神的サポートを行います。

その他、ドナーの適応の確認や、臓器配送の手配なども行います。日本臓器移植ネットワーク所属のドナー移植コーディネータの場合は、取り出した臓器を誰に提供するかの選定も行います。

レシピエント移植コーディネータの仕事

レシピエント移植コーディネータの仕事は、提供された臓器により移植を受ける患者に対する調整を行う仕事です。一般的には、移植先の施設の職員がレシピエント移植コーディネータとして働きます。

移植希望者の登録手続きの支援やドナー移植の待機患者のサポート、移植後の身体・精神ケアなど、移植を受ける患者に対する全般的なサポートを行います。

 

移植コーディネータになるには

ドナー移植コーディネータになるには?

ドナー移植コーディネータになるには次の2通りの方法があります。
①社団法人日本臓器移植ネットワークに就職する。
②都道府県の臓器バンクに雇用されて、研修会に参加後、試験に合格して移植コーディネータとなる。

いずれの応募資格も、4年制大学卒業以上の学歴もしくは、医療資格保持が必要です。

レシピエント移植コーディネータになるには?

レシピエント移植コーディネータになるには、まずは移植手術を行う病院に就職する必要があります。そのうえで、病院内で移植コーディネータの業務を行うことを任命され、移植コーディネーター認定試験に合格することでレシピエント移植コーディネータとして活躍することができます。

レシピエント移植コーディネータは、看護師の出身者が多いそうです。

 

まとめ

日本国内での、ドナーによる移植は、それほど多くないため、移植コーディネータの知名度はそれほど高くありません。しかし、ドナーによる臓器移植はわずかずつですが年々増加しています。臓器移植をこれから発展させていくためには非常に重要な職種であると思います。

 

(参考文献)
これを見ればすべてがわかる腎移植2011 Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>