尿蛋白とは?尿検査で尿蛋白が出る原因について

尿検査とは?

学生や会社員は毎年の健康診断で検尿をしていると思います。検尿では、採取した尿より『尿蛋白』と『尿潜血』を調べています。尿蛋白とは、尿の中に蛋白質などが排出されていないかを調べる検査です。これは、尿定性反応といって専用の試験紙を尿に触れさせることにより、蛋白質濃度を簡易的に測定します。

尿潜血は、尿の中に血液(ヘモグロビン)が混じっていないかを調べる検査です。蛋白質および血液は、健康な人の尿には含まれないため、基準値を超えると精密検査を行うように指導されます。

 

蛋白尿の原因

尿蛋白の原因を理解するためには、尿の作られ方を理解しておく必要があります。

まず、尿は腎臓で作成されます。腎臓に流れた血液のは、腎臓の糸球体によって濾過されます。蛋白質、血球などの大きな物質は濾過ができないため、通常は尿中に含まれることはありません。仮に、蛋白質が糸球体で濾過されたとしても、尿のとうり道である、尿細管において、再び再吸収されるため、最終的なおしっこに蛋白質はほとんど含まれることはありません。

ただ、腎疾患により糸球体が壊されたり、高血圧により濾過の圧力が高くなったりすると尿の中に蛋白質がたくさん混入して、尿細管での再吸収が間に合わなくなり、尿中に蛋白質が混じってしまうこともあります。

ボーマン嚢修正

腎機能の悪化がなくても、激しい運動をした場合や、38℃を超えるような高熱が出ている場合は、尿中に蛋白質が混じることがあるようです。一過性であれば、心配いりませんが、蛋白尿が続く場合は、腎臓内科を受信して、より詳しい検査をする必要があります。

病気に早く気が付けば、腎機能の悪化を抑えることができます。腎機能は、かなり低下しないと自覚症状が出ません。自覚症状が出たので、病院に来たときにはすでに慢性腎不全に至っており、すぐに透析をしなければならないといったケースも見受けられます。

腎臓は、肝臓と同様に、沈黙の臓器と言われています。定期健診で異常があった場合は早めに専門医に受信しましょう。

 

尿蛋白の記号からわかる蛋白濃度

健康診断では尿中の蛋白濃度の程度により、『-,±,+,2+』と記されます。
一覧表を作成したので参考にしてください。

記号による尿中蛋白濃度
記号 蛋白濃度 1日蛋白の漏れ量
0~14mg/dl 0.15g
± 15~29mg/dl 0.2g
30~99mg/dl 0.45g
2+ 100~299mg/dl 1.5g
3+ 300~mg/dl 4.5g

-であれば、陰性であり全く問題ありません。±は、疑陽性と言われます。疑陽性は、疑いがあるだけと勘違いされそうな言葉ですが、疑いがあるわけではなく、ごく微量のの蛋白の漏れがあるということです。±の場合は、経過観察で特に再検査などは指定されないと思います。+以上では、会社から再検査に行くように指導されます。

再検査では何をするのか?

まず、再検査に行くと定期健診と同様に、検尿をして尿蛋白の漏れがあるかを確認します。ここで、-,±であれば経過観察と言われ、また1年後くらいに来てください。といった感じで終わります。

+,2+だった場合は、腎炎や糖尿病の疑いもでてきます。

血液検査、尿沈渣を実施して、その結果によっては、疑いのある疾患を確定させるために、MRI、CT、超音波検査、造影、腎生検などの必要な検査をします。

補足

尿沈渣・・・尿沈渣は、尿を遠心分離器にかけることにより赤血球、白血球、細胞、結晶などを分離させて、顕微鏡によって確認する検査です。尿蛋白が陽性だった場合に実施されます。

 

参考文献

http://www.beppu-iryou.jp/kankeisya/forum/pdf/foram-42_jin.pdf

スポンサードリンク